【登場キャラ(敬称略)】
フェイツ真島 正路、(メネリヴィフェネキッスニュイロノエル)(名前のみ)


 フェイツの買物


 一月の路地の水たまりに、氷が張っている。
 フェイツは憂鬱そうにそれを横目で見ながら、マフラーを口元に近づけた。
「アア……正路サンも酷い人だ。僕様みたいな上級悪魔に、こんな雑用を命じるナンテェ」
 ブツブツと呟く間にも、息はどんどん白く漏れていく。
「お陰様で、安売りの時間は覚えマシタガ」
 スーパーのロゴが印刷されたレジ袋を、よいしょと持ち直した。
 洗剤、スポンジ、大根、ネギ、ほうれん草、豚肉、豆腐、ポン酢……うむ、おそらく今晩の夕食は鍋で、その後は風呂掃除をやらされるのだろう。
「ご褒美がなきゃやっていけマセンヨォ~」
 もう片手の袋には、国産100%の大豆がぎっしり入っている。もちろん、重たい荷物に潰されるのを避けるためだ。良質な大豆は、金より重要だ。魔力の維持にもなるし。美味しいし。
 西日は既に沈みかけ、町並みの向こうに金色の陽が沈んでいこうとしているのが見える。
 すぐ隣をバイクが走り去り、その奥では少女が母親と手を繋いで、にこやかに笑っているのが見えた。
 手前からは学生たちが黄色い声で喋りながら、連れ添って歩いて来る。
(僕様が以前訪れた時、この地域は焼け野原だった。その前は草原だった。更にその前は――)
 どこからかカレーの匂いが漂ってくる。帰宅して洗濯物を取り込む人、買い物帰りの自転車、たくさんの人間とすれ違う。ひしめき合う家々、窮屈に立ち並ぶ電線、和やかな多くの人々。
 この国の平和は、豊富な物資に支えられている。大人しくて閉鎖的だった国が、ここ数十年で大きく変貌した。まるで悪魔が手を貸したかのような高度な成長。しかし、あくまでその欲望のエンジンを吹かしているのは人間なのだろう。
(いやはや、人間というのは誠に恐ろしい。なんという深い欲望、なんという探求心……悪魔など、いらないのではないか?)
 苦笑した。
「にゃあお」
「ア! 猫!」
 フェイツはしゃがみこみ、文字通りの猫なで声を出す小さな獣に、手を差し出した。
「にゃぁ~~」
「ウフフゥ、こいつゥ、人なつっこいデスネェ。いや、悪魔なつっこい? なんでもイイデス、アハハ、かわいいデスネェ~~」
 頭を撫でていると、ごろんと仰向けになり、腹を見せてきた。ふわふわだ。もふもふだ。
「ウフフフフフフゥ~~~~~~」
「おいフェイツ」
 猫が、にゃっ! と一鳴きし、飛び上がって逃げてしまった。
「アアッ!」
「テメー、道草食ってんじゃねぇよ」
 真島正路が立っていた。人がいなければ蹴ってきかねない剣幕だし、実際見えないところでちょっと蹴られてる。何度も呼んだんだぞ、と彼は続けた。フェイツがポケットの中のスマホを見ると、確かに2件着信があった。
「すいません、マナーモードデシタ」
「あ? 100%出ろ。音量100%にしろ」
「そんな無茶ナ」
 正路は明らかに、出かけにコートだけ羽織ってきた、というラフな服装だった。
「ニュイとフェネキッスとメネとロノエルとリヴィが部屋に来た」
「地獄絵図じゃないデスカァ」
 人間一人に悪魔四人っテェ。憂鬱になりながら呟く。
「おう、だからなんか喰わせて黙らせる。しらたきと卵追加、あとなんか考えて買ってこい」
「ハァイ」
「じゃな」
「僕様が買うんデスカーーー」
 すでにきびすを返した正路の背中から、当然だろ、あいつらだけ残しとくとか無いわ、無駄遣いすんなよ、殺すぞ、などの声がほとんど残響のように聞こえた。
「……全く、モウ!」
 寒いのに! こたつ入りたいのに!
 もちろん、そんな怒りは誰にも届かない。最善策は、陽が落ちるまでに買い物を済ませ、さっさと暖を取ることのみ。
 つまりは正路の言うとおり……。

 End.





 おまけ
 超短編“うっかり”

 ※前述の話は、契約後でも契約前でもこういうことしてそうだなぁ~という妄想ですが、こちらはガッツリ契約後妄想になります。


「おい。お前、今は俺の他に誰と契約してるんだ?」
「エ? 現在本契約を結んでいるのは正路サンのみ、魂の拘束目標としてファウスト・ファリーナ二世だけデスネ」
「…………あ、マジで?」
「………………あ!!!! 嘘! 嘘です! 正路サンこれ、嘘!!」
「第三条別紙記載項目【甲は乙の質問に可能な限り誠実に】……」
「読み上げないでクダサイ! ……(しまった……)」
「質問だ。さっきのは嘘か? 本当か?」
「……本当……デス……(クソッ……何をやっているんだ、僕は!)」
「あーーー……常々思ってたけどよ、お前、かなり、抜けてるよな。てか、バカ」
「うぐぐ……」
「上級悪魔でコレか……」
「……それ以上は、尊厳の侵害と見なしマスヨ」
「ま、現状がわかってよかったわ」
「…………」
「…………」
「…………」
「……おい」
「ハイ?」
「豆、食う?」
「……頂きマス」