『隣り合わせのパズルのピース』/夏希◆JIBDaXNP.g




 初めて会った時に感じたの。
 ああ、あたしはこの娘を好きになるなって。


 占いをしてくれた時は無表情だったね。
 キレイだな、笑った顔も見たいなって思ったんだ。


 街で再会した時は、凄く嬉しくて抱きついちゃった。
 なんでこんなに嬉しいのか、あたし自身よくわからない。


 綺麗だから?
 そうかもしれない。
 でも、それなら美希たんも負けてないよね。


 吸い込まれるんだ。どこか寂しそうな瞳に。
 でもね、ほんとだよ。絶対同情じゃないよ。
 一緒にいるだけでね、あたしが幸せなんだ。


 儚い笑みが好きだけど寂しい。
 柔らかい声が心地よくて愛しい。
 可愛らしい仕草が、見てるだけで微笑ましい。
 上品な佇まいが、あたしの心をそわそわさせる。


 あたしはせつなが好き。
 それが、どんな好きなのかよくわからないよ。
 ただ、ずっと、ずっと一緒に居たいって思ったんだ。


「それでね、由美ったら可笑しいんだよ」


 あたしの話を(し~)と指を立ててせつなが遮った。


「シフォンが眠ったわ。今夜ももう遅いし、私たちも寝ましょう」


 食事が済んで、歯を磨いて、お風呂に入って、勉強を見てもらって。
 その後はずっと眠くなるまでお話するんだ。


 一緒に起きて、ご飯も学校も、ダンスもプリキュアも何もかも一緒。
 離れてる時間なんてほとんど無いくらい。


 飽きないのかって?
 とんでもないよ、全然足りないんだ。


 せつなはね、不思議なんだよ。
 一緒に居ることが凄く自然で、居心地がいいの。


 隣り合わせのパズルのピースみたいにね。
 あたしにぴったり合って安心できるんだ。


 あたしだって一人になりたい時はあるよ。
 でも、そんな時こそせつなには側にいて欲しい。


 せつなが居ない方がいいなんて思うこと。
 それだけは想像することも出来ないよ。


「おやすみなさい。ラブ」


 せつなが部屋に戻った。少し寂しい。
 でも明日にはまた会える。そんな毎日があたしの宝物。


「おやすみ、せつな」


 明日も一緒に、幸せゲットしようね。