ストーリー攻略 > 後編

木精リトの魔王討伐記+

注意!
ここはリメイク版の攻略ページです。

このページは、本編「皇太子救出」以降のゲーム進行について載せています。
見習い勇者の旅立ち~壊れた証までの内容は、「前編」、断罪の武具編の内容は、「断罪の武具編」をご覧下さい。

ページを閲覧される方は、以下の点をご了承下さい。

  • プレイヤーの経験に基づいた情報のため、「正解」とは言い切れません。
  • ネタばれしていますのでご注意下さい。閲覧後の苦情はご遠慮願います。
  • 解説は、1周目のプレイを基準に、誰もがクリアできる安定重視の情報を載せています。
  • 解説中にあるこの色の文章は、アイテム情報です。
  • 中身の変わる青い宝箱は、戦闘中に開けた場合の中身のみを記載しています。
    攻略データ表中の、青い色のアイテム名がそれです。
    戦闘中に開けた時の中身は基本レアアイテム(そこでしか取れない)なので逃したくない人は要注意です!
  • サブダンジョンの攻略は、本チャートでは推奨攻略時期や解禁時期について軽く触れる程度です。
    詳細はサブダンジョンページを参照して下さい。
  • 折りたたみ内には詳細な攻略方法・解説が、攻略情報の表には、その簡易的なものが記載されています。必要に応じて閲覧して下さい。
  • 「魔法防御力」は「魔防」のことです。マニュアルにも「魔防」と記載されており、リトに限らずRPGをプレイしていれば当たり前のことですが、
    当Wikiではゲーム初心者の方にも分かりやすくするため、あえて時々「魔法防御力」と記載しています。
    その他、同様の理由で「防御力」=「防御」、「敏捷性」=「敏捷」の記載もあります。
    • 色々な方が当WIKIを参照されますので、論文調の言葉や難しい言い回しを避け、なるべく簡単な言葉づかいにするように心がけています。
      そのため、人によっては読みづらい場合があるかもしれませんが、ご了承ください。
  • 前衛、中衛、後衛は装備品で決まりますが、当WIKIの解説では各キャラの防御力と主要スキルを基準に、
    物理主体・防御力・HP高=前衛、魔法主体・防御力・HP低=後衛、と分類・記載しています。
    具体的には以下の通りです。
    • 「前衛キャラ」…リト、エドガー、レオンハルト、キョウ、ラルフです。
      リト・レオンハルト・ラルフは、魔法アタッカー時に後衛の場合もあります
    • 「中衛キャラ」…あまり記載はありませんが、ディーンと隠しキャラです。隠しキャラは魔法アタッカー時、後衛です。
    • 「後衛キャラ」…ガブリエーレ、リーゼロッテ、スイレンです。

攻略情報・ご意見などはこちらへお願いします。

  • 編集が出来る方は、直接編集してください。
    • 追記や誤情報・誤字脱字修正以外の、記載済み文章の内容については
      独断で削除したり、細かい言い回しを変更したりするのはご遠慮下さい。
      (Wikiの全体的な言い回しの統一などは、随時管理サイドで行っていますので、お任せ下さい。)
      トップページに記載しているように、他(前)の編集者への配慮をお願いします。
  • 攻略に関係の無いストーリーの記載はご遠慮下さい。



皇太子救出


一時加入キャラ
ミユキ、セバス(自動行動)※、アズサ(自動行動)※、トーマス(自動行動)※
オスカー(自動行動)、シグルド(自動行動)、グレン(自動行動)
(※印のキャラは、途中で操り状態となり戦力になりません)

基本的な進行
師匠の家→離宮への抜け道→皇太子の館

解説
皇太子救出のため、皇太子の館北西にある抜け道に向かいます。
この章では、行動をかなり制限されており、基本的な進行通りにしかプレイできません。
なお、抜け道入り口井戸で全回復、商人から各種回復アイテム*1の購入はできます。

+...
離宮への抜け道
離宮への抜け道に出現する敵のうち、王国重装兵、王国上級兵は雷属性が、王国魔術兵は神聖属性が弱点です。
ダンジョンは複雑そうに見えますが、途中で二手に分岐して合流しているだけなので、ほとんど迷うこともないと思われます。
離宮の抜け道はクリアすると入れなくなります。
レアアイテムはありませんが、アイテムが欲しい人は取り逃さないよう、念入りに探索して下さい。
特に、「マナ・ポーション」は少し奥まった所にあり、見逃しやすいです。
尚、この後勇者パーティーメンバーが復帰する際には、リトのレベルと同じに調整されますが、
その前までの段階でレベル上げが可能なのは、ここだけです。
そのため、リトのレベルアップが近い場合は、ここで上げておくといいでしょう。

皇太子の館(ボス戦)
皇太子の館では、大罪の使徒<暴食>のカンパネルラと<色欲>のミーミル、お供の王国兵8人を相手に戦います。
ミーミルは、回復・蘇生魔法と神聖属性魔法を、カンパネルラは炎・雷属性魔法を中心に使用します。
どちらも魔法攻撃主体なので、妨害の刃や結界があると有利です。
戦闘直前にセバス・アズサ・トーマスがパーティー加入(自動行動)しますが、
彼らは3ターン目に、使徒ミーミルの<色欲>の力で操られた状態となって*2、味方を攻撃し始めます。
(一度で操り状態にならない場合があり、その場合は再度使って操り状態にします)
更に、5ターン目には、オスカーと王国親衛隊員2人(シグルド・グレン)がパーティー加入します。

自動行動キャラが多いので乱戦は避けられず、敵の四方を自動行動のキャラが塞いでしまうことが多々あるため、
ラルフ用に秘石「飛剣」も用意しておくと、彼が攻撃しやすくなるのでお勧めです。

戦闘が開始したら、まずは王国兵を各個撃破で一掃してしまいましょう。
その後は、回復スキルが豊富なミーミルから撃破を狙うのがいいでしょう*3
ミーミルがリザレクションで王国兵を復活させても、オスカー達自動行動組が率先して倒してくれますので、
王国兵の相手は彼らに任せてミーミルを集中的に攻撃しましょう。
ミーミルは魔法に耐性を持っているので、普段リト・ラルフを魔法主体で使用している人も、
物理主体で使用したほうが、ダメージを多く与えられます。
残ったカンパネルラの<暴食>は、ダメージと共に、HP・MPを毎ターン10%減少させる状態異常付与を伴った攻撃で、
射程4・範囲5の必殺技の他、射程4・範囲1のものを通常のスキルと同様に使用します。
厄介といえば厄介な攻撃ですが、適宜回復すればほとんど問題はありません。
必殺技発動から撃破までは、そうかからないでしょう。

攻略データ
名称 宝箱 攻略情報
師匠の家 なし リトの部屋から出ようとすると、ミユキがパーティー加入
ラルフ・スイレンの装備を整えたら、師匠の家を出よう

→離宮への抜け道
離宮への抜け道 ハイポーション

直進ルート:
マナ・ポーション

左回りルート:
スティミュラント
ヒールオーブ
位置情報:皇太子の館北の塔
魔物:王国重装兵、王国上級兵、王国魔術兵

雷の刃を装備していれば簡単
王国魔術兵が出現したら、最優先で撃破しよう

入ってすぐの所に回復の井戸があるので、ここを拠点にすると良い

イベント後、梯子を下りて通路に入るとイベント戦

強制戦闘:王国重装兵、王国上級兵×2

通路は複雑そうに見えるが、
途中で直進ルートと左回りルートに分岐し、合流しているだけ
パーティーレベルが低い場合は、しばらくここでレベル上げ推奨
「大樹の恵み」で回復・セーブ・戦闘準備を必ずしておくこと

→皇太子の館
皇太子の館 なし イベント後、ボス戦
戦闘直前にセバス・アズサ・トーマスがパーティー加入

ボス:使徒カンパネルラ使徒ミーミル、王国上級兵×4、王国重装兵×2、王国魔術兵×2
カンパネルラ:必殺技「<暴食>」(ダメージ+HP・MP減少付与)

カンパネルラは炎・雷・状態異常魔法、ミーミルは神聖・回復・蘇生魔法の使い手

まず、敵王国兵を一掃することに専念しよう
3ターン目にセバス・アズサ・トーマスが<色欲>に操られ、事実上戦線離脱
敵王国兵に攻撃しつつ回復優先で行動しよう
5ターン目にオスカーと王国親衛隊がパーティー加入
敵王国兵一掃後、回復スキル持ちのミーミルから先に倒そう

使徒ミーミル撃破後、「空白の石」、「竜姫の冠入手
使徒カンパネルラ撃破後、「空白の石」、「賢者の石」入手
会話イベント後、王家の紋章入手

スイレン以外のメンバーがパーティーから離脱

→港町リュサック

集う力 よみがえる証


加入キャラ
エドガー、ガブリエーレ、リーゼロッテ、レオンハルト、ディーン、キョウ

離脱キャラ
ラルフ

基本的な進行
港町リュサック→巡礼者の港→栄光の橋→中央神殿

この章ではイベント以外なく、基本的な進行通りにしか進めません。

飛行船がないため、中央神殿へは港町リュサックから船で向かいます。
桟橋前にいる兵士に話しかけるとイベントが開始し、自動的に巡礼者の港へ到着します。
栄光の橋に向かうと、中央にオスカーがいますので、話しかけましょう。
会話後、神殿内に入り断罪の武具レリーフの手前まで行くと選択肢が現れ、
師匠に「声をかける」を選ぶと、少し長めのイベントが始まります。
途中で一旦休みたい場合を除き、この場面でのセーブは必要ありません。
このイベントで「勇者の証」が修復され、同時に勇者パーティメンバーが全員復帰し、断罪の武具が使用可能となりますが、
一方でラルフはパーティ完全離脱となり、この時点で装備が外れます。
その後は、中央神殿の店付近にいるラルフ・リリィと会話ができます。

→(自由行動)王城

たどりついた真実


イベントキャラ
イウリス(装備変更不可)

