聖闘士


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

読み方は「せいんと」
この世に邪悪がはびこるとき、必ずや現れるといわれる希望の存在。
女神アテナを守るために戦う闘士たちの総称。アテナに仕えることから「アテナの聖闘士」ともいう。
その存在は俗人には伝説とされ「その拳は空を裂き、その蹴りは大地を割る」と言い伝えられる超人的な能力を有している。
それぞれ守護星座を持ちそれをモチーフとした鎧聖衣をまとっている。
88人の聖闘士が存在すると言われ3階級ごとの内訳は
黄金聖闘士が12人白銀聖闘士が24人青銅聖闘士が48人となっている。
武器を嫌うアテナのため己の肉体を鍛えその拳は原子をも砕く。


星矢シリーズにおいて主軸となる聖闘士の存在は聖衣を争奪するのにも競争があり、
修行を乗り越えた選ばれし偉大な存在として扱われた。
しかしΩではその表現で物議をかもしている。

問題点

①敷居の低さ
星矢Ωではパライストラという施設がありそこで聖闘士が鍛えられている。
入学資格は既に聖衣をまとえる者となっているが、
幼児で修行もしたか怪しい者が入学している事態になっている。
また牡牛座のハービンジャーはスカウトで聖闘士になり
短い期間で黄金聖闘士まで上り詰めるなど
Ω本編において聖闘士になるまでの修行描写が薄いため
今までと印象が変わってしまった。

②忠誠や志のなさ
本来アテナを守るため戦うのが聖闘士の使命だが
マルスの策略によってアリアが偽アテナになっているため
本来のアテナを守る聖闘士はほとんどいなくなっている。
またメインメンバーも本来のアテナ沙織をちゃんと知っているのは
光牙と龍峰位でありそれでも遺跡編は偽アテナを守る聖闘士になっていた。
そして十二宮編が開始され黄金聖闘士たちが続々登場するも
貴鬼と星矢以外はアテナなどどうでもいいという状態である。

原作や派生作品でもアテナに対して反旗を翻す聖闘士は登場しているが
彼らにも正義はあり地上に関しては基本守る気はあった。
しかしΩの場合基本自己中心的な理由の裏切りのためさらに非難を浴びている。

③底辺職扱い
聖闘士とは時に激しい戦いのため命を落とす事もありハードな職務である。
そんな中でも彼らは自ら望んで聖闘士の道を行くのが魅力であった。

しかしΩではその聖闘士の扱いがおかしく
  • バイトできないので聖闘士やるしかないや
  • 忍者の里は狭苦しいし聖闘士になる
  • 性癖生かせるし聖闘士になる
  • 家族と仲が悪いので聖闘士になる

というまるで聖闘士は社会不適合者の
受け皿であるかのような描写が多く、公式スタッフの認識のズレが生じている。