Ahara lab. - Meiji University -

Talks: 2000-2003

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  1. 「ハイプレインについて」 2000.3 東京大学
  2. 「ハイプレインについて」2000.5 京都大学数理解析研究所「変換群の構成」
  3. 「ハイプレインについて」2000.9 大阪市立大学「リーマン面とその周辺」
  4. 「ハイプレインについて」2000.12 京都大学数理解析研究所「双曲空間及び離散群の研究」
  5. 「ハイプレインについて」2002.3 イリノイ大学「ポプリ幾何セミナー」
  6. 「モノミーの退化分裂への応用」 2000.12 東京大学「トポロジーとコンピュータ」
  7. 「モノミーの退化分裂への応用」2001.5 京都大学数理解析研究所「変換群短期共同」
  8. 「モノミーの退化分裂への応用」2001.8/1,2,3 東京大学「サマーセミナー」
  9. 曲面描画ソフト「エレファント」(大場清,山崎雄平両氏と共同発表) 2001.12 奈良女子大学「トポロジーとコンピュータ」
  10. 曲面分裂ソフト「スプリティカ」 2002.9 東京大学「リーマン面に関する幾何」
  11. Hexahedra with spherical faces (荒木義明氏との共同研究) 2002.11 東京工業大学トポロジーセミナー
  12. Hexahedra with spherical faces (荒木義明氏との共同研究)2002.11 奈良女子大学「トポロジーとコンピュータ」
  13. Hexahedra with spherical faces (荒木義明氏との共同研究)2002.12 京都大学「双曲空間とその関連」
  14. Hexahedra with spherical faces (荒木義明氏との共同研究)2003.1 京都大学「フラクタルの数学的諸相」
  15. Sphairahedra and quasi-fuchsian fratals (荒木義明氏との共同研究) 2003.7 Computer Graphics International 2003, TIT, Tokyo
  16. Sphairahedra and quasi-fuchsian fratals (荒木義明氏との共同研究) 2003.5 京都大学「位相変換群論とその広がり」
  17. Sphairahedra and quasi-fuchsian fratals (荒木義明氏との共同研究) 2003.11 山形大学「関数論シンポジウム」
  18. 高村分裂の特異ファイバーに関する実験と予想 2003.5 東京大学「リーマン面に関連する位相幾何学」