基本的な進行
(自由行動→)王城

解説
勇者の証修復後、王城の地下牢奥の扉で「王家の紋章」を使い、イベントを発生させるまでは自由行動が可能です。
復帰したメンバーは、リトと同じレベルに育っていますので、ここでサブダンジョンを攻略するのも良いでしょう。
特に空中都市レスティナは、この時点以降に攻略するのをお勧めします。
尚、最奥まで進み、戦闘に勝利すると隠しキャラを仲間に出来ます。
各地でセリフが変わっているキャラがいますので、特にストーリーが好きな人はあちこちを探索してみましょう。
また、王城南東にあるヤマトにも訪れることが出来るようになっていて、
隠しキャラを仲間にしている場合、ヤマトで一泊すると隠しキャラ専用イベントが起きます。
ただ、会話の内容は「新しい約束」に入ってからの方が分かりやすいので、もう少し先に見ることをお勧めします。

王城に慌てて行く必要は全くありませんので、先の魔王戦を見据え、レベルアップや秘石の合成をしておきましょう。

魔王戦までの流れ・魔王戦のポイント
+...
魔王戦までの流れ
王城に入ったら、武器・防具屋を見ておき、必要なら購入しておきましょう。
オスカーに話しかけてしまうと、武器・防具は買えなくなります。*4
道具屋と宿屋は、魔王戦直前まで利用可能で、宿屋はこの時に限り無料で使えます。
大樹の恵みはありませんので、魔王戦前には必要に応じてここで回復をしておきましょう。
次に地下牢奥に進み、ゴーストの左にある扉を「王家の紋章」で開けて、その奥に進むとイベントが発生します。
イベントが終了したら、二階に向かいましょう。

尚、後述の通り魔王戦は負けても特に問題はありませんが、地下牢奥でイベントを発生させると王城から出られなくなります。
モモーンの島の出現と、王城内でのイベントのタイムリミットは地下牢イベントの前までです。
また、勇者の証修復後~最初の魔王戦の間しか見られない会話が多数ありますが、
魔王戦後、外に出られるようになった時には、各地にいる多くの人物の会話が変わっています。
そのため、「王家の紋章」使用後奥に進む前に、念のため別ファイルにセーブしておくことをお勧めします。

二階に上がるとすぐに、オスカーとの会話イベントが始まります。
その後、オスカーの執務室奥にある扉を「王家の紋章」で開けて、中のアイテムを取っておきましょう。
無印版とは違い、アイテムを取り忘れると後で取ることが出来ません。

魔王戦のポイント
王に話しかけて「知恵の王冠」を使い、選択肢「覚悟はできている」を選ぶと魔王戦開始です。
魔王戦は二連戦で、最初は勇者パーティ全員、次にイウリスのタイマン戦があります。
どちらもHPをある程度削ると、最終的に"終焉の光"を放たれて負けます。
"終焉の光"の発動以外で負けてもストーリーは進み、その場合でも特にデメリットはありません。
ただ、ここで戦う魔王の能力・スキルはラスボス1戦目とほぼ同様なので、
予行演習としてある程度真面目に戦っておくことをお勧めします。

魔王は断罪・対神・神聖属性が弱点で、各属性の上位魔法を使う他、
「コンフューズ」や「サイレンス」も使用しますので、物理キャラは混乱対策を、魔法キャラは沈黙対策をしておくといいでしょう。
また、"終焉の光"発動までのHPが60000程度で、その上に「傲慢なるアギト」で全体HP吸収もするため、かなりタフです。
一周目のプレイでは、長期戦となることも多いので、「集魔」・「省魔」等の準備をしておくのもお勧めです。

魔王の攻撃はどちらかというと魔法が多いので、詠唱妨害を使用したり、
詠唱の合間に範囲外へ退避したりしながら、うまく戦いましょう。
ある程度ダメージを与えると、必殺技「傲慢なるアギト」を使用しますが、
全体HP吸収に加え、確率で大罪状態異常全てを付与する厄介な攻撃です。
必殺技後は各キャラの状態を把握し、まず立て直しましょう。
付与された状態異常は数ターンで効果が切れますが、回復役が操られた場合は特に注意して下さい。
その場合に備えて、予備の回復役用に、快癒以上の魔術石と、出来れば「駆動」を複数用意しておきましょう。
必殺技後、戦闘終了までそう時間はかかりません。
(参考:レスティナを攻略し、レベル40前後まで育ったパーティなら戦闘終了まで問題無く戦えます)

第二戦目は、「イクシード・ノヴァ」を連発し、TPが100になり次第「オルディニアス」を使うといいでしょう。
危なくなったら「ヒールフォレスト」で回復していれば問題ありません。

攻略データ
名称 宝箱 攻略情報
王城 オスカー執務室扉奥:
(王家の紋章使用)

空白の石
大精霊の盾
位置情報:王国中央

勇者の証を見せると、王城に入れるようになる。ここでセーブ推奨
1F北西で勇者の証を見せて地下牢奥へ向かう
ゴースト左隣の扉で「王家の紋章」を使用
ゴーストを追って奥に進むとイベント発生、「知恵の王冠」入手
リトのクラスが「勇者」にチェンジする
この後、王城から出られなくなるので、一応別ファイルにセーブしておこう。

2Fに行くとオスカーと会話イベント発生
イベント後、王城の武器・防具屋は利用できなくなるが、
道具屋・宿屋は魔王戦前まで利用可能
オスカーの執務室奥の扉を調べ「王家の紋章」を使用
宝箱を回収しておこう

王に謁見する前にセーブ推奨、誤って上書きしないよう注意
王に謁見し、「知恵の王冠」を使用すると選択肢が現れる
「覚悟はできている」を選ぶと魔王二連戦開始

ボス: 魔王
必殺技「傲慢なるアギト」
全体HP吸収、確率で大罪状態異常付与
(TPチャージ無効、全能力低下、HP/MP減少、操り、敏捷性・詠唱速度低下)
二戦とも負けイベントで、どういう負け方をしてもストーリーは進む。

初戦はパーティ全員参加
ある程度のダメージを与えると"終焉の光"を発動し、戦闘終了
二戦目、イウリスと魔王の一騎打ち開始
戦い方は解説・折りたたみ内参照。
ある程度のダメージを与えるとイベント発生、戦闘終了

→イベント後、皇太子の館へ強制移動

新しい約束


基本的な進行
皇太子の館→(自由行動→)(※山越えの宿屋→)嘆きの山母神の眠る森→皇太子の館
※ 既に訪問済みで、依頼もクリアしていた場合は無理に寄る必要はありません。
  青い文字をクリックすると、攻略データへ跳びます

解説
この章は、前半が会話イベント(師匠追跡イベント)、後半がダンジョン攻略となっています。

館内の皇太子の部屋に行くとイベントが進行し、師匠追跡イベントが発生します。
この時、館内には今までに共闘した人物が多数おり、オスカーとは限定会話も発生しますので、
見たい人は皇太子の部屋へ行く前に、全ての部屋を回っておきましょう。
師匠追跡イベントが開始すると、リト一人で館内を散策して回ることになります。
メインメンバーも館内に散らばっていて、話しかけると会話が発生します。
追跡イベント開始前とは会話内容が異なっているキャラもいますので、彼らに話しかけながら、イベントをこなすのがお勧めです。
(探すのが面倒という人は、下記折りたたみ内を参照して下さい)

師匠追跡イベントが終了すると、皇太子の館から出られるようになります。
その際、今までに訪れた場所を訪問すると、特定の人物からアイテムが貰えたり、
メインキャラの会話イベントが発生したりします。
下記表を参考にしてください。

各地のイベント・アイテム情報
+...
場所 イベント内容 アイテム
港町リュサック 船舶協会にいる町長と会話 ニブルヘルの蒼玉石
鉱山の町ロッカ 会議室にいる町長と会話 ムスペルの血玉石
中央神殿 最高司祭室前にいるレイア(女性戦士)と会話 乙女ルキアの金剛石
精霊の森 妖精の泉にいるウンディーネと会話 炎魔シェリルの指輪・氷獄鳥の羽・雷獣の眼
天界の鍵・奈落の鏡
草原の町ルトア 孤児院にいるクララと会話 空白の石
町入口手前にいる緑髪の男性からラルフの話を聞ける
カーライル城 地下牢東側にいるギヴァと会話 ガマの油
スタッドフィールド レオンハルトの宿舎で会話イベント発生 空白の石
ニケ 教会にいるリリィと会話 不死王エゼルの黒曜石
ドワーフ城 2F玉座の間の前に居るギルと会話 聖ドミナウの緑柱石

その後は嘆きの山に向かうことになります。
ダンジョンは2つのエリアで構成されており、
各ダンジョンの魔物の共通弱点は、嘆きの山が炎属性、母神の眠る森が暗黒属性で、ボスは断罪・対神属性弱点です。
なお、師匠から貰っていないレア秘石がある場合、引き続き一定の戦闘回数をこなすことにより、
会議室にいる師匠からレア秘石を貰うことができます。

また、母神の眠る森に出現する魔物はどちらも「田中さんちのイモ」をドロップします。
ここの魔物以外ドロップせず、スタッドフィールド道具屋にいる女性(クラリス)の依頼クリアに4つ必要ですが、
宝箱入手の1つを除いて、最低3つ確保する必要があります。
依頼の報酬は「全属性耐性」で、性能の良いレア秘石ですので、入手しておくと後々役立ちます。
尚、「田中さん家のイモ」は高額で売れるので、お金を稼ぎたい場合は余分に入手しておきましょう。
ただし、合成用としては砂漠トマトでも十分間に合いますので、無理に手に入れる必要はありません。
参考「秘石合成:合成レシピ

