きららの苦悩/ドキドキ猫キュア




珍しく悩み事を相談してくる友人に きららは驚いていた。すこし前に ちょっと強引に悩み事を聞いた事もあったけれど、彼女自ら直接 誰かに相談するなんて事は滅多にない 最も親愛するあのこにですら
ね・・・

そんな友人が助けを求めてくるなんて相当な事だと思い、理由も聞かない内に
きららは OKしてしまった。悩みの原因を聞いた時 きららは うんざりしていた。

引き受けてしまった以上 仕方ないと思いつつも、心底嫌そうにしていると きららの前に元凶が堂々と現れた。

らんこ「あ~ら 珍しいじゃない 天の川きらら 自ら 私に用なんて やっと私の偉大ささが分かったのかしら(笑)」

自称スーパーアイドルこと一条らんこはきららを見るやいなや ムカつくくらいドヤ顔で話かけてくる。きららはその堂々とした態度に呆れながら言った

きらら「んな訳ないでしょ・・・ あんたさぁ 後輩に迷惑かけるのやめなよ みなみん達すっごく困ってたよ」

らんこ「迷惑? 何を言っているのかしら 有難い要望を無視して 生徒会のほうが私に意地悪なんじゃない!! 」

きらら「あんたの銅像なんて誰が喜ぶのよ・・・」

らんこ「あ~ これだから 価値の分からないガキは 将来有名になる私の銅像が立つのよ!とても素晴らしい事じゃない!!」

トワ「まぁ~ それは素敵ですわ♪」

そこにいつのまに来たのか トワが余計な一言を言った。

らんこ「あなた 中々見所あるじゃない♪♪」

きらら「トワっち いつのまに・・・」

トワ「きらら 喧嘩はいけませんわ!」

ゆい「多分 喧嘩じゃないと思うよ・・・」

きらら「ただ大事な話をしているだけだから(苦笑)」

トワ「あら そうでしたの? 何か揉めているようでしたから てっきり」

きらら「うん、大丈夫だから あっち行ってて トワっち」

トワ「水くさいですわ きらら!友達として 是非 協力を!!」

きらら「有り難う 気持ちだけ貰っておくよ・・・」

トワの申し出も 今回ばかりは余計なお世話でしかなかった。

トワ「遠慮はいらないのですよ♪」

ゆい「これは遠慮じゃなくてね・・・」

トワ「話はだいたい聞いていましたわ 要するに みなみに許可を貰えなくて困っているのですよね?」

らんこ「そう、その通り><」

きらら「間違ってはないけど そういう話じゃくてね ・・・」

嬉しそうならんことは逆にきららはとても困っていました。

トワ「わたくしからもみなみにお願いしてみましょうか?」

らんこ「協力してくれるの!?天の川きららと違って いいこねぇ♪」

きらら「もう トワっち 余計な事しないで!! 駄目なもんは駄目なんだからね!!」

トワ「きらら 意地悪は関心しませんわ!」

きらら「いや、そういう事じゃなくて・・・」

トワ「そうだ、どうせなら きららの銅像も建てたらどうかしら♪」

らんこ「はぁ?」

きらら「何でそんな話になる!?」

トワ「だって きららは春にはこの学校を去ってしまいますし・・・ 何か記念に残してはどうかと」

きらら「別に 私はいいよ・・・」

トワの突然の提案に余計困り果てるきらら。驚いた様子のらんこが口を挟んで来ます。

らんこ「ちょっと!天の川きららが学園を去るってどういう事!?」

きらら「あ、そういやあんたは知らなかったっけ。私ね 春になったら フランスに行くの」

らんこ「!!」

トワ「きららは夢の為に海外へ行くのですわ☆」

らんこ「・・・ ふふふふふ」

ゆい「え?」

きらら「らんこ・・・?」

らんこ「天の川きらら・・・ それでこそ私のライバルに相応しい! 覚えてなさい 私も必ず 海外進出して あんたを倒す!! まあ、それまで せいぜい フランスで幸せな生活をしていればいいわwww 銅像の件は 私が世界一になるまでお預けよ(笑)」

そう 高らかに宣言をしてらんこは去っていってしまいました。

ゆい「行っちゃったね(なんだったんだろう・・・)」

トワ「きららはらんこさんに好かれているのですね♪」

きらら「そうだね(なげやり)」

何とか事なきをえたが きららはとても疲れているようだった

きららの苦悩 完