STM32開発環境構築 > OpenOCDの入手・動作確認


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

OpenOCDは実行ファイルの形で配布されておらず、普通は自前でビルドしなければいけません。
しかし、ビルドしたものを配布しているところがあるので、そこのOpenOCDを使わせてもらうことにします。
自分でビルドする場合はOpenOCDのビルドを参照してください。
  • freddiechopinダウンロードページから、最新のOpenOCDをダウンロード。
  • ダウンロードした圧縮ファイルを解凍。
  • 解凍した"openocd-0.6.1"フォルダ(バージョンによって名前は変わる)を"C:\stm32\"に移動。
  • 解凍してできたフォルダ名を"openocd"に変更。
    (フォルダ名にバージョン番号があると、バージョンが変わる都度にEclipseの設定を変えなければならないため、バージョン番号を削除し、それを回避する)

動作確認(STM32LD)

端末1つ目で
C:\stm32\openocd\bin-x64\openocd-x64-0.7.0-rc2.exe -s C:/stm32/openocd/scripts -f board/stm32ldiscovery.cfg -f
openocd_myfunc.cfg -c halt_mpu
端末2つ目で
telnet localhost 4444
flash write_image erase hogehoge.hex
reset