「プリキュア無双 in 坂上家」/Mitchell & Carroll




いちか「それでは師匠、ご教示よろしくお願いいたします!」
あゆみ「うむ!いちかくんは初心者だから、扱いやすいキュアパッションがおすすめかな」
やよい「キュアブラックで、ボコボコ敵をブン殴って爽快さを味わうのもいいかも」
いちか「パッションか、ブラックか……ところでこの“キュアベリー”ってどんなキャラなんですか?」
やよい「それは必殺技が貧弱だから使わないほうがいいよ」
あゆみ「あと、操作性がなんかね」
いちか「そうなんだ……パッションにしよーっと!」
やよい「じゃあまず上行って。ずーっと上」
いちか「うわっ!敵が出てきました!」
あゆみ「連打連打!!」
いちか「おりゃおりゃおりゃー!!」
やよい「やっぱりパッションはカッコイイなー♡(ジュースで水分補給)」
あゆみ「声が良いよね、声が♥(お菓子で糖分補給)」
いちか「師匠!なんか下のゲージみたいなの満タンなんですけど!」
あゆみ「必殺技のチャンスだね!」
やよい「待って!なるべく敵の多い所で!」
いちか「うわははは!パッション様が必殺技をお見舞いしてやるぜー!」
(パッション「プリキュア!ハピネスハリケーーン!!」)
いちか「うわはははは!!」
やよい「ハピネスハリケーンはね、攻撃範囲が広くてとっても使いやすい技なの。って聞いてる?いちかちゃん」
いちか「うわはは……あれ?必殺技が出ないよ!?」
あゆみ「キュアゲージを使っちゃったからだよ。また溜めないと」
(味方「ウェ、ウェ、ウェ、ウェスターだぁ~!!」)
(ウェスター「どけどけどけぇー!!」)
いちか「うわっ!なんかパンダに乗った奴出てきた!」
あゆみ「気をつけて!そいつ攻撃力メチャクチャ強いから!!」
いちか「何ですとぉー!?」
やよい「防御防御!!」
いちか「ぼ、防御!?あわわわ……」
(GAME OVER)
いちか「………」
あゆみ「………」
やよい「……なんか、切ないね」
いちか「クッ……私にもっと力があれば……」
あゆみ「いちかちゃん、それ貸してあげるから、家で極めてきなよ」
いちか「えぇっ?いいの!?」
あゆみ「ほら、攻略本も貸してあげる!」
やよい「よかったね、いちかちゃん!」

~帰宅~
いちか「――お父さん、晩ゴハン冷めちゃってるよ」
源一郎「もうちょっと待ってくれ、いちか。今、ハートキャッチのシナリオ、クリアするから……」

~朝~
いちか「おはよ~、お父さ……ってエェッ!?徹夜でやってたの!!?」
源一郎「見てくれ、いちか!サンシャインの能力値MAX!!」

~坂上家~
源一郎「おじゃまします。僕のキュアサンシャインと対戦して下さい!」
あゆみ「誰!?」


おわり