幸せは、赤き瞳の中に


レス番号 作品タイトル 作者 備考
第1話 第1話:幸福な食卓 一六◆6/pMjwqUTk ラビリンスに笑顔と幸せを。ただ一つの夢が、こんなにも遠いなんて思わなかった。ある事件をきっかけに再結成されたクローバー。懐かしい町と大切な仲間との再会。だけどせつなの表情は晴れなくて……。彼女の戦いは、いまだ終わっていない。
第2話 第2話:二兎を追う者 一六◆6/pMjwqUTk イースとして奪ってきたもの。パッションとして守ってきたもの。せつなとして――与えられてきたもの? 自ら望むには尊くて、人に伝えるには難しくて……。追いかけるほどに、逃げていく。だからせつなは走る。今は――ゴールは見えなくとも。
第3話 第3話:ネクストと呼ばれた少女 一六◆6/pMjwqUTk 陽が昇るのは、どこかで陽が沈むからだとサウラーが言っていた。ウエスターはふとそんなことを思い出す。立つ場所によって景色の見え方は違うもの。「争いの原因など、今のラビリンスには無数に存在する」喧嘩の原因を追究する彼に向かって、少女はそう吐き捨てた。それを生み出したのが、お前達ではないのかと――。
第4話 第4話:再会 一六◆6/pMjwqUTk 様々な人々が手を取り合い、共に生きること。そこから生まれる「幸せ」が、自分を救ってくれた。だからみんなにも伝えたかった。だけど変化に戸惑う者や、望まない者や、反発する者も現れて。どうしてわかってくれないの? そんな自分もかつては、わかろうとしない者であった。閉ざされた扉からは、風は吹き込まない。
第5話 第5話:届かない声 一六◆6/pMjwqUTk 「きっと、今からでもやり直せるよ」って、そう信じて応援してきた。大切な親友の、せつなの、現在と未来を。だって、過去は変えられないもの。そうやって目をそらしてきたんだ。現在も未来も、過去の上に築かれるのだということから。だから、今度はしっかりと向き合おう。同じ目をした少女の心と傷に――。
第6話 第6話:不幸の襲来 一六◆6/pMjwqUTk ひとつひとつ、やり直してきたつもりだった。思うようにいかなくたって、精一杯頑張ればいつか乗り越えられると信じて。半身、否、全身よりも大切な親友が連れ去られた。犯人は後輩にあたる一人の少女。不協和音がもたらす振動は、まるでドミノのように積み上げてきたものを崩していく。そんな中、せつなの取った決断は――。
第7話 第7話:瞳の中の炎 一六◆6/pMjwqUTk 少女に招かれ、アジトに足を踏み入れるラブ。そこで知る、彼女の思いと、親友の過去。ちゃんと伝えたい、わかってもらいたい――でも、正しいだけじゃ、届かない。同じ重さを持って、向き合えない。積み上げた研鑚と、命を賭けた、人生すらも投げ打った、大きな大きな想いには。焦るラブを余所に、事態は大きく進行していた。
第8話 第8話:全力の想い 一六◆6/pMjwqUTk あたし……どうしてラビリンスと戦ったんだろう? プリキュアになれば勝てると思ったから? たまたま選ばれたから? 違うっ! 救いたい人がいたから、ピルンが力を貸してくれたんだ。ここにピルンはいないけど、守りたいものはちゃんとある。だったら諦めない。みんなの幸せも、せつなの幸せも。そして――あの子の幸せも。
第9話 第9話:起動! 一六◆6/pMjwqUTk ラビリンスが壊れていく。まるで、砂で作ったお城のように。支えたいのに、守りたいのに、小さな掌をすり抜けて零れていく。その流れが一瞬、止まる。沢山の手が堰き止めている。「だったら、私がやるべきことは――やらなくちゃいけないことは――ううん、やりたいことはっ!」せつなの拳が硬く握られる。今こそ――起動の刻!
第10話 第10話:炎の記憶(前編) 一六◆6/pMjwqUTk 赤い瞳の少女の、ネクストの、執念の炎を燃やす瞳の中に、かつてのイースの姿を見るせつな。その寂しさを知っていた。その焦りもよくわかる。その痛みにも覚えがあった。でも、少女の闇はさらに深くて――。重なる部分があることと、同一であることは違う。願いはひとつ。でも少女には、チャンスすら与えられなかったのだから。
第11話 第11話:炎の記憶(後編) 一六◆6/pMjwqUTk 私なら、あの子の気持ちがわかる。ううん、わかってあげられるつもりだった。赤黒い炎に導かれたその先で、せつなはイースだった頃の自分と向き合う。これは過去の世界なのか、それとも――。あの子を、ううん、自分を知ってるなんて思い上がりだった。当然かもしれない。だって私はイースを否定して、目を背けてきたのだから。