貴鬼


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

CV:中原茂 
牡羊座の黄金聖闘士であり最後の修復師。 

原作では牡羊座の黄金聖闘士・ムウに仕えていた子供キャラ。一人称は「おいら」であった。
Ωでは大人に成長し一人称が「私」になっており、名乗りは「再生と技巧を司る黄金聖闘士」。
ハーデス編終盤にて師・ムウが死去しているため聖衣の修復師としては既にこの世に唯一の存在であり、
パライストラの学生にもその名が知られているらしい。
本編ではマルスの聖闘士になることを断っていたため火星士サイドにその身を狙われており、隠遁している状態である。
羅喜という少女を弟子にしており、材料の採取等は彼女が(勝手に)代行している模様で貴鬼様と呼ばれていた。
27話終了直後の公式サイトで牡羊座の黄金聖闘士であったことが判明した。

問題点

①丸投げ師キキ
29話ではマルスによって作られた白羊宮を守護。どうやらマルスに与したふりをした光牙たちの味方だったらしく、
青銅聖闘士5人に黄金聖闘士やセブンセンシズに関するレクチャーと聖衣修復(小宇宙を放出して修復するビーム)を施す。
猛スピードで修復を終わらせた後、裏切りに気付いたマルスとメディアが差し向けた大量の雑魚火星士が白羊宮に迫るが、
「ここは私に任せて上へあがるんだ!」
「でも、小宇宙を使い果たしたあなたをここへ残していくわけには…」
「見くびるな、黄金聖闘士なら火星士ごとき、戦うには一人で十分だ。ゆけ!若き聖闘士たちよ!」
という感動のやりとりを経て青銅たちを先に行かせるのだった・・・

しかし本当に修復ビームで小宇宙を使い果たしてしまったようで、再度登場した33話時点でもまだ雑魚火星士と戦っており
その後の回でもザコをちぎっては投げしているシーンが言い訳のように話の間に挟まることとなった。
黄金聖闘士になったはずなのに圧倒的強さを見せることが出来ず、微妙な役割に終始したためその扱いに不満を持つ声も少なくない。
アンチスレではザコの足止めなどという理由で戦えなくなり
格が違いすぎるはずの光牙たち青銅聖闘士に地球の行く末を託してしまった貴鬼に対し
お前が戦えよ!」 というツッコミが相次ぐこととなった。

また小宇宙がなくなった(?)というハンデがあるものの雑魚マーシアン相手に何時間も苦戦しており
37話ではついにハービンジャーに助太刀されてしまう。
ハービンジャーと談笑したり解説をしたり「ゆけ!少年たち!」となんだか偉そうに
ドヤ顔で光牙たちの方を見るが結局まだ雑魚を片付けていないという有り様なのでさらに株を下げる事になった。
46話で時間切れになるまで戦闘をしていたので実質12時間も雑魚に手間取る失態になってしまった。

聖衣を修復し、ザコと戦い続け相当に小宇宙を消耗したはずだが48話では火星に行けない青銅聖闘士4人に対し
「君たち4人は。我ら黄金聖闘士が責任を持って火星へと送り届けてみせる」と告げ
ハービンジャーとフドウと玄武の黄金4人で小宇宙を高めて謎の魔法のような技で4人を火星へ飛ばし、
「若き聖闘士たちよ!この世界の未来を託す!この地球の未来を!」と叫んだ貴鬼。
なんか元気そうだしやっぱり後輩に世界を託さずお前(というか生き残りの味方黄金全員)が戦えよとか
何でハービンジャーや玄武はともかくフドウが協力してくれることに疑問を持たないのかとかツッコミは尽きないが、
結局最後まで強さも必殺技も見せることもないなんだか残念なキャラとなってしまった。

まあメタ的視点で見れば不自然で穴だらけなストーリーに引っ張り出されて振り回された被害者ではあるのだが…

②新章でもやっぱりキキ?
貴鬼は新章第一話(52話)から登場するのだが…
  • マルスとの戦いで命を落とした聖闘士達があたかもアテナと地上の平和のために殉じたように語る
 (実際はそのほとんどがマルスに尻尾を振る犬とマルスの親類縁者である)