師匠追跡イベントから母神の眠る森への流れ
+...
師匠追跡イベントの進め方
北西の衣装部屋→南西の部屋→北東の図書室→南東の会議室→館内出入り口

師匠追跡イベントは館内を一周するコースになっています。
解説の最初に記載されているとおり、他キャラに話しかけると会話が楽しめますので、気楽に進めて下さい。

嘆きの山の進み方
嘆きの山は最初のマップで左右の階段に分かれていますが、どちらを通っても同じマップに出ます。
ただし、アイテムを全部取りたいという人は、少し手順がいりますので、以下に一例を記載します。
  1. 最初のマップで左の階段を進み、「ハイポーション」を回収しつつ外に出る。
    階段を上ると左右に分岐しているので、右に進む。
  2. 月心草」を回収したら、分岐地点まで戻り、今度は左へ向かう。
    途中で階段を下り、更にツタを降りて進み、光の守護を回収して戻る。
  3. 道なりに左へ進み、「マナ・ポーション」を回収する。
    その後、途中で左右に分岐しているが、どちらを通ってもアイテムはない。
  4. 最後は一本道なので、「ヒールパウダー」を回収してそのまま山頂へ進む。

母神の眠る森
母神の眠る森に到着後、会話イベントがあります。
イベント終了後に正面へ進み、光る石碑を調べると、再度会話イベントが起こります。
二度目のイベント終了後、ダンジョンにある七つの石碑の探索を開始しましょう。

光っている石碑を調べると、その都度会話イベントが起こり、イベントが終了した石碑からは光が消えます。
七つの石碑は、リト以外の仲間の武器にそれぞれ反応しますので、
誰の武器が反応したかを憶えておくと、残っている石碑がいくつか分かりやすいかもしれません。
面倒という人は、下記母神の眠る森の石碑位置を参照して下さい。

七つの石碑を全て調べた後、最初の石碑をもう一度調べると、奥への道が出現します。
それを進むと風景は一変し、どこかの屋敷のような場所に出ます。
中には光っている箇所があり、調べなくても先へは進めますが、
作品の世界観を知る上で重要なことが書いてあるので、できれば見ておきましょう。
ボスエリア手前にはいつものように「大樹の恵み」があります。

ボス戦について
ボス戦の難易度は、秘石無効化を除けば、王城での魔王戦と比べてもそれ程高くありません。
王城で魔王と"終焉の光"発動まで戦えていたなら、それほど苦戦することもないでしょう。
ただ、急いで攻略する必要はなく、ここで苦戦するようなら魔王城突入後も辛いと思われますので、
無理せずに戻ってレベル上げをしましょう。

ボスは影の守護者2体を伴って出現します。
影の守護者は神聖属性が弱点ですが、魔法耐性があるので、
「神聖の刃」を装備した上で物理範囲スキルを使用して倒しましょう。
レオンハルトの「レディアントブレード」はかなり有効なので、発動出来れば楽になります。

<諦観>には、射程・範囲1のものと、全体に対する必殺技の2種類ありますが、スキルの性質に違いはなく、
どちらも2000弱程度のダメージに加えて、数ターン秘石の効果を無効にする状態異常を付与します。
秘石無効化を防ぐ手段はないので*5、事前準備で武器・防具の組み合わせを工夫して、
出来るだけ能力の底上げをしておくと多少楽になるでしょう。
ボスは囲んで動きを封じられる上に、各種能力低下もよく効くので、<諦観>を除けばそう警戒する必要はありません。
(※レオンハルトLV42で検証、全ての能力低下魔法が一度で成功)
また、<諦観>のダメージは攻撃力依存なので、攻撃力を下げておくと楽になります。
物理攻撃には耐性があるので、魔法攻撃を中心にする方がいいでしょう。
秘石を無効化されても、リトやスイレンのスキルで能力の底上げをしつつ、こまめに回復をしていれば勝てます。

※ バージョン1.19までは、<諦観>状態で武器の変更が可能でしたが、それを行うと、武器の種類によっては上から2番目以降の秘石が消失してしまうという問題がありますので、該当のバージョンでプレイされる場合はご注意下さい。
バージョン1.20以降は、<諦観>状態での武器変更が出来ないように仕様変更されています。

母神の眠る森の石碑位置:
+...
MAP1:
まず、北西か南西の道からMAP2へ移動
MAP2:
北東に「”勇気”の雷神オルトラン」の石碑(ガブリエーレの武器)
北西に「”忍耐”の火神オルバラン」の石碑(ディーンの武器)
南東に「”寛容”の逆神オルフィリア」の石碑(リーゼロッテの武器)
南西に「”純潔”の風神オルシルヴィラ」の石碑(キョウの武器)
4つの石碑を調べたら、西の道からMAP3へ移動
MAP3:
北東に「”慈愛”の大地の女神オルソムニア」の石碑(エドガーの武器)
南東に「”節制”の流れの神オルレンフィア」の石碑(スイレンの武器)
中央に「”誠実”の光の女神オルディニア」の石碑(レオンハルトの武器)
3つの石碑を調べたら、北西か南西の道からMAP1に戻る
MAP1:
戻ってきて最初に調べた石碑を再度調べると、前方に奥への道が出現する。

ボス撃破後、母神の眠る森最奥へ再訪すると、「空白の石」があります。

ダンジョンクリア後、皇太子の館で皇太子に話しかけるまで自由行動が可能です。
魔王城に突入すると、引き返すことが出来ません。
そのため、各地のアイテム回収・サブダンジョンの攻略リミット、師匠からレア秘石を貰えるのは皇太子に話しかける前までです。
また、ゲーム難易度の変更も出来なくなりますので、事前に確認しておきましょう。

同様の理由で、秘石及び武具・合成用アイテムの準備は、ここで済ませておく必要があります。
回復アイテムは魔王城でも入手できますが、合成用アイテムはエレメント値5以下のものが入手できません。
高エレメント値の合成アイテムで代用は出来ますが、魔王城で入手できる秘石の総数は決まっているので、
場合によっては欲しい秘石が合成できないこともあります。
先のことを考えて、何種類かの合成アイテムと、特に空白の石を充分に確保しておきましょう。

魔王城突入後しばらくは、ややレベルを上げにくいので、突入前にLV40程度を目安に上げておくことをお勧めします。


攻略データ

名称 宝箱 攻略情報
皇太子の館 なし イベントのみ

皇太子の眠っていた部屋でイベント発生
終了後、師匠追跡イベントが発生
クリア後、更にイベントが発生
終了後、自由行動可能となる

→(自由行動)嘆きの山
(山越えの宿屋) 空白の石 位置情報:スタッドフィールド南東(飛行船移動)
依頼:山越えの宿屋にいる金髪男性(ちりめん×3)→ 秘石「転倒防止

もしも、既に依頼をこなしていた場合、無理に寄る必要はない
まだの場合は、ヤマトでちりめんを購入し、この時点でクリアしておこう

→嘆きの山
嘆きの山 ハイポーション
月心草
光の守護
マナ・ポーション
ヒールパウダー
位置情報:スタッドフィールド南東(飛行船移動)
魔物:雪狼、永久凍土

ダンジョン内はほぼ1本道
最初のマップで北西と南東に道が分かれているが、
どちらも同じマップに出るため、好きな道を進もう

→(自由行動)母神の眠る森

新しい約束TOPへ
母神の眠る森 MAP1:
マナ・ポーション
月心草

MAP2:
ヒールパウダー
田中さんちのイモ
万能薬

MAP3:
スティミュラント
大精霊の腕輪
ハイポーション
位置情報:嘆きの山・頂
魔物:結界妖精、神域の番人
到着後、真っすぐ進み、光る石碑を調べる
会話イベント後、ダンジョンエリアにある7つの石碑を調べよう
各石碑の位置は解説の「母神の眠る森の石碑位置」参照

7つの石碑を調べた後、ダンジョン最初のマップに戻り、
最初に調べた石碑を再度調べると、
目の前の木々の間に道が出現するので奥に進もう

室内のようなマップに出るので、最奥まで進む
途中にある4つの光る場所は無視してもイベント進行には関係ないが
作品の世界観上重要なことが書いてある

奥まで行くと「大樹の恵み」があるので回復・セーブ
次のエリアに移動し、フェイトに話しかけるとボス戦開始

ボス:フェイト、影の守護者×2
必殺技「<諦観>」(全体ダメージ+秘石無効)

必殺技発動後、そのターン中に追撃はしてこないので、
この間に回復及び立て直しが可能

撃破後、「空白の石」、「竜姫の衣」入手
イベント後、リトの「大樹の護り」が「聖森の護り」へ進化

→(自由行動)皇太子の館

新しい約束TOPへ
皇太子の館 なし 館内入口で師匠と会話後、会議室の皇太子に話しかける。
「準備は整った」を選択すると後戻りできないので、
やり残したことの確認をしよう。
セーブデータは別ファイル推奨

→(自由行動)魔王城

大樹に生きるもの達のために


基本的な進行(一例)
魔王城・入口→強欲の空間色欲の空間嫉妬の空間憤怒の空間暴食の空間魔王城・玉座の間久遠の大樹
※ 青い文字をクリックすると、攻略データへ跳びます

解説
魔王城の進み方
前述のとおり、魔王城突入後は引き返せないので、その前後でセーブファイルを分けておきましょう。
ただし、魔王城内ではオートセーブされないので、誤って同一ファイルにセーブしても、復元はできます。

魔王城に到着すると、玉座の間に通じる道が封印されています。
入口右手前にある湧水を調べると全回復し、大罪の使徒を1人撃破すると、
入口左手前に回復アイテム各種を販売する魔物(道具屋)が出現します。

玉座の間に通じる封印を解除するためには、大罪の使徒5人を全て撃破する必要があります。
各大罪の使徒の"空間(以降エリア)"には回復ポイントがありません。
又、各使徒のエリアではマップ切り替えがなく、一旦そこに入ってしまうとボスを撃破するまで出られません。
そのため、出現する雑魚の数はほぼ決まっていて、雑魚戦でのレベル上げはほとんどできません。*6

回復ポイントがないので、出来る限り戦闘を避けてボスエリアへ向かうのがいいでしょう。
道中に僅かに落ちているアイテムは、全て回復アイテムですので、上手く使いながら進みましょう。
もちろん、事前の回復アイテム補充はしっかり行っておきましょう。

各空間の特殊条件について
エリアにはそれぞれ特徴があり、敵には有利に働き、味方には不利に働くようになっています。
したがって、全ての戦闘はマイナス条件下で行うことになりますので、いつも以上に戦い方に工夫をする必要があります。
エリアに入った時に発生する会話イベントで、マイナス条件の内容を知ることが出来ます。
普段、会話はあまり見ないというプレイヤーも、飛ばさずにしっかり読むことをお勧めします。

