ICカード


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ICカードの種類

使用できるのはデータカードオフィシャルICカードや学生証風のICカード使えます。基本的に玩具売り場や
ゲームセンターで購入できます。学生証風のICカードにはピンクと青がありますが、違いはセーブ回数のみです。(ピンク400回・青100回)

ICカードを使う利点

  • プレイデータを記録できる。ストーリーモードでは特に重要で一話以降をプレイする場合や特定のストーリーを
    全話クリアで新しいストーリーができる場合もある。
  • プレイキャラを増やす。(2015シリーズではフリーオーディションモードで使えるという意味合いが強い。キャラチケットも含め)
  • マイキャラを作れる。自身のパーツ取得状況にもよるが、豊富なカスタマイズパーツで自分だけのキャラを作ることが出来る。
    2015シリーズからほかのプレイヤーのライバルやユニットメンバーだったり、ストーリーモードでもマイキャラの出番が多い
  • スコアアップ。条件を満たして取得するチャーム、ほかのプレーヤーのマイキャラをスカウトして特定のユニットを組むことで
    高いスコアを出せる。


ICカード登録前の注意

後から変更できないものと任意に変更できないものについて
項目 変更について
マイキャラの名前 一度登録すると変更不可
マイキャラのかお・登録する年齢・誕生日 シリーズの切り替え時のデータ更新時のみ可能

ICカードを登録する際の流れ

未使用のICカードを筐体のICカードリーダーに置くとICカードの登録画面に入る。
先にお金を入れてはじめてICカード読み込ませた場合も同様
1.マイキャラの作成
  • マイキャラのかお
かおの選択でマイキャラのタイプが決定される。各タイプ一つにつき(キュート1・キュート2)といったふうに2パターンから選択できるが
声や合格時の動作は一つのタイプで共通。そしてキャラのタイプはスコアに影響しない
カーソルを合わせた際に声や口の開き方を確認できるので短い制限時間ながらも慎重に決めたいところである
一度決定するとそのシリーズ中は変更不可
  • かみがた・かみのいろ・コンタクト(メガネは取得してる場合)
基本的に各パーツはゲームをプレイすることで増やしていくことになる
パーツはストーリーモードに程よくステージクリア特典として設定してあり、パーツを取得した時点で再度変更も行えるのでこの段階ではさっと決めても問題ない。
また任意に変更できる消費型アイテムも存在(びようしつチケット)
2.年齢
ゲームには一切影響しないので自由に入力してもよい
3.誕生日
設定した誕生月の初回プレイ時に稼働中の弾のプレミアムレアのドレスチケットを一枚プレゼントされる。
また、誕生日当日と前後一週間でマイキャラに専用のアクセサリーが装備される。実際はアクセサリー未装着状態と変わらないためアクセサリー効果も無し
4.マイキャラの名前
最大5文字でひらがなと「・」、「ー」でのみ入力可能。
ICカード読み込み時やリザルト、ランキングやユニット関連で他人のプレイにも表示されるのでICカードを登録するまえに決めておこう。
この項目だけは一切変更できない
以上でICカードを登録完了
新シリーズ開始時はデータ更新として1から3までの工程を再び行う

ICカードのデータ引継ぎ

ICカードの残りセーブ回数が0になったら新しいICカードにデータを移し変えましょう
1.まず使用中のICカードのセーブ回数を0にしましょう。残りセーブ回数が10を切ると毎回警告され、
早く引継ぎをしてしまいたいところですが0にしない限りデータ引継ぎは発生しないので回数を使い切りましょう。
当然ですが0になっただけではICカードのデータが消えるわけではありません
2.次にお金を入れずに0にしたICカードを読み込ませるとデータ引継ぎが行えるようになります。
後は画面の指示に従って古いICカードの上に新しいICカードを置くことでデータの移し変えが行われ、引継ぎ完了です。


情報提供、修正等のコメントはここへどうぞ
名前:
コメント: