140文字SS:フレッシュプリキュア!【28】


1.ラブせつで「ほんの一瞬、シフォンが羨ましいと思った……」/一六◆6/pMjwqUTk


「シフォンも食べる?カオルちゃんのドーナツ」
「キュア~!」
「ほらほら、口の周りに付いたでしょ、もう」

大喜びのシフォンに優しく微笑んで、
ラブがそのほっぺに付いたカケラを自分の口に運んだ。

「せつな?どうかした?」
「なっ、何でもないわ」

何だか顔が熱いのは、きっと五月の強い日差しのせい。