各使徒戦での共通注意点
大罪の使徒は、必殺技も含めて大罪攻撃を使用しますが、大罪攻撃には以下の共通点があります。
  1. 状態異常付与効果のある攻撃も、異常付与は確率
  2. 状態異常の効果は、いずれも数ターンで切れる。
  3. 物理攻撃でも魔法攻撃でもない扱いで、防御・魔防や、物理・魔法耐性を上げてもダメージを軽減出来ない。
  4. 「聖森の護り」により、ダメージ・状態異常共にほぼ防げる。
  5. 必殺技としても使用するものと、そうでないものと2種類あり、それぞれ射程・有効範囲・性能が微妙に異なる。
  6. HPが1/4を切らなくても、必殺技と同様の攻撃を使うが、
    残HPが1/4を切った場合には、発動前のセリフ等はないものの、確実に発動させる。
特筆すべき点として、上記6番の性質により、回避行動・「聖森の護り」を発動するタイミングが掴みにくいことが挙げられます。
そのため、必殺技をいつ発動されても耐えられるように、なるべくHP回復をこまめに行うことをお勧めします。
どうしても勝てない場合は、戦闘前に全員のTPを100にしておくと余裕を持って勝利できるでしょう。
各使徒撃破後は、自動的に魔王城入口にある魔法陣に戻されます。

攻略順について
大罪の使徒の攻略順は自由で構いませが、
HP吸収攻撃をしかけてくるアリス(強欲の空間)と、物理攻撃の威力が凄まじいガロウ(憤怒の空間)を後回しにした方が、
多少なりともパーティーレベルが上がってからの攻略になるので、楽になるかもしれません。
(※ この攻略チャートでは、魔王城到着地点から時計回りに解説しています。)
また、使徒を倒すと各使徒の空間には入れなくなります。
各空間で入手できるアイテムは回復系のみですが、必要な人は取り逃しに注意してください。

各使徒の居場所・エリア特性は以下の通りです。
  1. <強欲>…南西のツタから2Fへ進んだ部屋の東側にある魔法陣。ボス:使徒アリス
    エリア特性:敵全ての攻撃にHP吸収効果あり
  2. <色欲>…北西の階段から地下牢奥にある魔法陣。ボス:使徒ミーミル
    エリア特性:戦闘時、確率で味方が操られる
  3. <嫉妬>…北西の研究室にある魔法陣。ボス:使徒リュミス
    エリア特性:敏捷性・詠唱速度低下
  4. <憤怒>…北東の訓練所にある魔法陣。ボス:使徒ガロウ
    エリア特性:敵の攻撃力・会心率上昇
  5. <暴食>…南東の宿屋にある魔法陣。ボス:使徒カンパネルラ
    エリア特性:継続的にHP・MP減少

強欲の空間

解説
+...
強欲の空間では、敵の攻撃全てに100%HP吸収効果があり、被ダメージ分回復されてしまいます。
実質、リジェネ状態になっていると考えた方が分かりやすいでしょう。
そのため、全敵の共通弱点・神聖属性攻撃で、手早く倒すようにしましょう。

エリアの進み方
このエリアでは、奥に進むために中央の部屋にある門を開ける必要があります。
まず入口の左右の部屋に行き、2つのランタンを調べて点灯させましょう。
すると、門の封鎖が解除され、奥へ進めるようになります。
途中で左右に分岐していますが、どちらに進んでも同じなので、好きな方へ行きましょう。
奥にいる使徒アリスに話しかけるとボス戦が開始します。

ボス戦について
使徒アリスは、お供にデスを6体伴って出現します。
アリスの全ての攻撃にも100%HP吸収効果があり、特に必殺技により全体に大ダメージを与えられますので、
これをどれだけ軽減するか、また、アリスの攻撃をどれだけ減らせるかで戦闘時間の長さが変わります。

敵が多いとそれだけ多くのHPを吸収されてしまいますので、まずはデスを一掃しましょう。
かなり分散して出現しますが、神聖属性弱点なので、広範囲の神聖属性攻撃で一気に片付けるといいでしょう。
ガブリエーレの「神罰の剣」、レオンハルトの「レディアントブレード」は共に広範囲神聖属性攻撃なので、
TPがたまっていれば、迷わずに発動させることをお勧めします。

TPがたまっていない場合、それぞれ以下のようにして、デスの各個撃破を狙います。
  • エドガー・ディーン・キョウ・スイレン:神聖の刃を装備して攻撃
  • レオンハルト:「セイントアタッチ」からの通常攻撃
  • ガブリエーレ:「ジャッジメント」
  • リーゼロッテ:神聖属性魔法(要・魔術石)
  • (隠しキャラ):「オービット・レイ」でもいいですが、あまり広範囲の一掃に向いた魔法ではないので、
    状況によってはその他の魔法で攻撃しましょう。

デス一掃後は、アリスに総攻撃を仕掛けます。
アリスは<強欲>の他、物理攻撃(通常攻撃・連撃)と氷・暗黒属性魔法を使用します。
<強欲>には、射程・範囲があるものと、全体範囲のものの2種類あります。
前者は確率によるHP又はMPの吸収ですが、多くの場合MP吸収なので、
魔法キャラがMP切れを起こさないよう、後方に配置していればあまり問題はありません。
後者は「聖森の護り」を発動していない場合、HPの5割程度を吸収されてしまいますので、アリスのHP回復量も凄まじいです。
そして、全体範囲の<強欲>も、必殺技として使用する他、戦闘中に複数回使用されることもあるので、
味方の与えた総ダメージが<強欲>による回復量を上回れない場合、いつまでもアリスを倒せません。
特にレベルが低い場合は、「聖森の護り」状態をどれだけ維持できるかで、戦況が大きく変わります。
確実に勝利するためには、リトの秘石をTPチャージ重視にし、錬気を複数と、できれば高揚も装備させましょう。
必殺技を除けばアリスの攻撃力はそれ程高くないので、他キャラの装備品は攻撃力重視で組み合わせるといいです。
<強欲>はHPを割合で吸収するため、防御面が不安な場合は防御や魔防を高くするとダメージを軽減できます。

攻略データ
名称 宝箱 攻略情報
魔王城 地下牢奥の小部屋:
リュディアの神薬
右手の湧水で全回復が出来る
入口すぐの魔法陣は各使徒撃破後のリターン位置なので気にしなくても良い

→強欲の間
強欲の空間 万能薬
セリストの秘薬
位置情報:南西のツタから2Fの部屋東側にある魔法陣
エリア特性:敵全ての攻撃にHP吸収効果あり
魔物:執着心、デス、略奪者、強欲な牙
魔物の弱点は共通して神聖属性
敵の攻撃の全てにHP吸収効果があるため、
実質リジェネ状態になっていると思った方が良い
戦闘を早く終わらせるには、弱点の神聖属性での攻撃が有効

このエリアでは、奥に進むために
簡単なギミックを解除する必要がある
まず入口の左右の部屋に行き、2つのランタンを調べて点灯させよう
すると、中央の部屋にある封鎖が解除される
中央の部屋に進むと左右に分岐しているが、どちらに進んでも同じ
奥にいる使徒アリスに話しかけるとボス戦開始となる

ボス:使徒アリス、デス×6
必殺技 <強欲>(全体HP吸収)
必殺技として<強欲>を発動した場合、敵はそのターン中は追撃をしてこない

戦闘開始したらまず、邪魔なデスを全て片付けてしまおう
ガブリエーレとレオンハルトのTP100技は神聖属性なので効果てき面
TPが貯まり次第積極的に使おう
アリス一人になったら、リトは「聖森の護り」を発動させる
雑魚と同じく、アリスの全攻撃にHP吸収効果があるため、
こちらの受けるダメージを極力減らすのが重要
<強欲>には効果が2種類あり、範囲・射程があるものは確率によるHP又はMP吸収で、
必殺技の全体攻撃は確実にHPを吸収する
後者はHPの5割程度を吸収する全体攻撃なので、アリスの回復量も凄まじい
リトには錬気を複数装備させ、「聖森の護り」をできる限り発動させておきたい
隠しキャラがいる場合は、アクセラレーションを使うと良いだろう
要するに、味方の与えるダメージ>アリスの必殺技ダメージ
という不等式が成立するように立ち回らないと、戦闘が終了しない

撃破後、「空白の石」、「戦女神の兜」入手

大樹に生きるもの達のためにTOPへ

色欲の空間


解説
+...
魔物について
色欲の間にいる雑魚は、弱点が雷・神聖・暗黒とバラバラです。
このため、属性攻撃が得意なリーゼロッテとレオンハルト、スイレンで進むのがお勧めです。
他のメンバーを使う場合は、攻撃する相手ごとに属性刃や魔術石を変更しながら戦うといいでしょう。
魔物は、暗いところに潜んでいて、近づくと急に速度を上げて飛び出してきます。
そのため、不意に戦闘が開始してしまうことが多いので、HPの残量に注意して進んで下さい。

色欲の間の特徴と進み方
色欲の間で最も厄介なのは、予告なく仲間が心を支配され、同士討ち状態に陥ることです。
数ターンで元に戻りますが、前衛キャラが操られてしまった場合は特に注意が必要です。
後衛キャラは操られたキャラからなるべく遠くに離れないと、下手をすると戦闘不能に陥ります。
また、回復役が操られた場合も面倒ですので、回復手段は複数用意しておきましょう。
表示される文章をいつもより注意して見て、仲間の状態をしっかり把握しておくといいです。

ダンジョンはほぼ一本道ですが、薄暗く進みづらいです。
最初はどこかの屋敷のような場所を進みます。
少し行くと雰囲気が変わりますが、ボスエリアまでの距離はそう長くありません。
最初に東の突き当たりまで進むと月心草がありますので回収し、
少し引き返して分岐点から北へ進めば、最奥に到達します。

