140文字SS:フレッシュプリキュア!【26】


1.ラブせつで「待つ」/ねぎぼう


本当は一緒にダンスをしたいって、わかってるんだ。
ダンスの本をずっと読んでることも知ってる。
一緒にいるんだもん。
そう、今のせつなってあのときのブッキーみたいだもん。
だから踊りたい気持ちも一番わかってくれるんだよね。
だから、せつなをお願いね。
ちゃあんと新しい横断幕も作ってるから。


2.ラブせつで「赤」/ねぎぼう


プロデビューしたといってもまだまだ駆け出し。
オーディションに受からず落ち込むこともあるんだ。
そんなときはね……

「このブレスレット、もしかして?」
「はい、ミユキさん!
これを着けると、どんなに辛いことがあっても精一杯頑張る気持ちになれるんです」
「せつなちゃんも頑張っているのよね」

※ラブはプロのダンサーでトリニティの妹分的ポジション。
※二人はお母さんからのブレスレットを交換したんですね。


3.ラブせつで『独り占め』/ねぎぼう


帰り支度をしているせつなの部屋の前に立ち、深呼吸したラブがノックする。

「どしたの?」
「今日はホワイトデーなんだ」

贈り物に照れた顔を添えて。

「開けてみて」

白いチョコに描かれていたのは……

「今のせつなだよ」
「ラブ……ありがとう」

判ってる、この笑顔は皆のもの。
でも今だけは独り占め。


4.【スイッチオーバー・ビートアップ】/夏希◆JIBDaXNP.g


「ねえ、ラブ。これって」

せつなが偶然見つけた一枚の画像。

「イースとパッションが混じってる?」
「ええ、誰かの悪戯かしら……」
「そうかなぁ、イースが好きなのかも?」
「そんなの変よ!」
「だって、イースって罪じゃなくて、女の子の名前だもの」

人を悪い所から好きになる、それはきっと愛だから。


5.ラブせつで【 抱きすくめて 】/ねぎぼう


「じゃあ、またね」

お祭りも終わり、仲間たちは元の場所に帰っていく。

「みきたん、ブッキー、また明日ね」

気づけばせつなと二人きり。
ラブは繋いだ手に力を込めた。

「どしたの?」

その手をくいっと引き寄せると、そのまま抱きすくめていた。

「せつな……」

帰らないでと言いたいのを飲み込んで。


6.ラブせつで『世界で一つだけの願い事』/ねぎぼう


誰もがせつなの夢が叶うことを願ってる。
あたしもすごくいいと思ってる。

なのに、もうひとりのあたしの心だけが泣き叫んでる。
“せつなとずっと一緒にいたいよ”って。

何とも勝手な、世界で一つだけの願い事。
でもね、これもあたしの願いには変わりないもん。

だから、決めたんだ! 待っててせつな!


7.【名残雪】/夏希◆JIBDaXNP.g


春風に乗せられて桜の花が空に舞う。
名残雪。ふと、そんな表現が浮かんだ。

「樹の上では桃色なのに、散ると雪のように白いのね」

黒髪の少女は、小さく囁くと両手を広げた。
雪より眩しい銀の髪が風になびく。

「ごめん、やっぱいい」

隣の少女に抱き竦められる。

「綺麗だけど、雪のように消えそうだもの」


8.ラブせつで『大人しく降参して』/ねぎぼう


「大人しく降参して!」

いくら言ってもニンジンを残すラブにせつなは痺れを切らす。

「降参するよ」
「え?」
「お願い……食べさせて」

ラブは軽く口をあけた。

「もう、ラブったら」

せつなはニンジンを口にすると……そのまま飲み込む。

「せつなぁ」
「だーめ、自分で食べなさい(ご褒美はその後よ)」


9.ラビリンスからの電話/アクアマリン


あのね、ラブ。
とても重要な話があるの、よく聞いて。

実は私、ラブの子供を妊娠したの。 これからは出産や子育ても精一杯頑張るわ!

え……

お母さんやお父さんに報告!
初孫ができたら喜ぶ!?
今夜はお赤飯!!

ちょ、ちょっと待ってラブ。
今日何の日か知ってる?
エイプリルフールよ!!


10.『LIKE』/Mitchell&Carroll


「あら、ごめんね、せっちゃん。お口に合わなかった?」
「…いえ、違うの。ごめんなさい、ごちそうさま」
「えっ、せつな、もう食べないの?貰っちゃうよ?」
せつなは一人、部屋に戻っていく。
テレビが報じるのは、国民一人一人に番号を割り当てる制度のニュース。