鋼鉄聖闘士


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

テレビアニメ版聖闘士星矢におけるオリジナル聖闘士。
小宇宙を燃やさず科学の力で戦うことが売りであり、星矢達のサポートのため
城戸光政がグラード財団と麻森博士の力で作り上げた聖闘士である。
もともと玩具販売などの提携も兼ねて作られたキャラクターであったのだが、
当時あまりにも批判が多いために実質黒歴史状態にまでなったと
当時のシナリオライターの小山高生がぼやいたらしい。

そんな鋼鉄聖闘士が、Ω新聖衣編からまさかのメインに抜擢される事になってしまった。
Ωの世界では基本的に雑兵と同じ様な扱いであり、パライストラなどの施設で元青銅聖闘士の
蛮や那智らに育成されている。
小宇宙を持たないために鋼鉄にならざるを得ない者や、それぞれ事情のある者が多いため
コンプレックスが強い傾向にある。

また、それでも頑張ってアテナのために戦い命を落とす者が大量に出ても
昴や蒼摩には最初から期待されておらず、弱さに文句をつけられるなど
扱いが悲惨なため、ついには自分たちの処遇に文句も出だす事態になっていた。

74話でテレビアニメに登場した鋼鉄聖闘士の翔、大地、潮が登場し
当時不評だったアイキャッチを無駄に再現していた。