ボス戦について
ミーミルは神聖属性魔法攻撃、アスモデウスは物理攻撃中心です。
また、アスモデウスの攻撃には確率で操りを付加する効果があります。

アスモデウスを先に倒した場合、ミーミルが全体に対して<色欲>を使います。
他の使徒とは異なり、ミーミルはこの時以外に<色欲>を使用することはありません。
一方、ミーミルを先に倒すと、アスモデウスの攻撃力が上がりますが、こちらはこまめに回復していれば問題ありません。
HPを基準に考えても、ミーミル、アスモデウスの順に倒すのがお勧めです。

ミーミルは前衛キャラで囲んで物理攻撃を仕掛けましょう。
リーゼロッテの「アイスバインド」、レオンハルトの「マナブレイカー」を中心に、
「妨害の刃」や氷縛以上の氷属性魔術石を装備させたキャラで詠唱妨害をすれば、
ミーミルの攻撃・回復を無効化できるので、適度に織り込むといいです。
状態異常や能力低下はかなり効きにくいので、味方の能力を上げて攻撃しましょう。
プレイヤーによって状況は異なりますが、隠しキャラの槍技による能力低下は比較的よく効きます。
アスモデウスは動きませんので、魔法キャラは後方から攻撃しましょう。

攻略データ
名称 宝箱 攻略情報
色欲の空間 ハイポーション
月心草
位置情報:北西の階段から地下牢奥の魔法陣
エリア特性:戦闘時、確率で味方が操られる
魔物:色欲の果て(弱:雷)、サキュバス(弱:神聖)、堕天使(弱:暗黒)

色欲の空間に入る前に、地下牢奥の小部屋に行こう
イベントが発生し、リュディアの神薬が出現するので回収しよう

魔物の弱点は雷・神聖・暗黒とバラバラなため、
属性攻撃が得意なメンバーで進むのがお勧め。
属性攻撃が出来ないキャラを使う場合、
対応する属性刃、魔術石の準備をしておくといい。
物理キャラは混乱の、魔法キャラは沈黙の対策もしておきたい。

エリアでは戦闘時に、仲間が操られてしまう場合がある
念のため、回復魔術石と駆動は予備を用意しておき、
回復役が操られた場合の備えをしておこう。

ダンジョンエリアはほぼ1本道。
奥にいる使徒ミーミルに話しかけるとボス戦開始

ボス:使徒ミーミル、アスモデウス
必殺技「<色欲>」(全体 確率:操り状態)

一定確率で操り状態となるのはボス戦でも同様
ミーミルは魔法攻撃主体、アスモデウスは物理攻撃主体。
アスモデウスを先に倒すと、ミーミルが全体<色欲>を使うため、
先に使徒ミーミルから倒そう。
HPの面から見ても、その方が倒しやすい。
ミーミルは防御力が低いため、物理キャラで囲んで攻撃するのが良い。
ミーミルの魔法を防ぐために詠唱妨害も有効。
使徒ミーミルを倒すとアスモデウスが暴走し、
中範囲物理攻撃を繰り出してくるが、こまめに回復していれば耐えられる。
アスモデウスは動かないので、魔法キャラは遠方から攻撃しよう

撃破後、「空白の石」、「ルシアのドレス」入手

大樹に生きるもの達のためにTOPへ

嫉妬の空間


解説
+...
エリア特性で敏捷性・詠唱速度が20%低下した状態で戦うことになります。
そのため、敏捷や駆動を装備して、あらかじめ能力の底上げをしておくとやりやすくなります。
雑魚の共通弱点は炎なので、レオンハルト以外の物理キャラには炎系属性刃、
リーゼロッテ以外の魔法キャラには炎系魔術石を装備させるといいでしょう。

エリアの進み方とラミアR戦
道は一見複雑そうですが、簡単です。
  1. 入り口北東の魔法陣を進み、マナ・ポーションを回収して戻る(不要な人はカットして下さい)
  2. 入り口南の魔法陣→通過エリア→中ボスエリア→戦闘後、奥へ(右の魔法陣はダミー)
右の魔法陣へ行っても同じ所へループするだけですので、特に問題がなければ、ラミアRを倒して先へ進みましょう。
ラミアRはニケ・封印の塔と同じく氷属性弱点・雷属性耐性で、雷魔法・能力低下魔法・物理攻撃(雷属性)を使います。
甘い息を使われることがありますので、念のために回復役に睡眠防止を装備するといいでしょう。
尚、戦闘は先頭4人で行いますので、メンバーを選ぶのを忘れないで下さい。

ラミアR撃破後、奥へ進めるようになり、最奥の間でリュミスに話しかけると戦闘開始です。

ボス戦について
お供の嫉妬する泡は、防御力・魔法防御力共に最大値なので、通常の攻撃はほとんど通じません。
TP100技なら多少ダメージを与えられますが、雀の涙ほどです。*7
防御無視攻撃(ペネトレート)や即死技は有効ですが、「ペネトレート」では一撃で倒すのが少し難しく、
即死技は確率で発動するキョウのTP100技「斬鉄閃」しかありません。
「斬鉄閃」は周囲攻撃なので、運が良ければ複数の敵を一度に撃破出来ることもありますが、
効果の発動はあくまでも確率なので、確実な攻略方法と言い切ることは出来ません。
また、TPをためるのに時間がかかるのも難点です。
死の刃を装備させても確率10%でしか発動しないので、それほど効果は期待できません。
従って、4体もいる嫉妬する泡の相手をするのは面倒です。
しかし、「クリティカルラック」装備のディーンの攻撃だけは、通常通りのダメージを与えられます。
攻撃前に強運を使用すれば、十分に一撃で撃破可能なことに加え、彼の敏捷性が高いこと、
「蒼き衣“永劫流転"」装備なら確率で二回行動できること等を考えれば、これが最も有効な手段です。
もし「クリティカルラック」を持っているなら、普段使わないプレイヤーもここでは使うことをお勧めします。

ただし、封印の塔と同じく、嫉妬する泡は撃破しても経験値・お金は全く入手できず、リュミスを倒せば同時に消滅します。
そのため、嫉妬する泡を完全に無視してリュミスに集中攻撃するのもいいでしょう。
その場合は能力低下が鬱陶しいので、スイレンの精霊魔法等で対抗しましょう。

リュミス単体を見てみると、雷属性魔法中心の、比較的オーソドックスな魔法使いタイプのボスです。
封印の塔で戦った時とは違い、雷耐性はありません。
魔法攻撃中心で、必殺技の<嫉妬>や物理攻撃もダメージが魔力依存ですので、魔力を下げておくと楽になります。
また、能力低下魔法が効きやすく、沈黙も効きますので狙ってみてもいいでしょう。
リュミスの攻撃は通常攻撃も含めて全て雷属性なので、雷耐性をつけると被ダメージを減らせます。
スイレンやリトで味方の能力を底上げし、ガブリエーレ他、リーゼロッテにも回復魔術石を装備させて
しっかり回復をしながら戦えば、それほど苦戦はしないと思われます。
尚、雷属性魔法は最低射程のあるものがほとんどで*8、リュミスを囲むと魔法が不発になることも多いので、
できるだけ囲むことを優先しましょう。

攻略データ
名称 宝箱 攻略情報
嫉妬の空間 マナ・ポーション
ヒールパウダー
位置情報:北西の研究室にある魔法陣
エリア特性:敏捷性・詠唱速度低下
魔物:ねたみの視線、あざ笑う風

魔物の弱点は炎属性。
妖しい霧で沈黙させてくるので、魔法キャラは沈黙防止装備を推奨。

エリア特性に加え、敵の攻撃で更に敏捷性が落ちることがあるため、
秘石で敏捷性の底上げ・詠唱時間軽減をしておこう。

エリア内は魔法陣で進んでいく。
一見複雑そうだが、実質1本道。(上記解説参照)

途中のエリアで中ボス戦あり
戦闘:ラミアR

先頭4人メンバーで戦う。
ニケ・封印の塔と同じく氷属性が弱点。

撃破後、「聖ドミナウの緑柱石」入手。
いくつかの魔法陣を辿り、最奥の間へ行こう。
使徒リュミスに話しかけるとボス戦開始

戦闘:使徒リュミス、嫉妬する泡×4
必殺技:<嫉妬>(範囲:全体、敏捷性/詠唱速度低下25%、ダメージ:約1500)

嫉妬する泡には通常物理攻撃や魔法が効かず
防御無視技や即死攻撃でしかダメージを与えられない。
但し、クリティカルラック装備のディーンのみ、
通常攻撃でもダメージを与えることが可能。
倒すのが面倒なら、使徒リュミスに集中攻撃をしよう。
使徒リュミスを倒せば嫉妬する泡も消滅する

撃破後、「空白の石」、「フィリスのマント」入手

大樹に生きるもの達のためにTOPへ

憤怒の空間


解説
+...
ボス戦について
憤怒の間のエリア特性は、敵の会心率・攻撃力の上昇です。
そのため後衛キャラだけではなく、下手をすると前衛キャラも瀕死に陥ることがあります。

しかし、狭い通路が多いことを利用すれば、比較的安全に進めますので、それを掲載しておきます。
  1. 敵のシンボルに接近し、敵を狭い(出来れば2マス幅)の通路まで誘い込んで戦闘開始する。
  2. リト、レオンハルトら防御力の高いキャラを前に出して攻撃、
    リーゼロッテら魔法キャラは後ろから上位魔法で攻撃
この方法なら、敵に背後を取られない限り、後衛キャラが危険にさらされることはありません。
この時に、範囲の広いTP100技を持つキャラに錬気を装備させて予めTPを100にしておき、
戦闘開始と同時に発動させて一掃してしまうのも有効です。
この方法は、ボス戦でお供の憤怒の兵隊を一掃する場合にも使えます。
神聖属性弱点の魔物が多いので、ガブリエーレとレオンハルトが適任です。
どうしても戦闘がきつい場合は試してみて下さい。

マップはほぼ一本道なので、迷うことはありません。

ボス戦について
ガロウの<憤怒>は、射程・範囲1のものと範囲が周囲4のものがあり、後者は必殺技としても使用します。
必殺技の場合、ダメージは最大HPの8-9割ほどで、その時の状況によっては全滅もあり得ます。
そして、お供の数も憤怒の兵隊6体・メガタウロス2体と多いので面倒です。

