24話問題点


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第 24 話  再会を目指して!行け、最後の遺跡へ!

脚本:吉田玲子
演出:貝澤幸男
作画:宮本絵美子
美術:吉田智子

エデンと一緒に雷の遺跡へ向かったというアリアを追う光牙たち。
その途中、光牙はシャイナと再会する。光牙を一人前の聖闘士と認めたシャイナは、彼の過去に関する重大な秘密を教えた。
その事実におどろきながらも、アリア奪還にさらなる闘志を燃やす光牙。
そして、雷の遺跡に到着した光牙たちの前に3人の白銀聖闘士が立ちふさがる。
蒼摩たちが白銀聖闘士を足止めしている間に光牙とシャイナが先に進むと、そこにはエデンとアリアが待っていた!

問題点

①素顔のシャイナ
雷の属性である理由で光牙に呼ばれ、久々に登場するシャイナ。しかしその姿はなぜか素顔に私服であり
特に理由もないためよくわからない事になっている。
また、2話で魔傷を負い島で療養していた彼女をわざわざ呼び出す連絡手段も描かれず
バイトをしたり変な所で現実味を与える割には構成の荒さが出ている。
そもそも、光牙は蒼摩に会いパライストラに入校するまで属性のことなど何一つ知らなかったはずなのに、
なぜシャイナの属性が雷だと知っていたのだろうか。

②光牙の出生
シャイナによって語られた光牙の出生は、マルス戦の最中に落ちた隕石が光と闇になり
それがアリアと光牙という何が何だかわからないものだった。

そして、その超展開の説明をすんなり受け入れて相変わらず「俺はアリアを守る!」と言う光牙。
自分が隕石から生まれたという衝撃の事実を聞いても「アリアアリアアリア」な光牙の姿に視聴者は
さらに混乱する事になる。

③エデン豹変
幼少の時よりアリアに思いを寄せていたエデン。
しかしアリアは光牙達と出会う事で変わっており、エデンに「マルスを止めて」と言う。
そのショックでエデンは豹変し光牙に八つ当たりをするが、何故か
光牙はエデンと互角に闘えるほどパワーアップしていた。
さらにその回の作画のせいで身体がぐにゃぐにゃになったのと、終盤の顔芸のせいで
シュールな事になってしまった。

④アリアの過剰演出
光牙とエデンが戦っている間に、雷の遺跡のコアを破壊しようとアリアを連れて進もうとするシャイナ。
しかしここでアリアがためらう。
「何を迷う!ここまで来て!」といら立つシャイナに対し
「私は、エデンを苦しめてしまった・・・わたしのせいで・・」と泣きじゃくるアリア。
それに対し「アリアァァァァ!」と絶叫するエデン。
この土壇場にきてメソメソ泣いてばかりのアリアと、そのアリアのためにキャラ崩壊した
エデンの姿に視聴者もいら立つ結果となった。

さらに、アリアはエデンを苦しめたことを泣いて悔いていたはずなのに、舌の根の乾かぬうちに
「エデン!あなたの力でお父様を!マルスを止めて!」とエデンに懇願するという
わからない展開が続いた。