ラブとせつな【1】


レス番号 作品タイトル 作者 備考
ラせ1-1 【笑顔:Smile】 ◆BVjx9JFTno あの頃の私は、自分の心からも胸の痛みからも目を背けて、ただ無表情だった――。「せ~つなっ!二人でもう一度、プリクラ撮ろうよっ!」今度は私、ちゃんと笑えるかしら……。
ラせ1-2 「My First ....」 ◆BVjx9JFTno ひょんなことから、バレンタインデーにラブと三度目のプリクラ。一度目は、心を塗り潰していた。二度目は、ラブに助けてもらった。だから今度は、自分からこの想いを……。せつなのそんな決意が、思いもかけない小さな奇跡を生むことに!ラせ1-1から、しばらく後の二人。
ラせ1-3 【夜想曲:nocturne】 ◆BVjx9JFTno ピアノの調べが心に届き、激しい雨を降らせる。蘇る葛藤と痛みと喪失、そして雲間から射し込む一筋の光――。せつなが桃園家の家族になって初めての外食デー。家族と笑顔、そして幸せを知ったこの場所での、新たな出会い。
ラせ1-4 「GoodNight Kiss」 ◆BVjx9JFTno ラブが熱を出した。お母さんに教わって作った卵雑炊を部屋に運んで、一匙ずつラブの口に運ぶ。ふと鏡を見ると、そこに映っていたのはどこかで見たことがあるような表情で……。
ラせ1-5 「ひとり占め」 ◆BVjx9JFTno 風邪を引いても、たまにはいいこともあるよね。だって、せつなにご飯食べさせてもらえて、眠るまで手を握っててもらえて、何より、せつながこうして笑顔でそばに居てくれるなんて。ラせ1-4のラブ視点。
ラせ1-6 「my mother」 ◆BVjx9JFTno ゆっくりと寄り添って、母と娘になっていく。家族になっていく。桃園家の、あったかい家族旅行。
ラせ1-7 「甘美な傷」 ◆BVjx9JFTno 何なんだろう?身体に残る、この鈍い疼きは。殺気も、憎しみの欠片も無い、優しささえ感じる傷。まるで、まだあいつの手がそこに触れているかのように。14話『4人目のプリキュア!?アカルンを探せ!!』より。
ラせ1-8 「「One Last Time」」 ◆BVjx9JFTno 来るべき時が来た――そう思った時、何故か思い浮かんだのはラブの顔だった。向けられた笑顔を、教えてくれた温もりを、全て払いのけ、壊してきたのはこの私。だから、せめて最期の時も、ラブの手で……。決戦の地へ赴く、せつなの想いを。
ラせ1-9 「PM2:00」 ◆BVjx9JFTno こうやってラブと二人、クローバーの丘に座っていると、今までのことが蘇って来る。激しい痛みと葛藤の末に、向かい合った自分の本当の気持ち。その先に、こんなに幸せな今があって……。ラせ1-8から、しばらく後の二人。
ラせ1-10 「i got the power」 ◆BVjx9JFTno リレーなんて初めて。みんなと協力して走るなんてことも、バトンリレーも、全てが初めてで、上手くいかなくて。そんな時聞こえた”頑張れ”の声、声、声。受け取った多くの想いが、力となって迸る!
