Ahara lab. - Meiji University -

Talks: 2012

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

論文

  • 「DyGeom:Mathematica上で動く作図支援パッケージ(1)」京都大学数理解析研究所講究録1780,(2012年3月)pp.52-54(査読なし)
  • 「Escher degree of non-periodic L-tilings by 2 prototiles」FORMA 27 (2012), pp.37-43(Anno Ojiri, Mami Murataとの共著)
  • 「An integral region choice problem on knot projection」JKTR, (to appear)(Masaaki Suzuki との共著)

講演

  • 「DyGeom:Mathematica上で動く作図支援パッケージ」KetPicセミナー,工学院大学新宿キャンパス,2012年1月
  • 「Geogebraによる日本語教材ライブラリ構築へむけて」,数式処理と数学教育,京都大学数理解析研究所,2012年8月
  • 「NIER特定課題調査(論理的な思考)について」,数学教育の会,御茶ノ水女子大学,2012年9月2日
  • 「Escher degree of non-periodic L-tilings by 2 prototiles」タイリング空間のトポロジーとその周辺,京都大学数理解析研究所(尾尻杏乃さんと共同発表)

記事執筆


記事等で紹介されました

  • 「数学的発想から生まれる建築のかたち/建築家・平田晃久氏インタビュー」(数学セミナー2012年7月号)(インタビューに同道しました.)

教科書執筆

「新編数学シリーズ」「高等学校数学シリーズ」数研出版
「考える微分積分」2012年9月(数学書房)
「微分積分ノート術」(東京図書)2012年12月出版予定
「線形代数ノート術」(東京図書)2013年1月出版予定

教員免許更新講座担当

  • 「立体図形」明治大学,8月3日(予定)
  • 「ICT教育とメディアリテラシー」,日本教育大学院大学,8月24日(予定)

市民講演会・出張講義

  • 「平面幾何作図ソフトウエアについて」日本数学会市民講演会、2012年9月、九州大学

対外活動

  • 日本数学会システム運用委員会委員
  • Tokyo Journal of mathematics, 編集委員
  • AMS Math Review, レビュワー
  • Zentralblatt Math, レビュワー