「月の下」せつなver./SABI




「暑さ寒さもお彼岸までっていうけど、
イヤー今日は、涼しいを通り越して、寒いくらいだよ」


「そうね、今日はちょっと肌寒いわね」


私とラブはいつもお風呂上がりに、
ベランダに出て、お話している。


話すのは主にラブで、私は聞いていることが多い。
笑顔で話すラブは、本当に楽しそうで、それを見る私も楽しくなる。



私がラビリンスにいた頃は、
こんな風に他人と話したことなんてなかった。
任務に必要な事以外で話すのは全て無駄、そう思っていた。


私自身この世界に来て、
ラブ達が他愛もないことを話しているのを見て、
こんな無駄ばかりならラビリンスに管理されるべき、とさえ思っていたのに。



ラビリンスを思い出したせいか、思考がだんだん暗いほうへと傾く。



私の一番怖いこと。


イースとして死んだ私は、
アカルンの力で生き返ったといっても、この命は仮初のもので、
何かの拍子にまた死んでしまうんじゃないかって。



ラビリンスでは寿命も管理されているという事を知ったラブが、
この世界では、不慮の事故や不治の病にでもならない限り、
あたし達の年齢で死ぬことはないんだよ、
と言ってくれたが、私は信じられない。







イースとして死を迎えたあの日。
雨は私の体温を奪っていった。


そのときできた体の奥の氷は、
いまでも私の体の奥底に潜み、
いまにも溶けだして私の全身を覆うんじゃないか。
そう思うと、体の芯から震えが来る。



震えている私に気付いたのか、


「もう部屋にもどろう」


そう言って、ラブが私の肩に手を回してくる。



あたたかい。
このぬくもりだけが、私を温めてくれるような気がして、離れたくない。


気がつくと、私はラブの手を押さえ、首を振っていた。



「ど、どうしたの?」


様子のおかしい私を心配して、ラブが顔を覗き込んでくる。


私はその問いには答えず、ラブの肩に頭を預ける。



「も・・・・・・、すこしこのままで・・・」


「う、うん・・・分かった」





しばらくそうしていたが、
やっぱり体が冷えてしまっていたのか、
クシュンとくしゃみがでてしまう。



「もう、寒いよ。なかに入ろう」
「うん」



そうは言っても、いつまで経っても顔を上げない私を心配したのか、
ラブは私の顔を自分の方へ向かせ、


「このままがいい?」
「うん」


私は小さく頷く。



「うーん、でもこのままじゃ寒いし」
と唸ったかと思うと、
「じゃあ、こうすれば暖かいよね」


私の両肩に腕を回し、ぎゅっと抱きしめてくる。



顔を上げラブの肩越しに見る月は、私達を見守ってくれている気がした。







ラせ2-26は、ラブ視点