小宇宙


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

小宇宙(コスモ)とは、ものすごく簡単に言うと、聖闘士がバトルにおいて使う宇宙的エネルギーのこと。
小宇宙を燃焼させる闘法により、聖闘士の拳は空を引き裂き、蹴りで大地を割るほどの威力を誇る。

聖闘士星矢の世界では、人間も含めてこの宇宙に存在している全てのものはビッグバンによって生まれたとされている。
人間は誰しもビッグバンで飛び散った宇宙の一部であり、身体の内に宇宙(=小宇宙)を内包している。
聖闘士はその体内にある宇宙を感じとり、宇宙開闢のビッグバンのように燃焼・爆発させることによって、
超人的な力を発揮することができるのである。

小宇宙は主に精神力・集中力などに比例・呼応して高まるため
六感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚 + 第六感)のいずれかを意図的に封じるなどしてこの助力とし、
爆発的に小宇宙を増大することもできる。
・・・という具合に、結構漠然としていて解釈の幅は広いためか、
Ωではわかりやすく、「生きとし生けるもの全てが持つ生命エネルギー」のようなものとされている模様。
生命エネルギーという扱いでも間違いではないのだが、Ωではバトル以外でも独自の解釈で使用されている。
  • 技を繰り出す度にRPGのMPのように消費し、使い果たすと疲労困憊でろくに戦えなくなる
  • エネルギーとして人や動物や草花などから奪うことができる
  • 小宇宙を奪われたりして失った者は死ぬ(この辺はRPGのHP風味)。草花や大地は枯れる。
小宇宙は消耗するものだから黄金聖闘士でも使い過ぎでバテちゃうし、
エネルギーだからマルスは地球の小宇宙を吸い上げて滅ぼそうとしちゃうし、
奪えるものだから蟹座のシラーは不老不死を目指し
「彼ら(意志の弱い人間)から小宇宙を奪いながら、僕は永遠に生きてやるのさ」などと
どっかの妖怪みたいなセリフを言ってしまうのである。
原作には無かった余計ななんでもありの独自設定が「何か違う」と原作ファンに不評となった。
原作とΩ話を総合すると、第七感セブンセンシズ<第八感エイトセンシズ<第九感Ωなのではないだろうか?