夢のかたち 2話 ケーキ作り




あぐり「こ こんにちは」

ラッキースプーン 少し緊張した様子で挨拶をするあぐり

レジーナ「やっほー♪ 奏 久しぶり~♪」

レジーナはいつものテンションで堂々と入って行きます。

奏「こんにちは あぐりちゃん♪ 」

響「レジーナも来たんだ」

レジーナ「可愛い妹の付き添いでね(笑)」

あぐり「ケーキが食べたいだけのくせに」

レジーナ「何よ~」

店頭で早速喧嘩を始める二人

響「二人とも落ち着いて」

止めようとする響。保護者的人物がいないせいで 止められません。

と、そこに・・・

アコ「ちょっと!そんなとこで喧嘩されたら邪魔なんだけど」

レジーナ「な、何よ 何か文句ある訳 」

アコ「だから あなた達が入り口を塞いでて 邪魔だって言ってるの! 喧嘩なら他所でやってくれる?」

レジーナ「むぅ~」

あぐり「す、すいません><」

アコに冷たい目で睨まれて流石のレジーナもたじろぎます。あぐりは少しびびっていました。

響「流石 アコ・・・ 強い」

レジーナも黙らせるアコに苦笑いな響

奏「そうね(苦笑) それじゃあ 早速始めましょうか♪」

あぐり「は、はい!」

レジーナ「わたしも ケーキ作る~♪」

あぐり「レジーナ!!これは遊びではないのですよ!!」

レジーナ「何よ いいじゃん ケチ!!」

あぐり「ケチとはなんですか!!いいですか 私は真面目にですね」

レジーナ「あ~もう うるさいわねぇ」

また喧嘩が始まります

アコ「・・・」ぎろ

あぐり「ひっ!」

レジーナ「><」

しかし アコに一睨みされて二人とも黙ります。

響「やれやれ・・・」

エレン「随分と賑やかね」

ハミィ「あぐりとレジーナは響と奏みたいニャ~(笑)」

アコ「そうね 人目を気にせず喧嘩するとことか そっくり」

響 奏「それどういう意味!!」

ハミィ「ハモったニャ♪」

そこにやって来たエレンとハミィ。アコに指摘されて響と奏は揃って突っ込みます。

レジーナ「ねぇ ねぇ 早くケーキ作ろうよ~」

あぐり「だから あなたは・・・」

響「そうだ!みんなで作ろうよ♪そのほうが楽しいし♪♪」

奏「そうね!みんなで作ったほうがもっと美味しくなるし いい考えだわ 流石は響♪」

レジーナ「わ~い♪♪」

あぐり「え・・・ ちょっと それじゃあ 話が違・・・」

響「いいから いいから♪ そうだ!アコもエレンも一緒に作ろうよ♪」

突然の提案に戸惑うあぐり。そんなあぐりを無視して話は進んでいきます。

エレン「うわあ~ 楽しみね アコ♪」

アコ「わたしは 別に・・・」

エレン「え~><」

あぐり「・・・」オロオロ(困惑中)

アコ「・・・・・・ 興味なんかないけど エレンだけじゃ心配だから 参加するわ 」

奏「決まりね♪」

こうして あぐりが戸惑う中 ケーキ作りが始まるのでした。

奏 「すごい あぐりちゃん上手ね♪」

あぐり「そ、それ程でもありませんわ><」

奏に褒められて少し照れるあぐり。

奏「それに比べて・・・」

響「何よ~ 大事なのは気持ちなんだからね!!」

奏「はいはい(笑)」

ハミィ「しょっぱいニャ~><」

エレン「ちょっと!ハミィ 勝手につまみ食いしないでよ! ほんとにしょっぱい><」

ハミィ「セイレーン 砂糖と塩間違えてるニャ~><」

奏「あらあら(苦笑)」

あぐり「た、大変そうですわね・・・」

ケーキ作りに悪戦苦闘中の響達。あぐりと奏は苦笑いして見ていました。

レジーナ「・・・」そろ~り

バシッ!!

レジーナ「いったあ!! なにするのよ><」

あぐり「それはこちらの台詞です!お行儀が悪いですよ レジーナ!!」

こっそりつまみ食いしようとしたレジーナの手をひっぱたくあぐり。レジーナは手を擦りながら涙目で言います。

レジーナ「美味しいかどうか味見してあげようと思ったんじゃない 酷いわねぇ」

あぐり「そんな事言って ただつまみ食いしようとしただけでしょう? 全く・・・油断もすきもありません」

レジーナ「何よ あぐりのケチ!!」

アコ「あんた達も飽きないわねぇ・・・」

あぐり「す、すいません」

レジーナ「また馬鹿にされたー><」

二人の喧嘩にアコは呆れた様子で言いました。

あぐり「うわ~ アコさんも 上手ですね♪」

アコ「別に・・・ たいしたことないけど」

アコのケーキを見て褒めるあぐり。しかし、アコはそっけなく返します。

あぐり「そ、そうですか・・・」

またびびるあぐり。あぐりはアコの事が
少し苦手なようです。

レジーナ「ねえ ねえ ちょっと食べてもいい♪」

あぐり「レジーナ!もう少し 我慢しなさい!!」

レジーナ「まてない」

あぐり「待ちなさい!!」

レジーナ「無理!!!」

あぐり「駄目です!!!!」

アコ「一つくらいならいいわよ」

レジーナ「ラッキー♪」

アコにケーキを貰って嬉しそうなレジーナ

あぐり「レジーナ! ・・・ すみません 我が儘で><」

慌てて謝るあぐり

アコ「別に 大丈夫よ。あなたも大変ね 」

あぐり「まったくです・・・」

呑気にケーキを頬張るレジーナをあぐりは怨めしそうに見ました。