『利き唇』/Mitchell & Carroll




みらい「第一回 プリキュアオールスターズ チュパチュパ この一口に魔法をかけろ 利き唇~!!」

リコ「挑戦者のベニーギョ選手、意気込みをどうぞ!」

ベニーギョ「ちゃちゃっとGETって感じ?」

モフルン「じゃあさっそく目隠しするモフ~」

なぎさ「(――さて、誰が行く?)」

ほのか「(ここはジャンケンで決めるってのはどう?)」

全員「「「(ジャーンケーン……)」」」

みらい「(あちゃ~、わたしか~)」

ベニーギョ×みらい「「(チュッ)」」

ベニーギョ「(やわらかい……そういやアタシ、キスって初めて……)」

モフルン「目隠し、外すモフ~」

リコ「ベニーギョ、なんか顔が赤くない?」

ベニーギョ「も、元からだよ!!」

みらい「じゃあ、この50人の中から、当ててみて!」


ベニーギョ「この中から当てるとか……ちょっちキビシクない?」

ペコリン「さっきのキスの感触はどうだったペコ?」

ベニーギョ「なんていうか……レモンの味?みたいな」

全員「「「………」」」

のぞみ「ベニーギョさん、もしかして――」

りん「(シッ!のぞみ、シッ!!)」

ベニーギョ「じゃあ、まずはこの子から行ってみる?」

はるか「キャ~♡」

ベニーギョ×はるか「「(プチュ)」」

ベニーギョ「(ああ……この子、ほんわかしてるけど、芯はしっかりしてる……さっきは初めてだったからよくわからなかったけど、キスってこんなに相手の気持ちが伝わってくるんだ……)」

きらら「で、どうなの?」

ベニーギョ「アタシ……魔法にかかっちゃったかも」

トワ「まあ、それは大変ですこと」

ベニーギョ「キスって魔法なんだな、って」

みなみ「何か語ってるわ」

ベニーギョ「でも……アタシがキスしたのは、春野はるかではございません!」

判定「ピンポーン」


ベニーギョ「だんだん分かってきたよ、キスってものが。よし、次はこの子」

ベニーギョ×うらら「「(チュッ)」」

ベニーギョ「(こ、これは……レモンの味!!)」

のぞみ「(恋バナ中)――でね、ファーストキスはレモン味って言うけれど、2回目はメロン味、3回目はサクロなの」

ベニーギョ「(なにっ!?ということは……)アタシがキスしたのは、春日野うららではございません!!」

判定「ピンポーン!」

ベニーギョ「図ったな、小娘!!」

うらら「何がです?」


ベニーギョ「次は……この子かな」

あかね「おっ、ウチ?」

ベニーギョ×あかね「「(ブッチュ)」」

ベニーギョ「違う!」

あかね「早っ!!」

ベニーギョ「アタシがキスしたのは日野あかねではございません!」

判定「ピンポーン」

あかね「何でや!?何ですぐ決断できたんや!!?」

みゆき「あかねちゃんの口はお好み焼きみたいな味がするから……」

やよい「(女の人どうしでキスかぁ~……男の人どうしのはマンガでよく見るけど)」

あゆみ「(女の人どうしでキス……男の人どうしってのはマンガでよく見るけどなぁ~)」

ベニーギョ「さて、次は……」

ラブ「えっ、もしかしてあたし!?」

せつな「(殺気)」

祈里「ひっ!?」

ベニーギョ「……やっぱりやめた。じゃあ、このお団子頭のお嬢ちゃん」

六花「(あ~あ)」

ベニーギョ×ありす「「(チュ)」」

ベニーギョ「!!!!!」

真琴「どうしたの?ガクガク震えてるけど」

ベニーギョ「お、恐れ多い事を……アタシはしてしまった……」

ありす「ベニーギョさんとやら」

ベニーギョ「はっ、はいっ!!」

ありす「 わ た し の 足 に 口 づ け な さ い 。」

ベニーギョ×ありす(足)「「(ちゅ)」」

響「えぇ~、スゴい世界……」

六花「これくらいで済んで良かったわよ。ホントだったら足の指の間まで舐めさせられてるところよ」

ベニーギョ「……ア、アタシがキス“させていただいた”のは、四葉ありす様ではございません」

判定「ピンポーン」


ベニーギョ「(何だったんだ今のは……おっ、こんな清楚な感じの子と、キスなんかしていいっての?」

ベニーギョ×舞「「(チュッ)」」

ベニーギョ「(!!!し、舌が……)」

咲「ベニイモさんがヒザから崩れ落ちた!?」

ひかり「そして、産まれたての仔馬のようになってます!!」

亜久里「さあ、立ち上がるのです!!」

エレン「頑張って!もう少しよ!!」

ベニーギョ「ア、アア……アタシがキスしたのは、美翔舞ではございません!!」

判定「ピンポーン!」

マナ「お見事ー!!」


ベニーギョ「(あんな清楚な子が……しかし、なんか自分もやりたくなってきたよ)よし!この子で」

ベニーギョ×あおい「「(ブッチュ)」」

ベニーギョ「(舌に何か当たるな……八重歯か?だが、それが気持ちイイ……)」

あおい「(コイツ……)」

ベニーギョ「――ふぅ。アタシがキスしたのは、立神あおいではございません!」

判定「ピンポーン!」

あおい「あの女、舌入れてきやがった」

ひまり「えぇ~~~っ!!?」

ゆかり「まあ、耳まで真っ赤にしちゃって♥」

あきら「科学では、こういう事は説明できないからな」


ことは「(チラチラ)」

ベニーギョ「(なんだろう、懐かしい何かを感じる……)」

ベニーギョ×ことは「「(ブチュッ)」」

ベニーギョ「(優しい……伝わってくる……アタシを包み込んでくれてる……この子の愛が、温もりが……ああ……)」

いちか「ベニーギョさん……泣いてる……」

ベニーギョ「……決めた。この子だ。悔いは無いよ。アタシがキスしたのは、花海ことはです!!」

判定「ブーーー!!(ダダ~ン♪)」

みらい「残念でした~!ベニーギョさん、罰ゲーム!!」

えりか「罰ゲームは“すっぴんお披露目”~★」

ベニーギョ「はぁ!!?」

奏「あ~、これは勇気いるわね~」

ベニーギョ「冗談じゃないし!!」

アコ「観念しなさい。いい大人が見苦しいわよ」

ゆり「おとなしく罰を受けるのよ(羽交い絞め)」

ベニーギョ「や、やめろ!!」

いつき「(羽交い絞め)よしっ、ことはちゃん、今だ!」

ベニーギョ「やめてくれ!!!」

ことは「キュアップ・ラパパ!ベニーギョさんの顔のメイク、落ちろ~!!」

美希「(――えっ、魔法で落とすの!?あたしせっかくメイク落とし持って来たのに!!)」

ベニーギョ「………」

全員「「「………」」」

ゆうこ「……かわいい!!」

きらら「へぇ~!」

ひめ「ぜんぜん可愛いじゃん!」

つぼみ「キレイです~!」

ベニーギョ「そ、そんなこと無い……」

こまち「だいぶ塩よ……しおらしくなりましたわね」

かれん「メイクで勝気な女性を演出していたけど、素に戻ったってわけね」

くるみ「メイクは魔法、よね!」

めぐみ「うんうん☆」

いおな「(メイク……あたしもお姉ちゃんみたいな素敵な女性になる為に、もっと勉強しないと!)」

なお「よかったね、れいか。唇奪われなくて」

れいか「ええ。初めては、結婚式の日に教会でなおと、と決めていましたから」



END