メディア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マルスの妻で聖なる魔女
声 榊原良子

マルスの妻でありエデンやソニアの母でもある(ソニアとは血が繋がっていない)
マルスいはく「聖なる魔女」とのことだが人間なのか火星士なのかも不明。
その性格は冷酷で夫のマルスや義娘のソニアまた実の弟であるアモールすら
手駒として切り捨ててしまうほどである。

闇の神アプスを信望しておりそのためにまず
マルスのよりしろ?だったルードヴィグに迫りその間にエデンを授かる。
マルスがアテナとの戦いで封印状態のときは実質マーシアンを仕切り
反逆分子である聖闘士を始末しつつ義理の娘のソニアに暗殺を命じる。
エデンに対しては愛情を注ぎ新世界の王にさせようと仕向ける
という流れだった。
そして本編では十二宮編以降から出番も増えていき
  • 時貞ソニアの黄金聖闘士任命
  • イオニアをマルス側に引き込んだ原因
  • 実の弟アモールと結託
とどんどん計画は進んでいく。
その途中で闇の力を持つ光牙に目をつけて
アプスの器にすることを決断するがアプスの存在自体が唐突な存在なため
要所要所ツッコミどころしかない計画になっている。

アモールシアター(アモールが人形劇で見せたアモールとメディアの過去)が真実の場合
幼少期から生まれ持った闇の力のせいで周囲から迫害された過去があり、光を強く嫌っている。
そのために世界を闇に包んだ新天地にする事が目的だった(らしい)
※ただしアモールは人形劇を見せたあと神妙な顔になった光牙とエデンに対して「こんな嘘に騙されるなんて」とあざ笑っており、
真偽は不明なままな上に本当だった場合もΩ世界に属性が発生したのはメディアが呼び寄せた隕石が墜落した13年前のはずなので、
メディアは既に子持ちの人妻であり「子供の頃から姉弟揃って迫害されていた」という設定に矛盾が生じてしまう。
「アモールとメディアだけは昔から属性が使えたのでは」等の考察もあるが、作中でのフォローは当然無い。

周囲を騙し、利用し散々やりたい放題暴れた全ての元凶のメディアだったが
アリアの杖を使い光牙の浄化をしようとしたエデンが
アプスの闇に襲われそうな所をかばい「強く生きなさい」と言い笑顔で消滅。
今まで原作キャラメインキャラなどなどを巻き込んだ黒幕には
あまりにもあっさりとした最後を迎えた。

問題点
①黄金聖闘士任命者
十二宮編から出番の増えたメディアその中でも一番の役目は
28話で集結したと思われた黄金聖闘士の急ごしらえだった。
光牙たちがエデンに助けられた直後に時貞を水瓶座に任命し
天秤宮の戦い時に急遽娘を蠍座に任命した。
その黄金聖闘士のほいほい渡すという扱いの軽さと
マルス側の計画性のなさが露呈する展開に黄金の扱いに失望することになってしまう。

②そもそもこのババアは何者だったのか

ベラベラと過去を語る敵が多い中、謎めいたキャラにするためなのか
最後まで抽象的なことしか言わず背景を語らず、何者だったのかすらわからないまま退場してしまったメディア。
火星を新世界にしようとしていた理由は、要は闇が支配する世界を作りたかった+我が子を新世界の王にしたかったということらしく、
そのためにマルスに近づいたようだがなんでそんな歪んだ中二病的な目的に行き着いたのかは不明なままである。
「聖なる魔女」と呼ばれ、隕石を呼び寄せたり闇の力を駆使して聖闘士であるエデンと戦ったり等およそ人間とは思えない離れワザも披露しているが、彼女の強力な力の説明も何もないため、単なる超人的な力を持った人間だったと解釈すべきなのかと視聴者は困惑した。

結局全ての黒幕だったメディアとアモール姉弟は何者だったのか?という疑問が噴出するのは当然であり、
普通は黒幕こそ過去なりなんなり説明するべきなのだが作中での説明は無いままである。

Ωにはしばしば「行間を読め」といわんばかりの説明不足な脚本が見られるが、
行間読め脚本の極みのようなずさんさ故にアンチスレでは
「製作スタッフが何も考えてないからメディアも何も説明できなかったのでは」という説も飛び出すことに・・・
添付ファイル