戦闘が開始したら、リト、エドガー、キョウ、レオンハルトは前へ出て
ガロウ、メガタウロスに攻撃をしつつ、敵を引きつけておきます。
位置取りの関係上、お供は炎・神聖属性の上位魔法で攻撃すれば、それ程苦労せず一掃できます。
尚、先手を取れればガロウの目の前のマスから範囲5の攻撃を使えば、お供の全てを攻撃できます。
ただし、後衛キャラは前へ出しすぎないように注意しましょう。

ガロウ一人になったら、リト、エドガー、レオンハルト、キョウでガロウを囲い込んで総攻撃を開始します。
ディーンは防御力が不安なので、包囲には加わらず、「飛剣」を装備して攻撃するのがお勧めです。
また、ガロウにはスタンが効きますので、ディーンの「スタンブレイク」を使うのもいいでしょう。

ガロウは他の使徒に比べてかなり高火力なので、リトは「聖森の護り」発動を最優先に行動しましょう。
後衛キャラは、ガロウから4マス以上離れれば「重刃」以外の攻撃が当たらず、
6マス以上離れると全ての攻撃が当たらないことを念頭に置いて配置するといいでしょう。
そして、リトたち4人の防御力アップ・ガロウのステータス低下と回復を優先させながら、
手が空いた時に射程の長い上位魔法で攻撃する、という立ち回りを心がけましょう。

味方の防御力アップ・ガロウのステータス低下は、<憤怒>には効果がありませんが、
他の攻撃でのHPダメージを軽減できれば、一度でHP上限まで回復させやすくなります。
そうすることで、<憤怒>により大ダメージを受けても、HPギリギリで耐えられる確率が高くなり、
戦闘不能を予防することに繋がります。

ガブリエーレはなるべく早くTPを100にしておき、必殺技後、速やかに「白銀の癒し手」を発動させるのが理想です。
そのため、「錬気」を複数装備させ、「ハーベスト」を中心に使用するのがお勧めです。
また、レオンハルトはTPが100になった場合、「レディアントブレード」よりも、「神剣の輝き」の発動を優先させるほうが無難です。
味方に隠しキャラがいた場合、槍技でガロウの防御力・魔法防御力を下げやすいので、
パーティーレベルが低い場合は優先させてもいいでしょう。

攻略データ
名称 宝箱 攻略情報
憤怒の空間 スティミュラント
トゥーラの霊薬
位置情報:北東の元・訓練所にある魔法陣
エリア特性:敵の攻撃力・会心率上昇
魔物:憤怒の兵隊、メガタウロス、踏み潰す足

魔物の共通の弱点属性は炎、憤怒の兵隊は神聖属性も弱点
物理攻撃力・会心率が非常に高いが、狭い通路を上手く利用すれば
比較的安全に戦える。
また、攻撃範囲の広いTP100技を持つキャラに錬気を装備させ
予めTPを100にしておき、戦闘開始と同時に発動させる手も有効。
敵の攻撃をなるべく食らわないようにしながら進もう
ダンジョンエリアはほぼ1本道。
奥にいる使徒ガロウに話しかけるとボス戦開始

ボス:使徒ガロウ、憤怒の兵隊×6、メガタウロス×2
必殺技「<憤怒>」(範囲:周囲4、最大HPの8-9割ダメージ)
必殺技発動後、敵はそのターン中追撃してこない

戦闘が開始したら、リト、エドガー、キョウは前へ出て
敵に攻撃を仕掛けつつ、引きつける
ガブリエーレ、リーゼロッテは広範囲魔法でお供を一掃する
お供が一掃出来たら、防御力の高いキャラでガロウを囲んで総攻撃開始
ガロウを囲んでいるキャラ以外は、補助・回復優先で行動しよう
あまりガロウのHPを削らないうちに、リトは「聖森の護り」を発動すること

撃破後、「空白の石」、「勇者の鎧」入手

大樹に生きるもの達のためにTOPへ

暴食の空間

解説
+...
道は一本道なので迷いませんが、エリア特性で徐々にHP・MPが減少していきます。
20歩(=1ターン)進むごとに減少するので、雑魚はなるべく相手にしないのが無難です。
戦闘になってしまった場合は、ターン数をかけずに撃破してしまいましょう。
貪食花は炎属性、マクロファージと暴食の宴は雷属性が弱点です。

ボス戦について
ボス・カンパネルラは炎・雷属性魔法攻撃中心です。
詠唱妨害スキルや、「妨害の刃」で攻撃を不発にするのは当然のこと、秘石「結界」も効果があります。
魔法防御力が不安なキャラは、あらかじめ装備品で底上げをしておくと安全性が高まります。

カンパネルラは防御力が低めなので、前衛キャラで囲んで物理攻撃で攻めるのがお勧めです。
ただし、敏捷性が比較的高く、一気に囲むのはやや困難なため、先に動きを封じておくとやりやすくなるでしょう。
運が絡みますが、麻痺の他、リトの「戒めのツタ」も有効です。
必殺技の<暴食>は、射程4・範囲5と距離も範囲もあるため、圏外に逃れるのはなかなか難しいと思われます。
カンパネルラを隅に追い込んでおくと退避がしやすいかもしれません。
被ダメージは1500前後ですので、まず体勢を立て直しましょう。
HP・MPの減少が加速されますので、攻撃の手は緩めず、ガブリエーレ・リーゼロッテ・スイレンで回復するといいでしょう。

お供のマクロファージは、弱点の炎・雷属性で攻撃すると簡単です。
ガブリエーレ・リーゼロッテ、レオンハルト(魔法使用前に一式魔力上昇装備に変更)、
もしも仲間になっているなら、隠しキャラの炎・雷魔法もいいでしょう。
隠しキャラの場合、2連続で放てば、お供はほぼ一掃可能と思われます。
また、ディーンの「アサシンエッジ」、レオンハルトの「レディアントブレード」、
スイレンの「精霊弓”流星”」でも一撃で一掃できますので、TPがたまっていれば、これ等のスキルを使用するといいでしょう。

ターン毎にHP・MPが減っていくため、戦闘が長引くと不利になります。
出来るだけ効率よく攻撃を仕掛けられるよう、キャラの配置に気をつけて戦いましょう。

攻略データ
名称 宝箱 攻略情報
暴食の空間 エリクサー 位置情報:南東の元・宿屋にある魔法陣
エリア特性:継続的にHP・MP減少
魔物:貪食花(弱・炎)、マクロファージ(弱・炎/雷)、暴食の宴(弱・雷)
炎と雷の属性刃・魔術石があると便利
属性攻撃が得意なメンバーで進むのがお勧め
魔法キャラは「沈黙防止」を装備させておこう

ダンジョンエリアは1本道だが、
エリア特性で徐々にHP&MPが減少していくため、
雑魚は出来れば全部避けた方が良い
ボス戦前に必ず全員のHP・MPを回復させよう
最奥にいる使徒カンパネルラに話しかけると、イベント後ボス戦開始

ボス:使徒カンパネルラ、マクロファージ×3
必殺技:<暴食> 射程4・範囲5、ダメージ約1500前後、HP・MP減少加速

魔法攻撃中心のため、出来れば魔防の底上げをしておこう
「妨害の刃」や各スキルで詠唱妨害を行う他、「結界」も有効

必殺技でHP/MP減少を加速させるため、可能な限り早く撃破しよう
お供のマクロファージは最初に3体出現し、
カンパネルラの3・5ターン目にも3体ずつ召喚する
炎・雷属性が弱点なので、広範囲魔法で攻撃するのが手っ取り早い
タイミングが合えば、レオンハルトの「レディアントブレード」や
スイレンの「精霊弓”流星”」など広範囲強攻撃で、
ボスを攻撃するついでに巻き込むのも有効

撃破後、「空白の石」、「蒼天の帽子」入手

大樹に生きるもの達のためにTOPへ

魔王城・玉座の間

解説
+...
大罪の使徒の空間を全てクリアすると、玉座の間への階段にある封印が解除され、先へ進めるようになります。
玉座の間手前に来ると選択肢が出て、「先へ進む」を選択するとイベントが開始され、ボス戦に突入します。

ボスは大罪の使徒5人の力を全て使います。詳細は以下の通りです。
  1. <暴食>:射程4、範囲3…ダメージに加え、確率で数ターン継続的にHP/MPを減少させる状態異常付与
  2. <強欲>:射程3、範囲3…HP吸収かMP吸収。両方同時に吸収されることはない
  3. <嫉妬>:射程4、範囲3…ダメージに加え、確率で敏捷性低下、詠唱速度低下をさせる状態異常付与
  4. <憤怒>:射程4、範囲2…高威力攻撃
  5. <色欲>:全体…確率で味方を操る
付与される状態異常の効果は、各使徒の使っていたものと同じですが、射程・有効範囲・性能には微妙な差があります。
そして、必殺技「大罪の息」は、範囲:周囲5で、HPの5-6割ダメージに加えて、
確率で上記いずれかの状態異常を付与します。
これら大罪状態異常、ダメージを軽減できるのはリトの「聖森の護り」だけです。
大罪以外のボスの攻撃は、強力な通常攻撃(射程4、攻撃範囲3)や、範囲が全体の「薙ぎ払い」など、物理攻撃です。

全体範囲の「薙ぎ払い」を除けば、必殺技も含めて6マス以内が攻撃範囲です。
そのため、後衛キャラは7マス以上離れたところに配置しましょう。
この位置からは、「ドラゴンブレス」・「アークフレア」・「サンダーグレイル」以外当たらないので、
「竜火・雷杯の魔術石」は用意しておきましょう。
また上記の通り、大罪攻撃を除けば物理攻撃中心なので、スイレンの「ベンティスカ」で防御力を上げる他、
TPがたまっているなら、レオンハルトの「神剣の輝き」を使うのもいいでしょう。
3ターン物理効果を無効にできるので、ボスの攻撃の多くを無効化できるのに加えて、
味方が操られても全く心配なくなります。

