STM32開発環境構築 > コンパイラのインストール


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最新のSourcery CodeBench Lite Editionを入手

  • Sourcery CodeBench Lite Editionのページここを開く。
  • ARM processorsの"Download the EABI Release"というリンクを開く。
  • 名前・メールアドレス・国を入力し、"Get Lite!"ボタンを押す。
  • 登録したメールアドレスにダウンロード用URLが書いてあるメールが届くので、そのページを開く。
  • 一番上のRecommended Releaseと書いてある項目のバージョンをダウンロード。

Sourcery CodeBench Lite Editionのインストール

  • ダウンロードしたインストーラを起動する。
  • Welcome画面で"Next"ボタンを押す。
sourcery_install_1.jpg
  • Important Information画面で"I accept the terms of the License Agreement"にチェックをし、"Next"ボタンを押す。
sourcery_install_2.jpg
  • 次の画面で"Next"ボタンを押す。
sourcery_install_3.jpg
  • Choose Install Set画面で"Typical"を選択し、"Next"ボタンを押す。
sourcery_install_4.jpg
  • 次の場面でインストール場所を指定できるが、ここでは変更せず(C:\Program Files\CodeSourcery\Sourcery_CodeBench_Lite_for_ARM_EABI)"Next"ボタンを押す。
sourcery_install_5.jpg
  • Add to PATH?画面で"Modify PATH for current user."を選択し、"Next"ボタンを押す。
sourcery_install_6.jpg
  • Choose Shortcut Folder画面ではショートカット作成の指定ができるが、ここでは変更せず、"Next"ボタンを押す。
sourcery_install_7.jpg
  • Pre-Installation Summary画面で"Install"ボタンを押し、インストールを開始する。
sourcery_install_8.jpg
sourcery_install_9.jpg
  • Install Complete画面で"View Getting Started guide?"のチェックボックスを外し、"Next"を押す。
  • 次の画面で"Done"ボタンを押し、インストールを完了する。