140文字SS:ハピネス注入!冬のSS祭り2015【7】


1.[競作2015]【スイートプリキュア・響&奏】大切な絆/mizuiram


「あの…ごめんね響」
「えー何がー?」
「何が、って…さっきのは私が悪かったわ。意地を張り過ぎて…その…」
「そうだったっけ、覚えてないや」
「…え?だってあんなに怒ってたのに!?」
「もういいじゃんそんなの!ね、早く奏のケーキ食べたい!それ新作?ヤッホウ!」
「…ありがと、大好きよ響」


2.[競作2015]【ドキドキプリキュア・ありす+ジョナサン】大切な夢をまもるために/mizuiram


「お忙しそうですわね」
「…ま、ある意味昔から想定してた立場だし」
書類を交わしつつトランプ共和国大統領は淡く笑む。
守ると、ずっと決めていたから。
「僕より君は?」
「これ位想定済ですわ」
全ての「花」を護る。
決めたのは自分だから。
四つ葉財閥次期社長は、にこりと変わらぬ笑みを浮かべた。


3.[競作2015]【ハピネスチャージプリキュア・ゆうこ&ファンファン】大切な誓い①/mizuiram


「こ、こうか?」
ぎこちなく鍋を操るファンファンを、ゆうこは楽しそうに見守る。
「そう、上手よ。どれどれ~?うん!最高!」
「…喜んで食べてくれるのって、嬉しいな」
呟かれる、声。
小さくなる背中に、ゆうこはそっと手を添える。
「大丈夫よ。まずは、美味しいご飯をいっぱい食べて元気だそう」


4.[競作2015]【ハピネスチャージプリキュア・ゆうこ&ファンファン】大切な誓い②/mizuiram


『…夢なんだ』
そう言って、空を見上げる小さな姿。
『俺の料理を食べてもらって、美味しくて幸せだって、笑って欲しいんだ』
『素敵だね』
黄色い結晶を握りしめる。

いつかこれを空に投げるね。
赤い地球に思い切りぶつけて、あの人達とご飯を食べよう。

『絶対叶うよ』

そして、皆で幸せになろう。


5.[競作2015]「大切なおくりもの」/ねぎぼう


ボッ、ボッ、ボッ……

古びたボールでなおはリフティングを続ける。
昔お父ちゃんが買ってくれたプロ用5号球。

サッカーに出会って、
夢中になって、
もっとうまくなりたいって思った。

でも女の子だし、
お姉ちゃんだし……

そんなとき
「本気でサッカーがやりてえんだろ」

その思いは今でも伝わってくる。


6.[競作2015]真琴&うらら「大切な想い」/一六◆6/pMjwqUTk


「届けたい」って想いを大切にしていると言ったら、
わたしは「届きたい」って想いの方が強いかも、とうららが言った。

亡くなったお母さんが立っていた舞台に立ちたい、
その場所に届きたいという想い。

似てるけど違う?
ううん、そうじゃない。

大好きな人に、いつか――その想いは、二人とも同じだから。


7.[競作2015]ラブ&せつな「舐めあいっこ」/こゆき


揺れるツインテ-ルの合間から白い何かが見え隠れする。
ピンクの舌がその上でチロチロと蠢く。

「ちょっとラブ、がっつきすぎ!」
「だって、せつなの……美味しいんだもの」
「やだっ、もうダメ……」

って、なんでタルトが顔を赤くしてるの?
このアイスは私のだからあげないわよ。
ラブももう十分でしょ?


8.[競作2015]くるみ&奏「大切な友達の代わりに」/一六◆6/pMjwqUTk


「ハミィは人間に変身しないの?それ、少し寂しいわね」
「どうしてニャ?」
「あ、ううん。今言ったこと、エレンには内緒だからね?」

偶然聞こえた二人の会話。
くるみが何を考えたかは想像がつく。
キツイことも言うけど、優しいとこあるのね。

(ありがとう)

おやつのケーキに、大きめのチョコを飾った。


9.[競作2015]みゆき&あかね「大切な時間のはじまり」/ねぎぼう


「雨か……走って帰ってこましたろ!」

腰のカーディガンが引っ張られる。

「星空さん?」
「日野さん、こんな雨の中濡れて帰ったら風邪ひいちゃうよ!」
「大丈夫やし、こないな雨」
「ダメ!私、傘持ってるよ。一緒に入ろ?」
「へへ、ありがとさん」

星も太陽も隠す雨を、
少しいいかもと思い始めた二人。


10.[競作2015]ラブ&せつな「大切な人と一緒に」/ねぎぼう


「幸せの素?」

イースの視線の先には四つ葉のクローバー。

「すごいよせつな。幸せを呼ぶ四つ葉のクローバーはね、
心から幸せを望んでいる人じゃないと見つけられないんだよ!」

――

あたしもね、本当はずっとさがしてたんだ。
貴女と一緒だから見つけられたんだよ。

これからも、ね。

ありがとう、せつな!

競作2-33に続くSSです。