  • 「私は聖衣の表面的な破損を修復しているだけだ。」と修復師の重要性を否定するカミングアウト


などの失態を犯す

また52話の傷だらけのペガサスの聖衣石や、54話でユナが聖衣の修復を頼むためジャミールに訪れたことから
アプスとの戦いの後、光牙達の聖衣を修理してなかったことが判明。
星矢の射手座聖衣は直っていたから黄金聖衣の修復を優先したのだろうが何故聖衣石を預かってくれないのか。
「聖衣直してほしけりゃジャミールまで来な!交通費は自腹でな!」ということなのだろうか?

しかもユナと羅喜のもとにパラサイトが現れたのに丁度ジャミールにやって来た光牙と昴に二人の救助を丸投げ、
自分は仔獅子座聖衣の修復を始め、その修復が終われば今度は蒼魔を送り出す始末。
自分の弟子と後輩がピンチになっても「ゆけ!若き聖闘士たちよ!」とは。

どうやら新章でスタッフが入れ替わってもキキはキキのようだ。


疑問点
  • 原作では聖闘士にもなれていない存在だったが何故か黄金聖闘士になっている。
旧作キャラは星矢が射手座確定、39話を見る限り紫龍も天秤座であったことが描写されているが、
少なくとも瞬は黄金に昇格していないのにも関わらず、何故聖闘士にもなれていなかった貴鬼がという感じである。
  • 貴鬼が頑張ったからだろうと擁護する意見も多いが、たとえ聖戦を生き抜いた伝説の聖闘士でも「青銅ごとき」という扱いをうける
Ω世界の現状を考えると、瞬が気の毒になる設定ではある。
  • ムウは沙織が真にアテナであるかを見定めるという理由が有ったからこそ黄金という立場でありながらもジャミールで隠遁していたが、
貴鬼はその真のアテナが危機に陥ってるのに一体何をしていたのか。
  • 終いには「地球は後12時間で滅ぶ」と言い切る始末である。


  • 修復方法について
貴鬼の弟子である羅喜が17話で聖衣修復に使う稀少な鉱石スターダストサンドを取りに行っていたにも関わらず
手からビーム()を出すだけで聖衣が修復されてしまった。
(※これは中割り(動きの要所要所の間を埋める画)ではありません。ただの作画崩壊です。)
皆立ったまま、「時間がない早めに行くぞ」→手からビーム→微妙にデザインが変わった新生聖衣誕生
ちなみに修復ビームは痛いらしく、青銅は皆のけぞり悲鳴をあげていた。
ユナ「 もういいですー!
貴鬼「 耐えろー!
というコントのようなやり取りも披露されることに。

切羽詰まった状況だったとはいえ修復後誰からも感謝される描写は無かった。
せっかく1話かけて直した聖衣も、次の敵・ハービンジャーが骨折りマニアで
聖衣の上から器用に骨を折る残念設定だったため、新生聖衣が役立ったような描写は全くされなかった。
ビームの滑稽さも相まって、黄金としての威厳やありがたみが薄れてしまったとの声もある。

新章では鷲座の聖衣石の修復の様子が描かれたが
まず聖衣石にスターダストサンドをふり掛ける→ノミとハンマーを構える→聖衣石の上に鷲座のオブジェのビジョンが浮かび上がる
という摩訶不思議なものだった。オブジェの方は幻だからノミでカツカツやるのは石の方なんだろう。
…ビジョンが浮かぶ意味はあるのか?

  • 原作では
ムウがオリハルコン・ガマニオン・銀星砂を貴鬼に用意させた上に修復中はカツーン、カツーンと音を鳴らして修復をし、
白羊宮の火が消えるギリギリまで作業をしていた。
Ωスタッフは確実に原作を読み込んでいない。