『奏は肉球がお好き』/Mitchell&Carroll




奏「うぅ~、肉球…肉球~……」
エレン「どうしたの?アレ」
響「ここのところずっと肉球触ってないらしくて、禁断症状が出てるみたい」
エレン「か、奏…よかったら私の親指の付け根、触って……」
奏「ありがとう、エレン……(もきゅもきゅ)嗚呼、ダメだわ、こんなのじゃ……」
エレン「がーん!こんなの、って……」
響「なにか肉球の代わりになるモノ……そうだ!」

響「ほら、コレ、肉球の形のグミ!(開封)奏、これ触って元気出して!」
奏「……私をバカにしてるの!?(バシッ)」
響「あ……」
エレン「響がせっかく買ってきたグミが……地面にバラバラと……」
奏「肉球はねぇ!!香ばしい匂いがするのよ!!そんな甘ったるい匂いなんかしないのよ!!!」
響「ひどい!!せっかく奏の為に買ってきてあげたのに!!もう奏なんて知らない!!!」
ファリー「おいしいファファ……」
エレン「こらっ!拾い食いやめなさい!」

エレン「ねえ、奏。一緒に来て欲しいところがあるんだけど……」
奏「え……?」

エレン「ほらっ、ここ!“猫カフェ”!えー、なになに?本日…定休……日」
奏「ふふっあはははは!!@▽@」
エレン「奏!!気をしっかり持って!!」
アコ「そもそも、肝心のハミィはどこにいるの?」
エレン「自分探しの旅に出るって言って、どっか行ったわ」
ハミィ「ただいまだニャ」
エレン「おかえり、ハミィ。自分は見つかった?」
ハミィ「結局、ハミィはハミィだったニャ」
アコ「バカの会話だわ……」
奏「ハミィ!!待ってたのよ!肉球触らせて!!」
ハミィ「い、痛いニャ!!もっと優しくニャ!!」
奏「イク!イク!!」
エレン「行くって……どこに?」
アコ「猫カフェなら閉まってるわよ」
奏「(失神)」
エレン「キャーッ!?奏、大丈夫!?」
ハミィ「電気が走ったニャ……!!」
アコ「すごく幸せそうな顔してるわ……」

響「おまたせ、奏!猫、連れて来たよ!!」
ミス・シャムール「ごきげんよう、えぶりわ~ん!ミス・シャムールよ~ん♡
         で、悩める子猫ちゃんというのは、どなたかしら~ん?」
アコ「もう解決したわよ」
響「えっ」


おわり