STM32開発環境構築 > リンカスクリプトの入手


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

C言語で開発する場合、メモリの使い方をリンカに指示するリンカスクリプトが必要です。
リンカスクリプトは自作することが多いのですが、文法を覚えて自分で記述するのは、
マイコン初心者には難しい作業になります。
そのため、出来上がっているものを他から持ってきて使うことにします。
ここでは、Atollic TrueSTUDIOのプロジェクトで出力されるスクリプトを使います。

TrueSTUDIOのインストール

truestudio_1.jpg
  • License Agreements画面で"I have read all the license agreements and accept the license terms."にチェックをし、"I Accept"ボタンを押す。
truestudio_2.jpg
  • Choose Components画面では書込み器のドライバをインストールするが、ここでは必要ないため、2つのチェックボックスのチェックを外し、"Next"ボタンを押す。
  • Choose Install Location画面では、インストールする場所を設定できるが、ここでは、特に変更せず"Next"ボタンを押す。
  • License Registration画面が表示されると同時に、ユーザ登録サイトがブラウザで表示される。インストーラのcomputer idをユーザ登録サイトのComputer idにコピーし、そのほか必要事項を入力して"Regist"ボタンを押す。
truestudio_3.jpg
  • 登録したメールアドレスに、Installation keyが送られるので、Installation keyをインストーラのテキストボックスにコピー。
  • "Install"ボタンを押してインストールを開始する。
truestudio_1.jpg
  • "File association!"画面でソースコードやプロジェクトファイルとの関連付けが設定できるが、今回はEclipseで開発をするので、関連付けをしないため、2つともチェックを外し、"Next"ボタンを押す。
truestudio_5.jpg
  • インストール完了後、インストーラにいくつか広告が表示されるが、"Next"で進み、インストールを終了する。

TrueSTUDIOでプロジェクトを作成

  • インストールしたTrueSTUDIOを起動する。
  • ワークスペースの場所を指定するウィンドウで、"C:\stm32\truestudio"を指定、"OK"ボタンを押す。
truestudio_9.jpg
  • ツールバーの[File]-[New]-[C Project]を選択。
  • Project nameに適当な名前(使用するボードに合わせて"STM32VLD","STM32LD","STM32F4D"などとする。)を入れ、Project typeは"Embedded C Project"を選択、Toolchainsで"Atollic ARM Tools"を選択し、"Next"ボタンを押す。
truestudio_6.jpg
  • VendorでSTMicroelectronicsを選択し、使用するマイコンに合わせてVendorプルダウンメニューやオプションをを選択し、"Next"ボタンを押す。
    • STM32VLD:Evaluation boad=STM32VL_Discovery、そのほかは変更なし。
    • STM32LD:Evaluation boad=STM32L_Discovery、そのほかは変更なし。
    • STM32F4D:Evaluation boad=STM32F4_Discovery、Floating point=Hardware implementationにする。
truestudio_7.jpg
  • "Finish"ボタンを押し、プロジェクトを作成する。
  • ワークスペースに作成したプロジェクト名のフォルダができて、その中にリンカスクリプト"stm32_flash.ld"(STM32F4Dは"stm32f4_flash.ld")があることを確認する。
    STM32VLDで説明の通り操作した場合は、"C:\stm32\truestudio\STM32VLD"の中にリンカスクリプトがあるはずです。
    このリンカスクリプトをEclipseでの開発で使用する。
truestudio_8.jpg