【 スローリー・スローリー 】

 とある依頼人たちから、ヒミツの依頼をされたゆうこ。
 ターゲットは、山吹祈里。
 折よく開かれたお泊り会で、あっさりとミッション・クリア! の、はずだったのだが……?

レス番号 作品タイトル 作者 備考
競作2-34 【 スローリー・スローリー 】1 猫塚◆GKWyxD2gYE R18 はるかたち新しいプリキュアの歓迎お泊り会で、ゆうこに誘われ、理由もわからぬままに手料理のもてなしを受けた祈里。彼女の目的は一体――? ゆうこと祈里。癒し系二人の親密な時間は、果たしてこの後……?
競作2-35 【 スローリー・スローリー 】2 猫塚◆GKWyxD2gYE R18 「ヒミツはね、女の子を綺麗に見せるための隠し味なんだよ」祈里の秘密の告白に、思いもよらない反応を見せるゆうこ。そして、ゆうこも自分の秘密を語り始めた時、二人の時間が甘やかに変化し始めて……。
競作2-36 【 スローリー・スローリー 】3 猫塚◆GKWyxD2gYE R18 掛布団の下は、二人の秘密の場所。生まれたままの姿で向き合って、お互いの体を確かめ合って――秘密の時間はトロリと密度を増していく……。
競作2-37 【 スローリー・スローリー 】4 猫塚◆GKWyxD2gYE R18 動物さんの診察と一緒。どこがキモチイイのか、どうしたらキモチイイのか、ちゃんと確かめなくちゃ……。祈里の指と舌で歓喜に震えるゆうこの姿に、祈里の胸に、彼女への愛しさが熱くこみ上げて……。
競作2-38 【 スローリー・スローリー 】5 猫塚◆GKWyxD2gYE R18 ゆうこちゃんの隠し味を、わたしも体験したい――。攻守逆転。可愛がってもらったお返しとばかりに、ゆうこの手が祈里の豊かな胸を弄う。だが、ゆうこの遊びはそれだけでは終わらなくて……。
競作2-39 【 スローリー・スローリー 】6 猫塚◆GKWyxD2gYE R18 二人で愛を告白し合って、二人の全てを重ね合わせて――。お互いの胸のふくらみが、柔らかなくちびるが、そして、二人だけのヒミツの悦びを、一番良く感じられる部分が、今ひとつに……。
競作2-40 【 スローリー・スローリー 】7 猫塚◆GKWyxD2gYE R18 図らずも知ってしまった、ゆうこの心の奥に住むもう一つの隠し味。お互いのヒミツを見せ合って、二人のヒミツを積み重ねて――そう。ゆっくり、ゆっくり、ひとつずつ。