ラせ1-11 「マチグヮー」 ◆BVjx9JFTno マチグヮーとは、沖縄の言葉で「市場」のこと。見たことのない食材。活気溢れる食堂。生活に溶け込んだリズム――。ラブとせつなが出会った、もうひとつの沖縄とは。39話『ケンカは禁止?沖縄修学旅行!!』より
ラせ1-12 「幸せ記念日」 ◆BVjx9JFTno その夜、ラブと私でお母さん直伝のココアを作った。弱火でじっくり温めて、牛乳も少しずつ加えて。ゆっくり、ゆっくり、これがお母さんがくれた幸せの温度。そして待っていた「ただいま」の声に……。第40話『せつなとラブ お母さんが危ない!』より。
ラせ1-13 「仲直り記念日」 ◆BVjx9JFTno あたし、知らなかった。後悔の涙が、こんなに冷たいってこと。幸せゲットした笑顔が、こんなに心を温めてくれるってこと。せつな――あたしはこの日を、ずーっと忘れないよ。第40話『せつなとラブ お母さんが危ない!』より、第二弾。
ラせ1-14 思いやり記念日 ◆BVjx9JFTno ラブとせっちゃんが、お互いの目を盗んでこっそり相談にやって来た。なるほど、だから相手には内緒っていうわけね?だったらわたしも……。第40話『せつなとラブ お母さんが危ない!』からの第三弾は、三つのあったかいヒミツが交錯する物語。
ラせ1-15 いっしょに年越し ◆BVjx9JFTno 家族揃って深夜の初詣。除夜の鐘の余韻の中で、蘇る激動の記憶。その更なる余韻は、しみじみと感じる今の幸せ。ほら、今日もまた、寒い時期ならではの新たな幸せが……。凍てつく夜に、二組のカップルが家路を急ぐ。
ラせ1-16 「罰当たり?」 ◆BVjx9JFTno 一年の計は元旦にあり。初詣の時くらいは、あたしもそんな殊勝なコト考えて……るどころじゃないよぉ!みこさん姿が大人気のせつなに、ラブは喜んだり、ちょっぴり複雑だったり。でも、せつなと目が合った瞬間――!「ちょっとラブ!それは計じゃなくてよからぬ計略でしょうがっ!」
ラせ1-17 「昼下がり」 ◆BVjx9JFTno 普段食べない食べ物を食べて、普段飲まない薬酒を頂いて。でもやっぱり家族が居て、みんなでおしゃべりをして、ご飯を食べて。桃園家のあたたかな、お正月の昼下がり。
ラせ1-18 「おうちでゆうごはん」 ◆BVjx9JFTno シフォンもタルトも一緒にゆうごはん。あの時と同じメニューに、記憶もあの頃へと戻っていく。そういえばあの時――初めて家族で食事したレストランで、私は初めて笑えた。そう、あの時ラブが……。
ラせ1-19 「frozen」 ◆BVjx9JFTno みんなでおしゃべりをしたり、ご飯を食べたりした時間を、パックにギュッと閉じ込める。元気で頑張って、いつでも帰って来てね、って気持ちも一杯に詰め込んで。家族だからこそ伝わる、言葉の要らないメッセージ。
ラせ1-20 「thaw」 ◆BVjx9JFTno ラせ1-19の続きのお話。湯気の向こうに浮かぶ食卓の風景と、みんなの笑顔。あたたかな想いが、懐かしい香りに乗って心に染み渡る。待っててくれる人がいる。これが家族――料理と一緒に、その言葉をもう一度噛み締めた。
ラせ1-21 「without you」 ◆BVjx9JFTno 思いは凄く沢山ある。だけど言葉に出来るのは、ほんの少し。だって言葉にすると、本当の思いはちゃんと届かない気がするから。だから思いは、二人の時間、こうして触れ合う残り少ない時の中に溶け込ませて……。せつながラビリンスに帰還する直前の、ある日の二人。
ラせ1-22 「サプライズ!」 ◆BVjx9JFTno 母の日に。今日は特別な日だから、すぐにも会いたいのを我慢して、嬉しい驚きを届けよう。そして喜んでもらったその後は、素直な気持ちを伝えよう。おかあさん、ありがとう、大好き、って。
ラせ1-23 「少しだけ遠く」 ◆BVjx9JFTno 大切な人が頑張るその場所は、愛しくて、誇らしくて、そして少しだけ、切なくて。
ラせ1-24 「eve」 ◆BVjx9JFTno これを飲んだら、どんな顔するだろう。これを食べたら、喜んでくれるかな。明日久しぶりに帰って来る、ずっとずっと会いたかった大切な人。彼女への想いに溢れて、今日のキッチンはわくわくで一杯。
