「Friendful party(フレンドフル・パーティ)」1




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「あなたの最高の友だちは?」と質問されたら、もちろん「愛乃めぐみ!」と答える。
 だから、ふと悩みたくもなる。
 もし質問が「めぐみの最高の友だちは?」だったらどうか。
 今は自信をもって「自分だ」と言える。
 けれど、これから先はどうだろうか?
 ずっと先の未来、めぐみの最高の友だちは、自分なのだろうか?

 内側からアクティブな輝きを放っている彼女を思うと、漠然とした不安を感じる。どんどん先に進んでいくめぐみに、いつのまにか置いていかれてしまいそうな気になる。
 物質的な距離の問題ではなくて、二人を結ぶ心の距離感。
 自分の未来をうまく想像できなくて、ついネガティブな気持ちに捕らわれてしまう。
 部屋の隅っこ。
 子供の背丈ほどもある大きなニワトリのぬいぐるみ、そのちょうど首にあたる部分をギュウウウと絞め落とすみたいに抱きしめながら、ずっと座り込んで考えていた。

 どうすれば、いつまでもめぐみと隣同士でいられるのかな……?


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 全身が心地よく温まる。
 小粒のダイヤモンドを散りばめたような星空の下、白雪ひめは温泉に浸かりながら「う~~ん」と両手を高く伸ばした。
 中学二年生……といっても、どこか幼げな感じがする。発育速度の関係で、女の子の体付きを彩るふくらみが小学生並みに未成長なのと、子供っぽいところが抜けない性格のせいだろう。
 本名は、ヒメルダ・ウインドウ・キュアクイーン・オブ・ザ・ブルースカイ。
 ブルースカイ王国の王女であるが、国を離れて暮らしているうちに、庶民生活にすっかり馴染んでしまっている。
 ボリュームのあるロングヘアは、今は丁寧に巻いたタオルのターバンで包み上げられているが、普段は背中でフワッと大きく広がり、サイドも両肩の前まで流れている。いつ何時、白馬に乗った王子様がプロポーズしてくるか分からないので、常に髪の手入れはおこたらない。
 可愛らしく整った顔立ちは、明るく笑えば誰もが目を惹かれる。いずれは大人の女性としての麗しさを得るとはいえ、まだまだ当分は無邪気な蕾。
 ――― そんな表情が、大きな一仕事を終えて完全に緩みきっている。
 隣で湯に浸かる少女が微笑みを浮かべたのは、それがチラリと視界に入ったせいだ。
「本当に今日は大変でしたわね、ヒメルダ」
 肩の下まで湯に浸かる姿すらも優雅。
 ひめよりも年齢は一つ下の中学一年生。しかし、第二次性徴はひめ以上にはっきりと身体に現れており、雪めいた白い肌に包まれたプロポーションは、すでに女性らしさを匂わせている。
 紅城トワ。
 ホープキングダムの王女であり、本名はプリンセス・ホープ・ディライト・トワ。
 つややかで美しい髪を縦ロールにして、ふんわりと量感を持たせている。お姫様らしいエレガントな雰囲気を振り撒く髪型だ。入浴時に際して、ひめと同じくタオルで作ったターバンに収めたために、いつもは髪に隠れている真っ白なうなじが覗いていた。
 ……湯気に濡れて、ほんのりと色香をにじます綺麗な首筋だが、ひめはそれを特に気にする様子もなく、弛緩した声で返事する。
「わたしのことは、ひめでいいよぉ~。本名よりも、この名前のほうで呼ばれ慣れてるしぃ~」
「では、ひめ」
 切れ長だが、おっとりと目尻が下がった双眸を優しくひめへと向ける。
 トワと視線を合わせたひめが、「はぁっ」と溜め息をひとつこぼしてみせた。
「毎年この時期になると、年中行事の感覚で世界のピンチが来るんだよねぇ。全く面倒ですぞ」
「いいではありませんか。時期が分かっているからこそ、今回はあらかじめ全てのプリキュアが集まって、万全の状態で対応できたのですから」
 露天の温泉を楽しみつつ、平和な夜空を見上げるトワ。
 他のプリキュアと妖精たちは、ホテルの中で、ノリと勢いに任せた祝賀会の真っ最中だ。さらにプリキュアではないが、繋がりの深い一部の関係者も乱入 ――― もとい招待されて大いに盛り上がっている。
(皆の楽しそうな笑顔、あれこそがプリキュアの勲章なのかもしれませんね)
 女子によるメンズファッションコンテストに続いて開催された、男性陣によるレディースファッションコンテスト。
 セクシー路線に打って出たバスドラのせいで崩壊した会場の雰囲気を、捨て身で盛り返したサウラーの献身。赤い薔薇をイメージしたイブニングドレスを見事に着こなすも、鏡に映る自分の姿に心を奪われすぎて、コンテストへの出場を忘れてしまったシャット。女の子なのに、なぜかこちらに出場してイキイキとしていた明堂院いつき。少年の姿に変身するやいなや女子に群がられ、現在もなお皆の着せ替え人形と化しているラケル……。

