STM32開発環境構築 > ドライバのインストール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

STM32用純正デバッガやDiscoveryボードに載っているST-LinkをOpenOCDで使う場合、純正のドライバではなく、ここでは、LibUSBKを使います。
その入手・インストール方法を説明します。

zadigのダウンロード

  • ここから、最新のzadigをダウンロード。OSがXPで最新バージョンにXP用のものがある場合は、それをダウンロードすること。
  • ダウンロードしたファイルは、7z形式で圧縮されているため、7zipなどで適当な場所に解凍する。

zadigでドライバをインストール

  • ST-LinkをUSBケーブルでパソコンに接続。
  • 解凍してできたzadig.exeを起動。
  • ツールバーの[Option]-[List All Devices]をクリック。(ST-Link/V2でこの操作は不要)
zadig_1.jpg
  • プルダウンメニューでデバッガを選択。
    • ST-Link/V1は、リムーバブルディスクとして認識される。
    • ST-Link/V2は、OSにドライバが用意されていないため"STM32 STLINK"という名前の不明なデバイスとして認識される。
    • くれぐれも、間違ったデバイスを選択しないようにしてください。
  • 必要に応じて、デバッガを判別しやすいように、"Edit"にチェックを入れて"STLink_V1"などに名前を変更する。
  • 入れ替えるドライバとしてLibUSBKを選択。
zadig_2.jpg
  • "Replace Driver"を押す。確認ウィンドウが出た場合"OK"を押す。
添付ファイル