残HPが1/4を切る(=ノーマルモードで45000程ダメージを与える)と、ボスは「大きく息を吸い」、
その次に行動順が回ってきた時に必殺技を発動します。
直前に「聖森の護り」を発動させられればいいのですが、
順番が回ってこなかったり、操られてしまったりして、うまくいかない場合も多いです。
(参考:検証回数5回で、うまくいったのは2回だけ)
そのため、正攻法でプレイするなら、「聖森の護り」は過信しない方がいいでしょう。

安全策をとるなら、必殺技に備えて「聖森の護り」をいつでも発動できるように、
リトは「錬気」・「高揚」、「快癒(神癒)の魔術石」を装備して、TPチャージ重視の装備にしておきましょう。
また、「神剣の輝き」も発動させたいので、レオンハルトも戦闘前にTPを100にしておくのが無難です。
そうでない場合は、TPチャージを優先するだけでなく、敏捷性も上昇させて、行動回数を増やす必要があります。

その場合、リトは戦闘開始後最初のターンで「聖森の護り」を発動させて、
大罪のダメージと状態異常・特に「操り」を付与される確率を減らしておきます。
その後はひたすらハーベストを連発してTPを溜め、必殺技に備えましょう。
ハーベストのTPチャージ量は対象1人に対し2(※ 高揚なしで)ですので、
できるだけ効果対象を多くしておけば、すぐにTPが100に達します。
また、隠しキャラが仲間にいれば、アクセラレーションを使うといいでしょう。
リト以外のキャラは、ガブリエーレ含め全力で攻撃して下さい。
ただし、レオンハルト(戦闘開始前にTPを100にした場合含め)は、
「神剣の輝き」を発動させるまでは一切の魔法剣を封印して下さい。

そして、「聖森の護り」の効果が切れたらすぐに「神剣の輝き」を発動させます。
おそらく、その数ターン後には(早ければ1ターン)「聖森の護り」を再発動できるようになるので、すぐにかけ直しましょう。
このあたりで、ボスの必殺技発動のセリフが出ると思われます。

必殺技発動後は、撃破までそうかかりませんので、総攻撃をかけましょう。
上記立ち回りで(レベル45、高揚はなし)検証時は、「聖森の護り」が切れていた時の
ボスの攻撃が物理攻撃のみだったのも幸いし、全く苦戦しませんでした。
どうしても苦戦するようなら、上記の安全策を試してみてください。

攻略データ
名称 宝箱 攻略情報
魔王城・玉座の間 なし 大罪の使徒5人を撃破後、玉座の間に通じる封印が解除される
2F奥に進み、玉座の間手前に到達すると選択肢が出る
「先へ進む」を選ぶとボス戦開始

ボス:根源罪エヴァグリオス
必殺技「大罪の息」
範囲:周囲5、確率:数ターンHP/MP減少・敏捷性低下・詠唱時間増加・操り

強力な物理攻撃と全大罪攻撃※を使うボス
(※ 射程・範囲が異なるものがあるが、内容は同じ)
大罪攻撃はリトの「聖森の護り」でしか軽減できない
事前にリトに「錬気III」を複数と「高揚」を装備させ、
「聖森の護り」を複数回発動させたい
ボスのHPを45,000(約3/4)程度削ると
ためる動作をし、次の行動順で発動させる
可能なキャラは、攻撃圏外へ避難しよう

撃破後、「贖罪」、「賢者の石」入手

1Fに戻って、回復・アイテム補充とセーブをしよう
再び2F玉座の間に向かい、
奥にある扉で「王家の紋章」を使用すると、先へ進める

→魔王城・転送の間
魔王城・転送の間 会話イベント後、転移の魔法陣が使えるようになる

→魔法陣から久遠の大樹

大樹に生きるもの達のためにTOPへ

久遠の大樹


解説
久遠の大樹では、何カ所か分岐がありますが、どの分岐を進んでも、最終的には同じ場所にたどり着きます。
アイテムが全部欲しいという人は、合流地点で一度反対側を進んで戻る必要がありますが、
樹影竜の守る宝箱2つ以外は全部回復アイテムなので、無理に取りに行く必要はありません。
一方、樹影竜の宝箱の中身は両方ともレア防具で、性能もいいので取っておくといいでしょう。

ダンジョンに出現する魔物の弱点は、仮面兵が神聖属性、影の従者が炎属性、ベルセルクが雷属性です。
樹影竜の弱点は対竜と氷属性で、特に対竜には非常に弱いです。
ステータス的には中ボスクラスのなので、挑むなら全力を尽くしましょう。
また、ガリオールの根源火を影の従者が、オリハルコンをベルセルクが、無限砂時計を樹影竜がそれぞれドロップします。
この3種のアイテムを量産できるのは全編通じてこのエリアのみです。

最奥は雰囲気が変化し、奥への道の手前に「大樹の恵み」と、最初のMAPへの転送陣があります。
一度ここまで辿り着くと、魔王城に戻るのが容易になります。
必要ならレベル上げを行い、アイテムの補給と回復、セーブをしましょう。
「大樹の恵み」を使う前に、別ファイルにセーブしておくのがお勧めです。

先へ進むと選択肢が現れます。「はい」を選ぶと最終戦に突入します。

攻略データ
名称 宝箱 攻略情報
久遠の大樹 MAP2:
右側)セリストの秘薬
左側)トゥーラの霊薬

MAP3:
中央)聖盾エイダム
右側)スティミュラント
左側)万能薬

MAP4:
中央)聖環イーファ
右側)リュディアの神薬
左側)ヒールオーブ
魔物:仮面兵(弱・神聖)、影の従者(弱・炎)、ベルセルク(弱・雷)、樹影竜(弱・氷/対竜)

転移の間の魔法陣からMAP1に移動後、下に進む。
MAP2では道が二手に分かれているが、どちらを進んでもMAP3に辿り着く
MAP3の、道の合流地点の中央に樹影竜の守る宝箱がある
中身は確率での魔法反射効果がある聖盾エイダム
尚、樹影竜は中ボスクラスの強さはある
MAP3でも道が二手に分かれているが、同じマップに出るので好きな道を進もう
MAP4も、道の合流地点の中央に樹影竜の守る宝箱がある
中身はMP消費軽減効果のある腕環、聖環イーファ
更に下に進むと、樹影竜がいる中央付近に入口がある
MAP5に進むと、右手に「大樹の恵み」があるので回復・セーブ
左手にはMAP1への転送陣があり、そこからエントランスホールに戻れる
先へ進んで選択肢「はい」を選ぶと、奥に移動。

大樹に生きるもの達のためにTOPへ

最終戦

最終戦(1戦目)解説
+...
マップ解説
最終戦の舞台は、全体がシンメトリー(左右対称)構造になっています。
最も下に位置する横長のフロアが、勇者パーティーの初期位置で、その両端から上に向かって通路が延び、
最上段の魔王手前のフロアで一つに繋がっています。
左右の通路はまったく同じ構造をしていて、小さなフロアが二つの階段で繋がっていて、
三つ目の階段上のフロアが魔王手前のフロアです。
魔王手前のフロア両端にはそれぞれ石碑があり、中ボスがその前に出現します。

敵と出現位置について
戦闘開始時、勇者パーティーの左に仮面兵×3とベルセルク、右に仮面兵×3と影の従者が出現しています。
その他に、最上段に魔王のシンボルが見えますが、それ以外の敵は見えません。
しかし、フロアを移動して魔王に向かって進んでいくと、新たな敵が出現します。
出現位置と魔物は以下の通りです。(ネタバレを気にしない人は、下記折りたたみ内の画像をご覧下さい。)
  1. 左…仮面兵×3、樹影竜:下から向かったなら一番下の階段前6マスと、その1つ横の空間に侵入した時点で出現します。
    上から向かった場合は、上から2つめの階段とその横の空間2マスに侵入した時点で出現します。
  2. 左上…ベルセルク×2、影の従者、ダインスレイヴ
    下から向かったなら、2番目のフロアとその横の空間2マス(フロアが広いところでは1マス)
    上から向かったなら石碑の右隣の列(フロア左端から5マスめの列)に侵入すると出現します。
  3. 右…仮面兵×3、樹影竜:出現条件となる位置は、左側とまったく同じです。
  4. ベルセルク、影の従者×2、クラウ・ソラス:出現条件となる位置は、左側とまったく同じです。
    (上から向かった場合については、右端から数えて5マスめの列)
これら途中で出現する敵は、倒さなかった場合魔王との戦闘に加わりますので、
全て倒してから魔王に挑んだ方が、戦闘を有利に進めることが出来ます。

魔王が動き出す条件
魔王のシンボルは最初から出現していますが、一定の距離内に近づくまでは動かず、行動順序ウィンドウにも表示されません。
その範囲についての文章説明は難しいのですが、
一言で言うと、魔王の前を通過する際に、一番離れたマス以外に入らなければ魔王は動きません。

ネタバレを気にしない方は、下記折りたたみ内の画像を参照して下さい。
画像の魔王を囲んでいる、赤い線の内側に侵入すると魔王のセリフが発動し、動き出します。

参考画像:サムネイルクリックで大きな画像を別タブ表示します
+...