ラせ1-25 「welcome back」 ◆BVjx9JFTno ラせ1-24の翌日――クローバーの丘に現れる、小さな影。ゆっくりゆっくり、思い出を確かめながら帰ろう。会えなかった時間に夢見た景色を、この瞳に焼き付けながら。そして愛する人たちの姿が見えたら、今度は……。
ラせ1-26 「2連敗」 ◆BVjx9JFTno 先輩に振られて落ち込む私に、彼女がくれた温もり。振られたばかりなのに、ドキドキと高鳴る胸。でも、彼女の優しさの源には……。由美の甘酸っぱい、失恋記念日。
ラせ1-41 「幸せの交換」 ◆BVjx9JFTno 大好きな人に贈るチョコを、大好きな人と並んで作る。もちろん誰にあげるかなんてナイショ。だけど、気になるのは隣の彼女が作っているチョコの行方で……。今日の桃園家の台所に漂うのは、何だか甘くて秘密めいた空気。
ラせ1-27 【月明かり:Moonshine】 ◆BVjx9JFTno R18 月の明かりは、昼間は表に出せない欲望を照らし出すのかもしれない。目覚めると、何かが唇に触れている気配。そして目の前にはラブの顔があって……。
ラせ1-28 生還の実感 ◆BVjx9JFTno R18 不思議ね。今朝はもうここへは帰らない覚悟を決めていたのに、戻って来た今は、独りで居るのがこんなにも寂しい。こんな夜は――。42話『ラビリンスからの招待状!』後日談。
ラせ1-29 「おあずけ」 ◆BVjx9JFTno R18 ひとつ屋根の下に居るんだもの。触れ合いたいときにはいつでも触れ合える、って思うでしょ? これがそうでもないんだよね。シフォンの前じゃ出来ないことだってあるし、お父さんとお母さんも居るし、それに、今日はあたしたちならではの、思いがけない邪魔も入って……。
ラせ1-30 「myself,yourself」 ◆BVjx9JFTno R18 一人で居ても、心も体もいつもラブを求めてる。そしてラブも、私のことを? 心の中の光景が、目の前に広がった時、私たちは……。
ラせ1-31 「再会の夜」 ◆BVjx9JFTno R18 ずっと会いたかった愛しい人。この温もりも、匂いも、甘やかな声も、全部自分のものにしたい――。久しぶりのせつなの里帰り。その夜二人は……。
ラせ1-32 『欲望』 黒ブキ◆lg0Ts41PPY せつなに近付けば近付くほど、もっと近くに寄りたくなる。せつなの世界が広がれば広がるほど、二人きりの世界に閉じ込めてしまいたくなる。このぐつぐつと煮詰まった思いを、一体どうすればいいの? 心の中に凍らせて閉じ込めても、せつなの顔を見れば一瞬で溶けて、流れ出してしまうのに。
ラせ1-33 『声』 黒ブキ◆lg0Ts41PPY 「ラブ」「好きよ」「大好き」 柔らかな黒髪に顔をうずめ、少し低くてあたたかな声を聴くのが大好き。耳をくすぐるその声は全身に染み込んで、泣きたいくらい幸せにしてくれる。だからあたしは、夜の闇の中で繰り返し囁く。「せつなぁ……もう一度言って?」
ラせ1-34 「夕焼けの帰り道」 黒ブキ◆lg0Ts41PPY 学校から二人きりの帰り道は、この時間をラブと半分こしているみたい。寒さも半分こ。他愛もないおしゃべりも半分こ。真っ赤な夕焼けも半分こ。寄り道して買ったコロッケも、ポケットの中で繋ぎ合った手の温もりも、みんなみんな半分こ。
ラせ1-35 「甘い痛みと独占欲」 黒ブキ◆lg0Ts41PPY 今日初めて知った。口にすると何だかくすぐったくて、胸の中が温かくなる言葉があるんだってこと。ううん、ちょっと違うけど、全く初めてってわけじゃないわね。だってあなたの名前を呼ぶ時、私は……。第40話『せつなとラブ お母さんが危ない!』の、その夜のお話。
ラせ1-36 「いつか来る、その日まで」 黒ブキ◆lg0Ts41PPY せつながラビリンスに帰って数か月。会いたくて会いたくて、勉強もダンスも手に付かない。学校もちっとも面白くない……。リンクルンを握りしめ、せつなのベッドに入ったラブに、思いがけない深夜の贈り物が――!
