※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アナB4UT振り返り記事

※この記事は、B4UT Advent Calendar 2017(https://b4utmzi.wixsite.com/b4ut/advent2017-2)の12/10日分の記事として書かれたものです。

こんにちは、あるいは、はじめまして。

B4UT1年生のミカグラと申します。

さて、本日はB4UT AdventCalendar 2017の記事として、先日行われた「アナB4UT」の記録を書き綴っていきたいと思います。

アナB4UT。
我がB4UTは、東京大学にある音楽ゲームサークルとして活動していましたが、最近お茶の間で人気の謎解き製作集団AnotherVisionが、実はチュウニズムサークルであったことが発覚。音ゲーサークルとしては負けていられないと、お互いでチュウニズムの勝負をしよう!といって始まったのが、このアナB4UTなのでした。

それでは、当日の様子を書いていきましょう。

  • 集合
集合時刻に間に合ったのはAnotherVision8人、B4UT6人でした。あれ、今日の参加者各サークル16人ずつだったよな…

  • 前半戦
AnotherVisionとB4UTのメンバーが1対1で戦い、勝ち星の合計を競うガチバトル。

第1試合からGenesisとAirという両者容赦のない選曲をするなど、両者ともに気合いは半端ではありませんでした。

他選の刺し返しや1009k台の高スコア、75点差での勝利など、熱い展開が続きます。

最終試合では、13+の課題曲・Devastating BlasterをFULL CHAINするなど、大変レベルの高い戦いが繰り広げられました。

そして運命の結果発表!

B4UT 22勝 vs 26勝 AnotherVision

音ゲーサークル、負けちゃったね…
東京大学チュウニズムサークルの座を譲ってしまう結果となってしまいました。

  • 後半戦
両サークルのメンバーが入り乱れて、4チームでのチーム戦です。
奇妙キテレツなルールの数々で、全員で盛り上がることができました。
たとえば、

  • 100万点に近いスコアを出した人の勝利(うっかり高スコアを出してしまった人も…)
  • サイコロで出た目にあわせてハイスピ設定(1速高い塔というまのゲームが爆誕)
  • 片手チュウニズム(肘エアーという新たな概念の誕生)
  • しりとり選曲(短い時間の中でいかに簡単な曲を選べるか、チーム全員で頭を使っていました)

などなどです。
さまざまなルールでチュウニズムの面白さを再発見できました!

  • アフター
当日は、B4UT・AnotherVision両サークルに所属するこるとん様の誕生日ということで、盛大にお祝いをしました!
しゃぶしゃぶ・すき焼き食べ放題の空間で、サークルの垣根を越えた活発な交流ができていました。なかには勧誘活動をしていた人も…?

大盛況の中でアナB4UTは終了し、最後はAlma締めでフィニッシュとなりました!


ここからはいくつか所感を。

まず、当日に向けて両サークルの参加者が真剣に対策をしてきたことに、熱意と負けん気を感じました。
B4UTもAnotherVisionも、駒場祭準備などで忙しい時期にも関わらず、これだけ真剣に準備をしてくださったのは、運営としては大変嬉しかったです。

そしてもうひとつは、チュウニズムの面白さはまだまだ無限にあるのではないか、ということです。今回の後半戦では、さまざまなルールを導入して楽しみましたが、このように、チュウニズムというゲームは、ユーザーの工夫次第でまだまだ新しい遊び方を秘めているのではないかと、そう思わされる会でもありました。

以上でまとめ記事は終了となります。
最後に、食事会含め参加してくださった全36名の方々、本当にありがとうございました!!!