魔傷


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔傷(ましょう)とは、マルスが星矢以外の原作レギュラー青銅陣とシャイナとアテナに負わせた
宇宙模様の呪いのような傷のこと。
資料によっては「魔瘴」となっていることもある。
これを受けたものは小宇宙を燃やせばその身を蝕まれる体となり、聖衣が着られなくなる。
徐々に体調を崩し、療養が必要となることもあるらしい。
小宇宙を燃やすと体を蝕まれるというのは宇宙模様の傷が広がることのようだが、
蝕まれた果てにどうなるのかは今のところ犠牲者が居ないため不明である。
(おそらく死ぬということなのだろうが、アテナも青銅も13年もの間無事でありハッキリとはしていない)

人気ある原作キャラクターに光牙たち新レギュラーが食われてしまわないようにという
Ωスタッフの配慮から出来た設定であることは明白だが、
原作レギュラー陣は元々まだ戦えるなら聖衣無しでも突っ込んで行くし、
この世を救えるならば命などやすいと自爆技をかますことも厭わない様な奴らばかりである。
ゆえに魔傷の設定には「原作キャラを殺さずに戦えなくする理由」としてはいささか弱いのではないかという
批判が相次ぐこととなった。
「魔傷を負っているから」という理由で戦線を離れ、
アテナからも離れてしまい蚊帳の外に追いやられた原作レギュラー陣の設定の都合の良さも批判の対象に。

マルスが魔傷を負わせる描写は1話で一応見られるのだが、
特別な呪文を言ったりはせずただ「マルスに攻撃されただけ」で負ってしまうともとれる描写だった。
後に光牙たちが散々マルスに攻撃されて痛めつけられる場面があるが、
全く誰も魔傷を負わないしマルスも遠慮なくやればいいのに魔傷をチラつかせることすらしないため
ご都合主義っぷりが更に浮き彫りとなってしまった。
「属性」等と同様に、説明不足で練られてない感が拭えない設定となっている。

マルスがΩのレギュラー青銅に魔傷を負わせることは結局なかったが、
マルスの死後現れ光牙に憑依した「闇の神アプス」は一応レギュラー青銅にも魔傷を与える攻撃をした。
しかし、ここでも魔傷の定義は曖昧かついいかげんなまま話が進み、
全身に魔傷が広がっても根性で戦うユナ 」(他の仲間は戦闘不能)というヒロイン持ち上げ描写をやってしまったため、
結果的に「全身に広がっていた上に五感までも失った紫龍は仕方ないかもしれないが、
腕の一本や腰の一部程度に魔傷を負っただけで身を引いていた 瞬や氷河が根性なしに見える 」という事態に。
51話でアプス撃破後降った光の雨により治癒される描写があったが
離れたところにいるであろうシャイナ瞬紫龍氷河一輝がどうなったかは不明である。

原作キャラを貶める設定にしかなってない上にご都合主義でめちゃくちゃな「魔傷」は、
超クソ設定 として原作ファンの怒りを買うこととなった。