 二人で抜け出してきた会場の賑やかさをしみじみと思い出しつつ、そっと隣へ視線を戻す。さきほどのトワのまなざしを追ったのか、ひめもまた夜空を見上げて、しあわせそうな微笑みを表情に乗せていた。
(ふふふっ)
 胸のうちで鈴のような笑い声を転がし、ひめと一緒に夜空を ――― 。
 だが、ザパン!ザパン!と退屈そうに湯を蹴り上げる音がトワの気分を乱す。
 ……ひめの仕業ではない。
 勝手に二人についてきた三人目の少女が不満そうな声を上げる。
「あーあ、ヒマヒマ…、ねえ、さっさとマナを捜そうよぉ」
「行きません。そもそも、わたくしとひめは、マナを捜すためにここに来たのではありません」
 トワがきっぱりと断るが、三人目の少女はマイペースを崩さずしゃべり続ける。
「知ってる。あそこじゃ落ち着いて話が出来ないから、二人でここに来たんでしょ。
 ――― だからそれが終わったら、六花にさらわれたマナを、あたしと一緒に捜してよ」

 ひめとトワが、「何故そうなるの?」とでも言いたげな表情で顔を見合わせた。
 そんな二人を、逆にキョトンと青い瞳で見返す少女 ――― レジーナ。

 誰もが愛くるしい印象を抱く容貌と、思春期の女子の魅力を輝かせたような肢体。
 胸や尻のふくらみ具合は、まだわずか。しかし、それがカラダに描く絶妙な曲線は、少女としての可愛らしさを最大限に主張しており、決してマイナスな評価にはならない。
 澄みきった碧眼は、まるで宝石。彼女の気分次第で光り方は、キュートに、不機嫌に、いじらしく、とコロコロ変わる。今は大好きなマナがいなくて退屈そう。
「……で、なんだっけ? ひめがトワに相談したい事って」
 こちらの用事は早く終わらせて、マナを捜しに行きたいのだろう。あまり興味が無いらしく、それが声にハッキリと現れている。ひめは苦手なオカズが食卓に並んだ時みたいな表情になった。
(ホント、この子何なの、ハァ…)
 と、心の中で溜め息をつく。
 でも……と思い直す。
 複雑な事情があるが、レジーナはトランプ共和国の前身であるトランプ王国国王の娘。つまりは王女的な存在。聞くに値する意見をくれるかもしれない…………あ、やっぱ駄目だ。
 湯の表面にだらしなく広がるレジーナの金髪。ひと筋ひと筋が純金のツヤを見せるストレートのロングヘアは、さわらせてもらいたくなるほど綺麗なのに、扱いはぞんざい。温泉に浸かる前に、ひめがせめてアップにしてあげようとしたのだけれど、「面倒くさーい」「あとでマナに乾かしてもらうからいいも~ん」と、そのまま湯にジャポン。
(うーむ、女の子の命でもある髪を大切に扱わないような子は頼りに出来ませんぞ)
 心の中で、むむむっ…とうなるひめ。
 ひょいっ、とトワの背中からレジーナが顔を覗かせてきた。
「あ、もしかしてブルースカイ王国とホープキングダムで軍事同盟とか結んじゃうって話? 面白そう! トランプ共和国も交ぜて~~」
 青い瞳が急にウキウキとした輝きを帯びた。まるで、じゃれつく相手を見つけた子犬みたいに。

「ちが…」
「違いますっ」
 ひめの声に被さるように、トワの言葉が否定。そして、肩越しにレジーナのほうを振り返りながら、微かなトゲを含んだ声で続ける。
「そもそも、あなたは今のトランプ共和国とは特に関係ないではありませんか」
「んー、そうだけど…、でもパパの人脈や人望はまだ生きてるし、それ使って一年ほどで共和国の要職に着いて…、それから早くて半年ほどで権力の中枢に食い込んで ――― 三年ほど待ってくれたら、共和国全部を完全にあたしのモノに出来るけど?」
「レジーナなら本気でやっちゃいそうでコワいよ……。わたしがトワに相談しようと思ったのは、そういうコトじゃなくて ――― 」
 仕方なく、ひめが話の流れを修正に掛かる。
 自分が思い悩んでいた事について簡単に説明。…………簡単すぎて言葉が幾分足りてない部分もあったが、トワもレジーナもうまく補ってくれる。
「将来、めぐみに『最高の友』として誇ってもらえるような素晴らしい人物になるにはどうしたらいいか、と。そういうことですの?」
「つまり、王女の仕事をこなす傍ら、めぐみに胸を張れるような副業もやってみたいんだ?」
 二人とも理解が早くて助かる。
 ひめがフンフンとうなずいて、「でね…」と話を続けた。
「せっかくだから同じ王女のトワから何かいいアドバイスがもらえないかな~って思ったの。
 ……あの~、トワ、聞いてる?」
「聞いてますわ」
 後ろからじゃれつこうとしてくるレジーナの両手を何度も払いながら、視線で続きを促すトワ。
 レジーナのほうは、すでに興味がひめの話からトワへと移ってしまっているようだ。
「わぁ、トワの肌って柔らかくてスベスベ~~」
「ちょ…、ちょっとレジーナっ、どこをさわって……っ」
「あの~、わたしの話……」