28話問題点


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第 28 話  最強の軍団!黄金聖闘士集結!

脚本:小山 真
演出:中村亮太
作画:大西陽一
美術:須和田真

必死の闘いも虚しく、マルスの手によりアリアを失った光牙たち…。
だが、悲しみに暮れている時間はなかった。
アリアが最期に遺した言葉、それは、今までの旅の中で光牙たちに抱いた素直な気持ち、
そして、マルスを追い、その野望を打ち砕いてほしいという願いだった。
一方、マルスはエデンを連れてバベルへと戻り、地球を滅ぼさんと動き出す。
新たに作りだされた新十二宮には聖闘士の最高位、黄金聖闘士が集結していたのだ。

この回は遺跡編と十二宮編のつなぎの総集編となっている。



問題点

①集結?
新十二宮編は公式でも押したい話だったらしく、放映前に
ニュースで貴鬼の設定画とともに新十二宮編開始を宣伝する程だった。
そんな中開始したこの回だったのだが、 実質ただの総集編 であり
新規映像は
  • マルスとの戦い後光牙を抱える沙織と星矢
  • イオニアとマルスの会話
  • 最後にちょっといる貴鬼
位である。
イオニアの「黄金聖闘士集結しました」というセリフの直後に
貴鬼が姿を見せるだけで終わる実質二人しか出てない内容に
放映後ツッコミが絶えない始末になった。
さらにのちの展開で蠍座と水瓶座は光牙達が戦っている最中に黄金聖闘士に任命
魚座はその姿を見せていなかったため本当に集結していない事が判明してしまった。

②総集編
総集編ということで1話から27話のまとめになるのだが
尺をとったパライストラや遺跡関連は飛ばし気味な説明で
黄金キャラや旧キャラに尺長めという露骨な編集になっていた。

また放映前に公式で
『新主題歌のお披露目となる第28話のオープニングは、今回だけの特別編集オープニング!こちらもお見逃しなく!』
などと堂々宣伝したOPは
全て使い回しの公式MAD という信じがたいオチだった。