日曜日の午後、クローバーのダンス練習の後。
私は一人、四つ葉町の図書館に来ていた。


もっとも、私が図書館に一人で来る前にラブと一悶着があって、
私と一緒に来たがるラブに、私が一人で図書館に行くかわりに、
夕御飯の買い物は一緒に行くことで、一応の決着をみたのだが。



ラブはというと最近、ミユキさんのダンスレッスンでも、叱られてばかり。
学校でも、うつらうつらとしていて、授業に身が入っていないのが分かる。



私は、私とラブの関係が、このままではいけないのかもしれないと思い始めていた。




誰かに相談する?



ラブに?
ラブのことをラブに相談できない。



美希や祈里に?
私達の関係を知られて、二人が離れていく危険は冒せない。
私は・・・まだしも、ラブは二人とは幼馴染で、親友だ。
彼女達がラブから離れて行くのを・・私は見ていられない。



学校の友達?
こんなこと相談できない。



おじさまやおばさま?
何か違う気がする。



私は誰にも相談できず、図書館で調べることしかできなかった。




私がラビリンスにいたころは、同性愛者なんて聞いたことがなかった。
任務に失敗した私が、寿命を短くさせられたように、
異端とされたものはみな密かに、メビウスの側近であるクラインあたりが、
処分していたのかもしれないが。



結局、私はどうしたいのだろう。
私に幸せを教えてくれたのは、まぎれもなくラブ。
その彼女を不幸にする訳にはいかない。


でも、このままこの関係を続けるとすれば、どこかで破綻する気がする。
だからといって、私は一度知ってしまったラブのぬくもりを、忘れることができるだろうか。
分からない。知らなければよかった。



私が考え込んでいると、後ろから私を呼ぶ声がする?



「せつなちゃん?」
後ろを振り向くと、ブッキー、山吹祈里が立っていた。




時間いい?と聞くブッキーに、ラブとの待ち合わせの時間はまだだから、と答える。


「じゃあ、公園に行こう」


しかし、いつもダンス練習している所ではなく、森の方へ。
どこに行くのだろう。
森に少し入ったところで、ブッキーが立ち止まる。



風に吹かれ、赤、黄、いろとりどりの葉っぱが舞う。



「ここ、わたし達が小さいときによく遊んだところなんだ。
もっと奥にはどんぐり王国もあるけどね」


と言って、地面に落ちた葉っぱを拾う。



「この葉っぱって、風に吹かれているとき綺麗よね。
けど、地面に落ちて人に踏まれると、汚くなる」


私の方を向き、微笑む。



「けど、無駄なんかじゃないの。
この葉っぱが地面の微生物の働きで栄養になって、来年の春には草木が芽吹くの」



「だからね、せつなちゃん、この世界には無駄なんてないと思うの」



いつもと変わらぬ祈里の微笑みに、泣きたくなって私は顔を伏せた。
それでも、私の目からは堪えきれない涙が。



「せ、せつなちゃん、どうしたの?」



ブッキーの慌てた声が聞こえる。
私は何でもない、と答えようとするが、
喉の奥に何か詰まったように、声が出てこない。



ただ、ラブと私の関係には春は来ない、未来がないのだ、と思った。





みんなが寝静まった深夜。



突然、私は目が覚めた。


はあ、はあ。
私の荒い息が暗い部屋にこだまする。


また、悪夢?



「せつな、こっちにおいで」


気がつくと、私はラブの部屋にいた。


今夜は新月。
ラブの顔は暗闇で見えない。
それでもどういう表情をしているかは分かる。



私がまだイースだったころ、プリキュアを倒すためコンサートに潜入した時、
ナキサケーベのカードで疲弊し倒れた私に、付き添ってくれたときのラブの笑顔。
全てを許すかのような、胸が苦しくなる程、私の大好きな、大好きなラブの笑顔。



火に自ら飛び込んでいく夜の虫のように、私はラブに近づいていく・・・。







SABI7