Echo, Back and Forth 5.Present




 抵抗もむなしく、キュアエコーたちは囚われてしまった。
 それはやはり、ソルシエールが生み出すコピーが、プリキュアたちが戦ってきた幹部や「ラスボス」のものだったからである。下っ端のスナッキーやウザイナー程度であればどうと言うこともなかったはずだが、意思を持たないコピーではあっても強敵だった。
 どういう作用が働いているのかわからないが、この檻の中ではプリキュアの光の力は無効になってしまうようだった。さほど太くはない柵も、それほど大きくない錠前もびくともしなかった。
「外から壊してもらうしかない、ということですか」
「残ったのは、キュアミラクルとキュアマジカルだけか…」
「妖精は…アロマとパフ」
「あとは、ルルン」
「無事だといいんだけど…」
(ソルシエール…。
 ソルシエール…)
 キュエアコーは目を閉じた。
(ソルシエール。
 わたしの声が聞こえますか、ソルシエール…)
 答えはない。届いた、という手ごたえもない。
(どうして)
 最初にあの歌を聞いたのはキュアエコーだった。つまり、ソルシエールの思いは、キュアエコーに届いていた。なぜ、今、それが聞こえない?
 あの歌が流れ、少女の幻が見える以上、ソルシエールは心を閉ざしてはいない筈だ。だのになぜ、エコーの声がソルシエールに届かないのだ。
(立派なプリキュア…)
 キュアマジカルの言葉がよみがえる。それはキュアエコーの胸をチクチクと刺し続けていた。
 元より、自分が立派なプリキュアだなどとは思っていない。だが、何度か大事な友達の力になれた、と感じられたことはある。「思いを届けるプリキュア」として役に立てたことがある。
 だが、今回はその兆しが無い。思いが届かない。
(ソルシエール…!
 お願い、私の声を聴いて。あなたの声を聴かせて!)
 だめだ。逆に、様子を見守っている仲間たちのかすかな息遣いがこだまして耳鳴りのように響く。キュアエコーは力の感じられない目を上げると首を振った。
「焦らないで、エコー」
 キュアムーンライトの優しい声が逆にプレッシャーとなる。キュアエコーはもう一度、深呼吸をした。
(ソルシエール!)
 なぜ。
「エコー、座って」
「いえ」
「楽にして。顔色が悪いわ」
 キュアアクアが言うと、プリキュアたちは狭い牢獄の中で場所を詰め、空間を作った。
「すみません」
「無理し過ぎよ。この牢は私たちの光の力を弱める作用があるみたいだから」
「…」
 そのせいだ、と考える根拠がキュアエコーにはなかった。
(だめだ)
「え、どうしたの?」
「だめです…私」
「エコー…」
「私の思いは、ソルシエールには届かないんです!」
「落ち着いて。この牢は」
「できません!」
「泣き言いってんじゃねぇ!」
 隣の牢から声がした。グレルだった。
「思いを届けられないんだったら、何ができるって言うんだよ!」
「グレル…」
「キュアエコーには、ほかにできることはないだろうが!」
「ちょっとあんた、いくらエコーのパートナーだからって」
 キュアブラックが反論したが、グレルの口は止まらなかった。
「ブラックみたいにパワーはないし、ホワイトみたいに物知りじゃない。
 ブルームやイーグレットみたいに空も飛べない。
 ほかに何ができるか言ってみろよ!」
 さすがに、同じ牢に閉じ込められている妖精たちが止めた。だが、エンエンが後を継いだ。
「あゆみは、あきらめなかったんでしょ?
 あきらめなかったから、キュアエコーになって、フーちゃんとお話ができたんでしょ?
 今度はあきらめるの? だめだよ、あゆみ!」
 キュアエコーの周りに金色の花びらがこぼれた。
「フーちゃん…」
〈あゆみはだめじゃない。フーちゃんは知ってる〉
「キュアマジカルだって傷だらけになっても頑張ってるんだよ」
「先輩のキュアエコーがそんな情けないこと言ってどするんだよ!」
 キュアマジカル。その名前が頭に浮かんだとき。
〈考えてみて〉
「え…」
 キュアエコーの目が焦点を失ったように見え、キュアハッピーたちは顔を見合わせた。そうではない。キュアエコーは、ふいに飛び込んできた声に集中していた。
「これは…マジカル」
「聞こえるのか?」
 グレルがまた怒鳴った。
「うん。
 マジカルはミラクルと会えたみたい」
 やった、と声が上がる。キュアマーメイドが、しっ、と口に指をあてる。どうやら、キュアマジカルやキュアミラクルとのコンタクトに成功したらしい。キュアエコーの邪魔をしてはならない。
〈あなたに…あなたに…〉
 はっきり聞こえる。一体、何が起こったのだ。キュアエコーは混乱したまま、二人の声に耳を澄ましていた。
(そうか…これは、私たちがプリキュアだから)
 以前からプリキュア同士で、声を介さない意志の疎通は可能だった。多くは、なんとなくそんな感じがする、という程度で、明確に言葉の形で認識できるのはキュアエコーだけだったが、それはこれまでにもあったことだ。その鋭さの違いが、プリキュアの力を奪う牢の中で現れたに過ぎない。
 今まで聞こえなかったのは、キュアミラクルとキュアマジカルがばらばらだったからだ。再会した二人は、今までよりも強く結びついている。それで、二人の声が聞こえるようになったのだ。
 つまり、これは当然の結果である。キュアエコーが立ち直ったのでも、未知の力が覚醒したのでもなかった。だが、これはいい知らせだ。キュアミラクルとキュアマジカルが耳にするソルシエールの声が聞こえる。
〈だから…それは…〉
 キュアミラクル、キュアマジカルとの「同調」状態はどんどんよくなっている。今では息遣いも聞こえるほどだ。そして、それに乗って来る、ソルシエールの「思い」。
〈闇の中も怖がらずに
 安らかな夢見られたのはなぜ?〉
 究極の魔法の奥義を教えて欲しい、という願いに子守歌で答える魔法つかい。ソルシエールは困惑し、戸惑い、子ども扱いされていると考えて落胆していた。それは、怒りでも憤りでもない。
 つまり。
〈あなたは、先生に会いたいのでしょう!?〉
〈なんだ、貴様は〉
 つながった。
〈あなたは亡くなった先生にもう一度会いたいと考えている〉
〈つまらぬことを〉
〈プリキュアの涙を使った魔法があれば、もっとすごいことができるはず。きっと、究極の魔法の秘密も解明できるわ。
 それなのにあなたは先生を蘇らせることを考えている。それは〉
〈やめろ!〉
〈あなたは、大好きな先生にもう一度、会いたいと思っているのよ〉
〈やめ――〉
 ソルシエールの声が途切れた。キュアミラクルやキュアマジカルの声も聞こえなくなり、キュアエコーは再びそこに崩れ落ちた。
「エコー!」
「エコー、どうしたんだ。大丈夫か!
「あゆみ。あゆみ!」
 わかった。
 ソルシエールの声が聞こえなくなる直前、彼女の心のひだに触れた。それでわかったことがある。
(ソルシエールは、意思が強い人ではないんだ)
 それで色々なことの説明がつく。
 プリキュアが恐れている者のコピーを作り出すほどの力がある。では、幼いころの不安を制御できているかと言えば、できていない。あの歌は、彼女の心から漏れたものだ。それがキュアエコーに届き、この世界に来てからは、プリキュア皆に聞こえるようになった。
 今も、キュアエコーは無理やりに彼女の心をこじ開けたのではない。自信を失っているはずの自分が言うことではないが、ソルシエールとのコンタクトは簡単だった。彼女は、心を閉ざし続けるほどの強さも持っていない。
 一方で、すべてのプリキュアが捕えられているという事実。
 このことは、一つの仮説を導き出す。
 ソルシエールは誰かに利用されている。
「みんな、聞いて」

