本編攻略


試合一覧

相手 相手Lv ドロップ(※は必ず入手とは限らない) 備考
1 プロトコル・オメガ 1 タフネスドリンク,プチサンド フェイがミキシマックス「ティラノ」、天馬が新技「アグレッシブビート」、「ワンダートラップ」を習得。途中で終了する。
プロトコル・オメガ 2 スーパーウォーター,ハイパーフレーバー 天馬が一時的に化身アームドを習得。
2 プロトコル・オメガ 8 F-アルファ 優一のミキシマックスが使用可能になる。
日本代表 9 メガトンドリンク 天馬が化身アームドを使えなくなる。強制的に敗北する。
3 サッカーロボッツ 12 ヒールドリンクS 天馬の化身アームドが復活する。
プロトコル・オメガ2.0 16 摩訶不思議な飲み物,超トンガリフルーツ 必殺タクティクス「3D・リフレクター」、剣城が化身アームドを習得。
4 白鹿組 19 F-シカノツノ,しろしかウェア,しろしかシューズ※,しろしかグローブ※ フォーメーション「F-マモリノジンケイ」、信助が化身アームドを習得。
今川軍 20 F-ベータ,プロトコルウェア,開幕の対戦チケット1 神童がミキシマックス「信長」と化身アームドを習得。
5 プロトコル・オメガ3.0 24 F-ガンマ,プロトコルZウェア,開幕の対戦チケット2 霧野がミキシマックス「ジャンヌ」と化身「戦旗士ブリュンヒルデ」を習得。
6 からくり兵馬俑 27 F-テラコッタ 前半のGKは劉備。
ザナーク・ドメイン 28 白熱の対戦チケット1 必殺タクティクス「奇門遁甲の陣」、信助がミキシマックス「劉備」、雨宮or白竜がミキシマックス「孔明」を習得。同点を迎えて途中で終了する。
7 ザナークドメイン 33 F-ドメイン,ザナークウェア,白熱の対戦チケット2 剣城がミキシマックス「沖田」、錦がミキシマックス「坂本」と化身アームドを習得。
8 パーフェクト・カスケイド 36 エナジーフードL フェイがミキシマックス「ビッグ」と化身「光速闘士ロビン」と化身アームド、トーブがミキシマックス「トーチャン」、雨宮or白竜が化身アームドを習得。同点を迎え途中で終了する。
9 円卓の騎士 37 生命の聖水 勝敗にかかわらず進行する。
パーフェクト・カスケイド 38 F-パーフェクト,カスケイドウェア,激闘の対戦チケット1 黄名子がミキシマックス「ドラゴン」、天馬がミキシマックス「アーサー」を習得。
10 ザン 40 F-ザン,ザンウェア,ザンシューズ※,ザングローブ※ 黄名子が化身アームドを習得。途中フェイが離脱。強制的に敗北する。
ギル 41 F-ギル,ギルウェア,ギルシューズ※,ギルグローブ※ 必殺タクティクス「神のタクトFI」、アルファ・ベータ・ガンマが新技「オメガアタック」を習得。
ガル 42 F-ガル,ガルウェア,ガルシューズ※,ガルグローブ※ ザナークがミキシマックス「クララJ」、霧野、トーブが化身アームドを習得。同点で試合終了。
ザ・ラグーン 45 F-ラグーン,ラグーンウェア,ラグーンシューズ※,ラグーングローブ※ 必殺タクティクス「グランドラスター」、天馬がミキシマックスでの技「最強イレブン波動」を習得。前半を同点で終えないと敗北する。


簡易攻略

比較的難度が高めのもののみ記載

VS白鹿組

+攻略のポイント
  • 火縄バレットやツバメがえし等、終盤でも強めの必殺技を持つ選手が多いが、TPの都合上、乱発はできない。
  • 必殺技を持たない太助たち5人が強制スタメンの上、後半に紅菊が逃走するまでは敵のパワーにプラス補正がかかっておりやや面倒な試合になる。
  通常のブロックはもちろんワンダートラップ等の弱い必殺技でも敵のドリブルは止まらないので注意が必要。
  • 化身状態のキャラをひとり守備専門にあて、守備的MFやセンターバックに置いて動き回らせると良い。
  • 相手の火縄バレットは西園のバーニングキャッチ、ぶっとびパンチではまず止められないので常時化身を出しておこう。
  イベントで化身アームドを発動し、解除された後は相手のTPを見てドローイングするかどうか判断すること。

