※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

APEXの原型でもあるteamFGTで行った、フォーミュラグランツーリスモで争われるシリーズ全13戦のチャンピオンシップ。



 

 

 Rd.1富士スピードウェイ

ついに始まったFGT SERIES 最初の大会はheppoko(martin)がハットトリックを決め、1勝をあげた!

 

Rd.2ローマ市街

荒れた展開になった第2戦ローマ。 今度はikuhoがハットトリックを決め、1勝をあげた。

 

Rd.3モンツァ・サーキット

雨がレースを荒らし、所々でクラッシュ発生!

天候が回復すると、バックストレートでスリーワイドのシーンも!

中盤はikuhoがレースをリードするも、残りわずかのところでkakimotoがikuhoをオーバーテイク!優勝はkakimotoとなった!

 

Rd.4マドリード市街

ikuhoがハットトリックを決め、2勝目を飾った!

タイヤの摩耗が厳しく、抜きにくいため、少々見どころの少ないレースとなってしまった。

 

Rd.5ニュルブルクリンク24h

南コースでフォーメーションラップをして、北コースで6周のレース開始!

しかし、天候が急変し過酷なレースと変わった。

レースは途中中断し、ハーフポイントレースとなった。

ikuhoが3勝目をあげ、2位との差を徐々に引き離していく。

 

Rd.6 コート・ダジュール

数々の名勝負が繰り広げられた、モンテカルロ市街地コース!

ikuhoは見事3連勝、2ストップのmartinは3位となった。

 

Rd.7グランバレー

新メンバーhotdogも参戦し、さらに盛り上がるシーズンとなってきた!

優勝はikuho。なんと4連勝!ポールからのスタートだったkakimotoは4位でレースを終えた。

 

Rd.8 東京ルート246

優勝はhotdog チーム加入2戦目での優勝!!

 

Rd.9 SPステージ・ルート5

参加者不足のため、ハーフポイントレースとなった。優勝はhotdog 見事2連勝!

 

Rd.10 デイトナ・スーパースピードウェイ

オーバル35周のレース。オープンロビーで初めて開催した。優勝はikuho

 

Rd.11 インディアナポリス・スーパースピードウェイ

オーバル30周のレース。ロードコースで開催するはずだったが、オーバルで開催したためハーフポイントレースとなった。

優勝はmartin 開幕戦以来の勝利となった。

 

Rd.12 ラグナセカ・レースウェイ

メンバーが7人も集まって開催された第12戦。スピンするマシンが続出したが、martinはほぼノーミスでチェッカーを受けた。

最終戦 鈴鹿サーキット

 

ikuhoが優勝!レース中盤 hotdogとmartinの2位争いとsafetycarとygbの5位争いが熱くなった!

 

最終結果はこうなりました。

メンバーの皆さん、ありがとうございました。引き続きAPEX racing clubでもよろしくお願いします。