ラせ1-37 「当たり前の日々に」 黒ブキ◆lg0Ts41PPY ラせ1-36続き。せつなの声が、あたしに大きなエネルギーをくれた。せつなのメールで、何もかも元通りになった。お父さんとお母さんも、美希たんとブッキーも。せつな、あたし頑張るよ。寂しくないって言えば嘘になるけど、また、せつなに会える日が来るんだから。
ラせ1-38 「不確かな未来・前編」 黒ブキ◆lg0Ts41PPY 会いたくて会いたくてたまらない、愛しい人の寝顔を思い浮かべて眠った翌朝。目が覚めると見覚えのない部屋に居て、知らない人と同じベッドに寝ている、というとんでもない事態に。でも、その人の顔をひと目見たとき、あたしは……。
ラせ1-39 「不確かな未来・後編」 黒ブキ◆lg0Ts41PPY ラせ1-38続き。遠い世界に離れ、お互いを想いながら何とか頑張ってるあたしたちに、神様が小さな魔法をかけてくれたのかもしれないね。いつか、泣いている少女のあなたに会ったら伝えるよ。繋がる未来はきっとあるって、クローバーのお土産と一緒に。
ラせ1-40 「君を待つ春は」 黒ブキ◆lg0Ts41PPY 君が居なくなった冬、世界の全ては色あせた。でも今――君を待つ春は、世界の全てが鮮やかによみがえる。花の香も、空の色も、四季の温度も。そして何より、瞼に浮かぶ、キラキラと輝く赤い瞳も。もうすぐ会える。せつな! 早く……早く帰っておいで。
ラせ1-42 「現(うつつ)は夢よりも甘し」 黒ブキ◆lg0Ts41PPY かつて悪夢は囁いた。現実とは、乾いた砂漠を独り進むようなものだと。でも今の甘やかな現実の前では、悪夢だって只の夢。そう、あなたが傍に居てくれるから。
ラせ1-43 「心の居場所」 黒ブキ◆lg0Ts41PPY R18 今日はバレンタイン。家族や仲間と楽しく過ごした後は、二人だけの濃密な時を過ごそう。もうすぐしばしの別れ。その前に、お互いの心の居場所をもう一度刻み付けたいから。
ラせ1-44 「心の居場所」アフター 黒ブキ◆lg0Ts41PPY R18 ラ1-43後日談。さらさらと流れる時間は、何だか粉砂糖に似てる気がする。辛かった思い出にも、優しい甘さを感じさせてくれるから。
ラせ1-45 『氷解』 黒ブキ◆lg0Ts41PPY R18 この胸の中に詰まった重く苦しい塊の名前は、一体なんて言うのかな。どうにかなりそうなくらい熱い火のような塊なのに、誰にも知られたくなくて我慢している間にひび割れて、氷みたいに冷たくなって。そしてとうとう我慢できずにその塊を思い切りぶつけてしまったあたしに、せつなは……。
ラせ1-46 『氷解~again』 黒ブキ◆lg0Ts41PPY ラせ1-45おまけ。溶けた氷が、あたしの胸をあたたかく満たす。そうだよね、あんなにヒドいことしたまんま、終わることなんて出来ない。よぉし、それなら! やっぱりラブはこうでなくっちゃ(!?)
ラせ1-47 『雨音』 黒ブキ◆lg0Ts41PPY R18 雨は嫌い。あの日のことを思い出すから。あたたかくて幸せな毎日が、冷たい雨に洗い流され、もう一度あの頃の空っぽの私に戻ってしまいそうな気がするから。だからラブ、お願い。今夜は私を……。
ラせ1-48 「プレゼント」 黒ブキ◆lg0Ts41PPY R18 プレゼントっていうのは、大好きな人に手渡す贈り物のこと。貰った人もあげた人も喜べる、幸せの交換。ならば、私があげられるものなんてこれしかないし、これならラブも、そして……私も、確実に喜べるから。だ、だから……。鼻血・卒倒注意報発令です。
ラせ1-49 「女神達の黄昏」 黒ブキ◆lg0Ts41PPY R18 戦いの後の高揚感に追い打ちをかける、真っ赤な夕陽。それをビルの屋上から二人だけで眺めてしまったものだから……。ラブとせつなではない、ピーチとパッションならではの、愛と情熱の黄昏を。
ラせ1-50 「月光の幻」 黒ブキ◆lg0Ts41PPY R18 夜の学校に忘れ物を取りに行った大輔。ほんの少し前、転校してきた東せつなのことを皮肉ってしまったことを少し後悔。しかしその時、教室に意外な人物が入って来て……!?