あの海から始まる物語:episode.3



「せつなちゃん、今度夕涼みに行かない?」


 こう言って、ブッキーが私を誘ったのは、6月に入ってすぐのことだった。
 もちろんすぐにOKしたけど、誤解しないで。断る理由なんてないからよ。
 別に、ブッキーから誘われて、嬉しかったとかじゃないんだから。
 やだ。私、どして自分に言い訳してるのよ……。
 けど、よくよく聞いてみると、どうも2人っきりじゃなくて、4人でってことらしいの。
 なあんだ……。
 あれ?どして?何ガッカリしてるの私……。
 一体何だろう、このヘンな気持ち。
 ともかく、4人で夕涼み。夕涼みってどういうもの?何をするのかしら。
 初めてのことをするのって、何だかとっても楽しみね。




 約束の日、私とラブはお母さんに浴衣を着せてもらい、美希とブッキーが来るのを待っていた。
 隣に座るラブを、私はそっと盗み見る。
 最近、ラブは少し雰囲気が変わった。何だかとても綺麗になってきた気がする。
 こんな風にラブを変えたのは、美希なの?
 ラブと美希は、いわゆる「恋人同士」っていう関係らしい。
 もともと綺麗な美希も、近頃さらに美しさを増している様だけど……。
 そういえば、ブッキーも最近すごく綺麗になってきたような気がする。
 もしかして、ラブと美希みたいに、誰か特別な人ができたのかしら……。
 まさか!ブッキーに限ってそんなこと!
 私は思わず、首を左右に強く降る。


「どしたのせつな?」


「な、何でもないわ!」


 ピンポーン。玄関のチャイムが鳴る。


「「今晩はー」」


 玄関には、浴衣を着た美希とブッキーの姿があった。
 美希のは蒼いので、ブッキーのは黄色。すごく似合ってて可愛い。


「ピンクの浴衣、可愛いわよラブ」


「ありがと!美希たんも素敵だよっ」


 いちゃつく2人を見ながら考える。私も何か言おうか。どう言ったらブッキーは喜ぶのかしら。


「せつなちゃんも、その浴衣とっても似合ってるね」


 にっこりと私に微笑みかけるブッキー。か、可愛い……。


「……ありがと」


 やだ、何だか照れる。ちょっとぶっきらぼうな答え方だったかしら。
 誉め言葉を探していたのに、ブッキーに先を越されてしまい、何も言えなくなってしまった。


 合流した私たちは、いよいよ黄昏時の夕闇の中へと歩き出す。
 皆の行く方へ何となくついて行きながら、急に行き先が気になった私。
 誰とはなしに聞いてみることにした。


「ねぇ、どこに向かってるの?」


 いいからいいから、と美希。来ればわかるって、とラブ。


「きっとせつなちゃんも気に入るわよ」


 ブッキーまで。教えてくれないなんて意地悪ね。
 まあ、いいわ。行けばわかるんだから、おとなしく歩くことにしよう。
 薄暗いながらも見えていた景色が、少しずつ夕闇に沈んでいく。
 ラブが、持っていた懐中電灯を点けた。


「せつな、この辺からアスファルトじゃなくなるから気をつけて。もう少しだからね」


 本当ね。少し歩きにくい。でも、もう少しだから精一杯頑張るわ。
 せせらぎの音が聞こえてくる。どうやら川が近いようだ。


「さあ、着いた。消すよ」




 ラブが明かりを消した。
 暗闇になかなか眼が慣れない。しばらくすると、いくつもの淡い緑色の光が、ぼんやりと動くのが見えた。


 ――――綺麗。
 それが、眼の前の光たちに最初に抱いた想い。
 けれど、光は意思を持ったもののようにあちらこちらへ動き廻り、私はひどく焦る。


「み、みんな!この光は何?何なの?」


「これはホタルっていう虫なの」


 ブッキーが説明してくれた。


「暗闇の中で発光しながらお互いに交信して、交尾の相手を探すと言われているの」


「じゃあ光りながら恋人を探してるんだねっ!うわあ~ロマンティック!」


 そう言いながら、ラブは美希の腕にしな垂れかかる。
 暗くてあまり見えないが、美希の頬は緩みっぱなしに違いない。


 眼のやり場に困り、思わずブッキーの姿を探す。
 少し離れた場所で、何やら腕を伸ばしているブッキーの姿が眼に入った。
 彼女は何をしているのだろう?
 何か呟きながら、空中を飛んでいるホタルとか言う虫に近づいていく。


「ホ、ホ、ホータル来い……」


 次の瞬間、ホタルがブッキーの指先にそっと止まった。


「すごいわブッキー!キルンも使ってないのに」


「ホントね。わたしもびっくり」


 驚いた私に、にこにこと穏やかに笑いかけるブッキー。
 指先に止まっていたホタルは、いつのまにか彼女の頭上を飾るリボンに移動していた。
 黄色のリボンが、緑色の光によって黄緑色に彩られ、薄闇に浮かび上がっては消え落ちる。
 発光する虫たちの光に照らし出される、ブッキーの柔和な微笑。
 まるで一幅の絵のようなその光景に、私はしばらく見とれてしまっていて。




 そして、ようやく気づく。
 自分の心の動きが意味するものに。
 何故、クリスマスのあの夜、ブッキーをひとりぼっちに出来なかったのか。
 何故、ブッキーのことばかり考えてしまうのか。
 あの日。合宿先の部屋で一緒にダンスを躍り、笑い合ったあの時から、きっとすべては始まったんだ。
 始めから、ずっとずっとそうだったんだ。




 無意識に言葉が口をついて出るのを、私は意識の端っこで聞いていた。


「私も、見つけちゃったみたい……」


「え?何を?」


 ぽかん、とした表情の彼女に、何も答えない代わりにきつい抱擁を与える。
 その衝撃で、リボンに止まっていたホタルが慌てて飛び出していく。


「……せつなちゃん?」


 彼女の髪から立ちのぼる、むせ返るようなシャンプーの甘い香りが鼻孔をくすぐる。


「お願いブッキー……逃げないで。しばらくこのままでいさせて……」


「逃げたりなんか……するもんですか」


 ささやくように答えるブッキーの声は、少しうわずって震えている。
 柔らかくて温かい彼女の身体を、全身の皮膚で感じとる。
 ああ……。おかしいわ。どうしてかしら。夕涼みって、なんだかとっても熱いの。
 でも、もう少しだけこうしていたい。あともう少しだけ……。




「せつな、ブッキー、どこー?」


「ホタルも見れたし、もう帰らない?真っ暗だからアカルンでお願い」


 ラブと美希に急かされ、慌ててブッキーを放す。


「はーい、ここよ!今行くから」


 恥ずかしそうにうつむいた彼女の手をとって、優しく握る。


「行こ?」


「……うん」


 少し汗ばんだお互いの手のひら。
 最初は怖ず怖ずと、弱々しく繋がれていた手に、次第に力がこもる。
 ラブたちの声のする方へ歩くうちに、私の手と彼女の手はいつしか、強くしっかりと繋がれていた。
 今ようやく、互いを見つけ合うことができた私たち。
 もう、迷わない。