※ 背景については、スクリーンショットの画像と自作の背景を合成しています。
このマップを作成するために、何枚ものスクリーンショットを撮影してCGソフトで合成しています。
いらない画像を消したり、明暗が極端にならないようにしたり、なるべく綺麗に見えるように工夫していますが、
そうすると背景のつなぎ目がかなり見苦しくなり、文字入れがし辛かったためです。
攻略部分に関係ある内容ではありませんが、念のため説明させていただきました。

最終戦についての概要
最終戦は二連戦で、一回目の戦闘ではいつでもセーブが可能です。
魔王はHPを60000(ノーマルモードで)程削ると、その次の行動順で「終焉の光」の発動体制に入り、
更にその次のターンで「大罪”終焉の光”」を発動します。
「終焉の光」は、リトの「聖森の護り」以外では防げず、発動させないと敗北します。*9

従って、戦闘開始時のセリフ通り、リトは「終焉の光」に備えてTPを温存しながら戦うのが無難です。
ただし、魔王が動き出した時点でTPが0だったとしても、秘石の工夫次第で、終焉の光発動までに余裕を持ってTPを100に出来ます。*10
TPチャージを優先する場合、TPチャージ無効と操られるのを防ぐため秘石「贖罪」は必須として、
その他に快癒以上の魔術石に加えて、「神樹」、「錬気」、あれば「高揚」を装備させるのがお勧めです。

また、スイレンの「シルフィード」や、「エアリアル」を使って敏捷性を高め、
隠しキャラが仲間にいれば「アクセラレーション」を使って行動回数を増やせば、より安全にTPを貯めることができます。
尚、「エアリアル」はリトも使えますが、リトは「ハーベスト」等のよりTPを貯められるスキルを使うほうがいいので、
「俊敏の魔術石」を味方の誰かに装備させて、魔法をかけて貰うのがいいでしょう。

魔王に挑む前に、途中で出現する雑魚と2体の中ボスを全て倒していきますが、
パーティを二つに分けて同時に2体の中ボスと戦闘しても、全員で1体ずつ倒しても構いません。
解説では、無難に全員で1体ずつ撃破する方法を記載します。
敵の出現条件については、上記「敵と出現位置について」を参照して下さい。

一戦目(魔王戦)解説:
  1. まずは、パーティを囲んでいる左の仮面兵×3とベルセルク、右の仮面兵×3と影の従者を倒します。
    この時、左右共に階段の手前6マス以降には絶対に入らないように注意して下さい。新たな敵が出現してしまいます。
    (空中を移動できるキャラは、階段とその上のフロアから1マスまでの範囲には入らないで下さい。)
  2. 次は右、又は左どちらかに進みます。敵は仮面兵×3、樹影竜です。
    彼らを撃破するまでは、2番目のフロアとその周囲一マスの空間に侵入しないようにしましょう。
  3. 上へ進み、中ボスとベルセルク×2、影の従者を撃破します。
    この時進んでいた方向により出現する中ボスが異なります。
    左:ダインスレイヴ…物理攻撃(重刃、ビーストラッシュ、強撃など)主体。
    その他に、暗黒属性・能力低下魔法、即死攻撃を使用する。
    右:クラウ・ソラス…氷・神聖属性魔法と物理攻撃を使用。
    物理攻撃には、確率で移動禁止を付与する効果がある。
  4. 彼らのうちいずれかを撃破したら、魔王前を通過するか、来た道を戻るかで反対側へ行き、
    出現する全ての敵を倒します。
    この時、魔王前を通過した場合は中ボスとの戦闘が先になりますので、直前の回復を忘れないで下さい。
    尚、魔王前を通過する際に、魔王から一番離れたマスを進めば、魔王は絶対に動きません。
  5. 最後に魔王に挑みます。魔王は断罪・対神・神聖属性弱点で、全ての最上位魔法を多用し、
    頻度はそれ程でもありませんが、大罪攻撃も使用します。
    そして通常攻撃には、確率で全能力を低下させる効果もついています。
    大罪攻撃、特に「傲慢なるアギト」はかなり厄介なので、
    魔王が動き出す前にリトのTPを100にしておき、彼女を最初に侵入させて、
    「聖森の護り」を発動させると、戦闘をかなり楽に進めることができます。
    その後、リトは仲間に援護して貰いながらひたすらハーベストを使用すれば、「終焉の光」発動前にTPを100にするのは容易です。
    「終焉の光」の発動体勢に入ったらすぐに、「聖森の護り」を発動させましょう。
    それで最初の戦闘が終了し、セーブ画面が出ますので、別ファイルにセーブしましょう。

最終戦(終焉のアギト戦)解説
+...
最終戦は第二形態・終焉のアギト戦です。味方は全快しての戦闘開始となります。
一戦目と異なり、こちらは「終焉の光」発動までのカウントがある以外は普通の戦闘で、
終焉のアギトのHPが0になるまで戦闘は終了せず、一度「終焉の光」を防いでもHPが残っていれば、再度カウントダウンが始まります。
逆に、終焉のアギトのHPを早く削ることができれば、「終焉の光」発動前に勝利することも可能ですが、
1周目ではほぼ不可能と思われますので、無理に狙わないほうが無難です。

防御力・魔法防御力共に高い上に、物理・魔法両方に耐性があるので、非常にタフです。
攻撃面においても、物理攻撃には確率での全能力低下付与があるだけでなく、
全体又は非常に広範囲の大罪異常付加攻撃を連発するので、厄介です。

終焉のアギトは、5ターンに一度"終焉の光"を使い、発動までのカウントが表示されますが、
残りカウント1の次のターンに発動態勢に入るため、そこから「終焉の光」発動までは約2ターンの猶予があります。
「終焉の光」は1回戦と同じく「聖森の護り」以外では防げず、「聖森の護り」を発動していれば被ダメージ2000程度です。
リトには強力なステータス上昇効果が掛かっていますので、特別なことをしなくても「聖森の護り」の発動に問題はないでしょう。

終焉のアギトが使用する大罪攻撃は、基本的に各使徒が必殺技として使用するものと同じで、以下の通りです。
<強欲>…全体範囲、最大HPの50%程度吸収。
<怠惰>…全体範囲、確率でTPチャージ無効付与。ダメージは最大で2000弱程度。
<嫉妬>…全体範囲、確率で敏捷性/詠唱速度25%低下付与。ダメージは1500程度。
<傲慢>…全体範囲、確率で全ステータス25%低下付与。
<色欲>…全体範囲、ダメージ無し、確率で操り状態付与
<憤怒>…周囲4、最大HPの50-60%ダメージ
<暴食>…射程4・範囲5・毎ターンHP・MP10%減少付与
傲慢なるアギト…全体範囲。最大HPの5割程度を吸収した上で、確率で上記大罪異常を付与。

特に「傲慢なるアギト」を使用されると、全体HP吸収に加え、数種類の大罪異常を付加されることもあるので、
下手をするとこの一撃だけで追い詰められてしまいます。
そのため、安全に立ち回るには、「聖森の護り」の効果をできるだけ切らさないようにしなければなりません。
リトは、引き続きTPチャージを優先し、攻撃や回復・補助は仲間に任せましょう。
この戦闘で勝利すれば、ゲームクリアとなります。

久遠の大樹・攻略データ
  • 宝箱はありません
  • 通常の攻略データとは違い、戦況の変化ごとにまとめています

解説内容 攻略情報
全般 会話イベント後、魔王2連戦開始

魔王戦1回目:戦闘中にいつでもセーブが可能

戦闘開始時の会話通り、魔王の必殺技「大罪”終焉の光”」に備え、
リトは「聖森の護り」をいつでも発動できるように、TPをある程度温存しながら戦おう
魔王が動き出してからTPをため始めても十分間に合うので、焦らなくて良い。
魔王は全大罪攻撃を使用するので、TPチャージ無効・操り状態を防ぐため、
リトには「贖罪」を必ず装備させておこう
決戦の舞台は、勇者パーティの初期位置両端から、上に延びる道があり、
それぞれ突き当りの石碑前に中ボスが出現する
彼らを魔王との戦闘前に撃破しておかないと、彼等も魔王戦に加わるので、
先に両方の中ボスを倒しておこう
魔王は、シンボルから一定の範囲に近づかないと動き出さない
詳細は、上記折りたたみ内の画像を参照。
レベルや腕に自信があれば、パーティを二手に分け、同時に撃破しても良いが、
解説では、無難に全メンバーで一体ずつ中ボスを倒していく
中ボス戦まで まず、左右どちらかの石碑のボスを目指す

1.開戦時、左に仮面兵×3とベルセルク、右に仮面兵×3と影の従者が出現している
左右共に階段の手前6マス以降に侵入しないよう注意して、彼らを一掃しよう
2. 右か左どちらかに進む
階段の手前6マス以降に侵入すると仮面兵×3、樹影竜が出現する
彼らを撃破するまでは、2番目のフロアとその周囲一マスの空間に侵入しないように注意しよう
3. 2を撃破後、2番目のフロアに侵入すると、中ボスとベルセルク×2、影の従者が出現する
この時進んでいた方向により出現する中ボスが異なる

:ダインスレイヴ…物理攻撃(重刃、ビーストラッシュ、強撃など)主体
その他に暗黒属性・能力低下魔法や即死攻撃も使用する
:クラウ・ソラス…氷・神聖属性魔法と物理攻撃を使用

撃破後、魔王前を通過するか、来た道を戻るかどちらかの方法で反対側へ行き、出現する全ての敵を倒す
魔王前を通過する場合、先に中ボスと戦闘するので、回復を忘れないように
尚、魔王前を通過する際は、魔王から一番離れたマスを通過すること
(詳細は、上記折りたたみ内の画像を参照。ネタバレ注意)
全ての敵を撃破後、魔王行動開始エリアに侵入しよう
すると、セリフ後に魔王が行動を開始する。
魔王戦 ボス:魔王
必殺技「大罪”終焉の光”」(聖森の護り発動以外、敗北)

魔王は全大罪攻撃を使うため、仲間の状態には常に気を配ろう
必殺技の発動前にセリフがあり、その後発動態勢に入るため、
この間にリトの「聖森の護り」を必ず発動しよう
「聖森の護り」発動後、セーブ画面が表示されるので別ファイルにセーブ推奨
画面を閉じると、魔王第二形態戦開始
終焉のアギト戦 ボス:終焉のアギト
必殺技「大罪”終焉の光”」

開戦と同時に、「終焉の光」までのカウントダウンが開始
カウントダウン終了までに「聖森の護り」を発動させる必要がある
尚、残りカウントが1になると、その次のターンに発動態勢に入るため、
カウント1から「終焉の光」発動までは2ターンの猶予がある
リトにはステータス上昇効果が掛かっているが
心配な人は錬気、敏捷、あれば高揚を装備し、「エアリアル」やスイレンの「シルフィード」で加速しておこう
隠しキャラがいれば、「アクセラレーション」も有効
できれば「終焉の光」を防ぐ以外にも、大罪攻撃を軽減するために
「聖森の護り」を切らさないでおきたい
終焉のアギトのHPを削りきるまで、カウントダウンは繰り返される

撃破するとエンディング、ゲームクリア


添付ファイル