VS円卓の騎士団

+攻略のポイント
  • 勝っても負けても後の展開は同じなので勝つ必要はない。
  • 勝ちたい場合、正攻法では能力差が圧倒的なので天馬とフェイの2人で頑張る必要がある。
  2人を交互に(ミキシ+)アームドさせて特攻を繰り返し大量点を奪い逃げ切る。ドローイングも当然使う。
  開始早々、ボールが前線の剣城に運ばれる。
  たとえ剣城が化身を出していなくても、マッチョスではまず止められないので、自分の実力では攻め切れなさそうなときは奇問遁甲の陣で止めたほうがいいだろう。

VSギル

+攻略のポイント
  • まず固定メンバーの壊滅的な守備面をどうするかが問題。
  ルジクのラストベガやメカ円堂のブングオーには全幅の信頼は置けないので、MF・DF陣が奮起しないといけない。
  特にタイプ相性上、ザットの爆熱ストームはブングオーでは止められない。
  • スカウトしたキャラでザン戦に出したメンバーはギル戦に出せないので注意。
  ザン戦・ガル戦は1点取るだけでいいためかなり楽なので、強いキャラがいるならこの試合で起用するのがよい。
  • バドのプラズマシャドウDF零式が絶対的な守備の要。
  • 幸い、敵のFWふたりとバカップルの最前線4人(とその化身)はシュート技しか持っていない。
  通常状態であればブロック技のどれかで、化身状態でもプラズマシャドウDFのシャドウガードでほぼ100%食い止められる。
  • 非常に堅い敵GKも厄介で、オメガの3人はこの時点ではミキシできないのでアームドオメガアタックですらキャッチされてしまう可能性が高い。
  • なので点取りは神童にすべてを託す。
  キック&テクニック重視の装備で固め、ミキシ+アームドで敵陣に特攻し皇帝ペンギン3号or刹那ブーストを繰り返す。
  前半25分にイベントが発生し強制失点→前半終了するので、それまでに3得点しておきたい。効率よく動けば4得点も可能。
  装備やレベルが心許ない場合は攻防揃っているザナークに任せるのも可。その場合、バンジースラストのファール率の高さに注意。
  • オメガの3人には得点ではなく後半開始直後のゲージためで活躍してもらう。
  ガンマをアームドさせてオールデリートを連発していれば楽にゲージをMAXにできる。

VSザ・ラグーン

+攻略のポイント
  • ホスが化身使いであるため、確実に点が取れないのであればアドバンスゲージを貯めるミッションはできるだけ早めに終わらせること。
 バージョンアップしていない場合、ホスのヘルズフィストは剣城のシュートでは若干厳しいので、白竜(ネップウでは天馬)にシュートを打たせよう。
  • FWの誰か1人を、前半からアームド&ミキシトランスするのもよいかも。フェイか雨宮がよいか。
  • 後半中盤あたりから、イムスがバテ始める。キックオフ直後にボールを取りに行くと、楽に奪取できる。
  • 後半は天馬が最強イレブン波動をひたすら乱発するのみ。あらかじめ天馬に強力な装備をさせておくこと。
  • 逆転すると天馬のGP・TP無限ボーナスが消えてしまうので、同点のまま試合終了近くまで天馬を敵陣コーナー付近で放置しておく手もある。
  ただ試合終了直前にファールをとられたりすると悲惨なことになるので、逆転後もそのまま攻め続けリードをさらに広げにかかった方が良いだろう。
  • 逆転するまでは時間の経過がものすごく遅いので、いきなり3点差をつけられたからといって焦らないこと。落ち着いていけばあっという間に逆転できる。