※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

堕天使ロノエル(Ronoel)



プロフィール
性別?(相手の要望に応えて変化する)/155~180cmほど(無性の時は170cm)
一人称「私」二人称「あなた」

つい二世紀前まで天使だった堕天使、神の名を悪しき者に教えてしまった罪で堕天した。
戦車だった下半身は人間に変化し他の部位もじょじょに変化していっている。
顔は普段は隠れている。要所でしかフードは外さないがその時々に顔(というより頭部)が変化する。炎に、銃に、その顔は様々だが天使の頃の顔にもなる。
提出元:phima(avisel_と語り用avisel_so

性格はハッキリもの言うし見かけによらずサッパリしてる。嘘をつけないが見抜くのは上手い。
口調は丁寧だけど時々上から目線(先生や先輩ヅラしちゃう的な意味で)なのは天使の頃からの癖。悪魔としては新米ポジションだが悪魔にも人間にも態度は変わらない。
生物的、低俗文化にはとても疎いので何事も勉強姿勢で知りたがる好奇心旺盛な面もある。
どれくらい疎いかというと最近生えた下半身に何を纏えばいいかわからないくらい(パンツ募集)
どうでもいいけど翼兼手は超器用、箸も持てる。
堕天した今も神を敬愛している。

彼の堕天使としての役目は その人の意思を試す こと
契約を求める者を誘惑し、自分の力をどう使うか、どう拒否するかを見届けること。
契約が増えれば悪魔に、美徳を見つけることができれば天使に近づくことができる。
だからといって商談に手抜きはしない。この使命が神の意思だから!


能力
ロノエル「名前を知った者の「意思」を支配してみせましょう。
座天使は『意思の支配者(Lords of Will)』と呼ばれることもある通り、神の意思を正しく知らしめるのが我がかつての使命でありました。
はい、その者の行動する意思決定、考えを操作できます。
操られる本人は 自分がそう思い立った ように感じるため操作していることがばれる可能性も低いでしょう。また操作に範囲や人数の限界もありません。
さて、それを善行に使うか悪徳に利用するかはあなた次第…。」


契約代償として奪うもの
ロノエル「 あなたの名前 をいただきます。
厳密に言えば戸籍から周囲の人々の記憶まで、あなたに関する記憶や記録がすべて抹消されます。
言わば【存在の死】ではありますが裏を返せば【新たな人生】、生まれ直すとも言えるでしょう。
悪意の中で辛く生きたあなた、贅沢な物欲から逃げたいあなた、今もそこで生きたいですか?
尚、偽名は通用いたしません。私は嘘が見えるので。」


契約状況など
未契約。
  • フェイツさんと天使の頃に一戦交えた(追っかけまわした)経緯あり、現在欲情の誘惑を受けている。

シチュ制限は特にありません、エロでもグロでもOK。ホモは嫌いではないですがボキャ的にソフトホモやネタくらいが個人的にノリやすいです。
彼は天使と悪魔の間で揺れてます、状況によって考え方がどちらかに変化するかもしれません。
普通に仲良くしてくださっても あの時の天使かオラァー と復讐してもよし、 悪魔ってのはなぁヘヘヘ とイロイロなことをおしえてくださっても良し。
普通に契約しても良し ただの友達になってくれてもよし、天使に戻るように説得してくれても良し。
色んな角度から攻めてくださると嬉しいです(暗喩)


天使だった頃のロノエル
階級:上級三隊、座天使(スローンズ)
上級天使。神を運ぶ車の傍で戦車として護衛をしていた。
よく護衛の前線で悪魔を追っかけまわしていたのでここに載っている悪魔とも関わりがあるかもしれない。
当時の性格は非常に高貴で自信に満ち溢れていた。神が大好きすぎて少しナルシ入ってた。
上級三隊ともなるとほとんど天界(非物質の世界)に近いところにいるので下界の文化などはほとんどしらない。



「名前の支配は大きな行為です。よく考えて契約してください。」
「オハシ!!オハシで豆をつかむなどたやすいことです!」
「クツシタ!これを足にはけば暖かいと!暖かいとは!神の光以外にもそう呼ぶのもがあったとは!」
「自分を卑下するのはあなたを創造したもうた神を冒涜するに近い行為です、自分に自信を持ちなさい。…今は言えない立場でありますが。」
「あなたは天界に帰りたいとは思いませんか?私は思います。」
「心配事があるなら私に話してごらんなさい。力になれるかもしれません。」
「地上がこれほど悪意で満ちていたとは…神はいったい何をお考えか…」