「いただきましたよ、プリキュアの涙」
 トラウーマが本性を現した。
 本来の目的は封印された能力を解放することだった。そのために、ソルシエールの魔法を利用したのだった。
 自らの封印を解いたトラウーマは屋敷と一体となって、巨大な姿に変わり、世界を闇に閉ざそうとする。
 だが、この世界にはまだ光があった。ミラクルライトが、捕らわれていたプリキュアたちを牢から解き放つ。

「それじゃ行くよ、みんな!」
 そうだ。
 キュアエコーにできることがある。
「グレル、エンエン、フーちゃん」
「どうした」
「私、ソルシエールのために戦う」
 かつて、世界をリセットしてしまいそうになった。弱い心が犯す過ちの恐ろしさを知っている。
 今、その罪を償い、次の一歩を踏み出そうとしている少女がいる。キュアエコーは、その手助けをしなければならない。それこそが、キュアエコーのもう一つの役割。
「トラウーマに騙されていたことに気づいた、その気持ちをみんなに届けたい。
 ソルシエールの胸にあるみんなへの謝罪の気持ちを届けたい」
〈あゆみ…〉
「僕たちも一緒だよ」
「キュアエコー、復活だ!」
「うん。
 まず、この闇を払おう!」
 キュアエコーは地面を蹴った。