9話問題点


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第 9 話  聖域の危機!忍者聖闘士、駆ける!

脚本:吉田玲子
演出:園田誠
作画:梨澤孝司
美術:本田修

突如、現れた火星士により占拠されたパライストラ。
檄をはじめとする生徒の聖闘士たちが戦いを挑むが、パライストラを取り巻く闇の小宇宙の影響で自由に戦えず苦戦していた。
そのころ、山羊座のイオニアに敗れ、牢獄に落とされた光牙は、ひとりの聖闘士と出会う。
狼座ウルフの栄斗である。栄斗はイオニアの正体に気づいたため、この牢獄に幽閉されていたのだという。
パライストラを救うため、光牙は栄斗と共に牢獄からの脱出をはかった!
(公式より引用)


問題点


①聖域崩壊
この9話はアリアの力を利用したマルスによって聖域が破壊された回である。
その破壊ぶりは聖域を更地にする程であり
しかもその上にバベルの塔を立てる蹂躙ぶりに非難が出た。
今まで星矢では天界編で聖域の改変はあったものの
基本的に敵は別所で陣地を敷いているためこの手段に疑問もでた。
(光牙に罪なすりつけるならアテナ(アリア)誘拐だけで十分だし
乗っ取るだけなら破壊する必要もないため)

②生徒を見捨てるメイン
パライストラに火星士が殺到し苦戦する生徒たち
そんな中ユナの提案で学園を抜け出す事になる。
その様子がモブ生徒を見捨てたようにしか見えないため
「せめて他の奴をにがそうとしろよ」とツッコミをうけることになる。
しかもそのおかげで生徒たちは人柱になり
ユナの友人のアルネと小町は後々シラーに利用されてしまう。

③忍者
忍者で聖闘士である栄斗のメイン回だが
その暴れぶりは隠れ身火薬武器なんでもありの有様だった。
あまりの手段の選ばなさにここまでやると聖闘士じゃなくてもいいだろとの声も出た。