新葉ななの夢と行動


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2012年12月内で売れ残りのCD「テネシー・ワルツ」25000枚の完売が夢。

「即興ソング100曲をニコニコ動画にアップする」に2013年1月10日に変更する。

夢 不達成(あくまで当初のまま、25000枚完売が夢であると判断)


◇行動チャート

 12月22日 

 ニッポン放送『吉田尚記 BUZZニッポン』番組内の『Xperia presents 吉田尚記 Connect to you』というコーナーに出演した際、姉御の事務所の社長から電話があり、「25000枚売れなかったら、あなたの帰ってくる席ないよ」と解雇通達される。
驚く姉御に社長が「売れなかったら家に持って帰るか、帰りの道中1枚づつ売りながら帰ってきなさい。頑張って売って帰ってきた時は、新曲を用意していますので、死ぬ気で頑張ってください」と激励の言葉を贈った。それに対して姉御は「はい、死にます! あ、いえ、人生かけて頑張ります!」と答え、その天然っぷりを発揮した。
さらに、コーナーの最後、吉田の「新しい条件が付け加わったわけですが?」という問いに、姉御は「瀬戸内際に立たされてる気分です」と答え、その天才っぷりを発揮した。
しかし、後にはっぱをかける為だったとマスクから解雇はない事がさらに通達される。

 

12月23日

 電車乗り間違えで仙台まで行ってしまった。
その頃過疎っていた立ち見は大いに盛り上がり、その日の蔵ではアクティブ100超えを記録。
直前までxperiaで確認していたが、違う電車に駆け込んでしまったという。
以降アリーナでも「じゃあ目的地が仙台の時はどこに着くの?」など辛辣なコメントが連発する。
このあたりからの数日間は、仙台先輩と蛆姉と2通りの呼び方が存在した。
頭に虫が湧いたという発言をし、そこから蛆御というあだ名が付いた。

蔵の後囲炉裏で汚名挽回しますという発言をしたが、これでは汚名を取り戻すという意味になってしまい
直後は汚名挽回先輩などと呼ばれたが最近ではあまり言われていない。
ちなみに汚名挽回は正しいのか誤っているのかは結構説が分かれているので言わないのが賢明であろう。

 

12月24日

 中野君のツイートから31日に鹿児島カウントダウンイベントが決定している事が発覚してしまう。
昼頃に下界から帰ってきた姉御にリスナーからその事実を知らされ、仙台事件の直後だった事から
「自分には資格がない」など意味不明な発言で凹み状態に。マスクに事実確認を求めるが、「近日報告します」と流される。

実はイベント決定自体は鹿児島の新聞などから12月8日頃だった模様で11月25日に姉御のツイッター前アカウントで
【真夜中のCMタイム】12月31日大晦日鹿児島で年越しイベントがあります!と告知していた事も発覚。(削除済み、キャッシュあり)
その事にツッコまれた本人は「事務所の先輩が出るから告知しただけ。出演者が間違ってたので消した。」と弁解している。

 

12月25日

 マスクからクリスマスプレゼントは鹿児島イベントだったと謝罪あり。

 

 12月?日

 前事務所では15000枚売った事になっていたり、(ようつべに上がっていた突撃shimvaはすべて放送途中で削除された)
ハウスでは今までに5000枚売れたと言っていたり、前々からリスナーの間でCDの総数が問題視されていた。
CDはハウスにすべて運び込んである事になっており(社長の発言と姉御本人の発言より)
ハンディで箱を映すようにリスナーに再三言われるも、頑なにそれをせずに箱についての話題は避けていた。
放置した結果、ある日枚数についての話がコメで爆発。アリーナで「箱」と発言するだけで運営NGを食らうという事態まで発生。
イケメンが助け舟を出す形で、しっかり向き合えと指摘したが話にならずイケメンすら呆れた。

「25000枚あるかどうかは数えてないのでわかりません!どうせ箱映しても数えないと信じてもらえないんでしょ?」
「事務所に25000枚あると言われてそれを全部持ってきただけ」
などの発言をなぜか半ギレで報告した翌日、ブログにて箱の写真をUP。しかしどう見ても25000枚はなさそうである。
その後、箱や枚数に関するコメをしてもスルーされる為箱詐欺疑惑はまだ終わっていない。

 

12月29日

 鹿児島に出発、ツイッターで羽田までの状況をこまめにつぶやくが、リスナーがフライトレーダーのサイトを紹介すると、本家よりも話題になる。
同時に多数のCD在庫や仙台事件に対する笑える速報が流れる。
秀逸だったのは、【速報】姐御、飛行機乗り間違えアメリカに到着。テネシー州でリアルテネシーワルツを涙目で熱唱

 

1月4日

 蔵に篭ってそめやんワンマンライブで歌う曲の作詞活動をしていたが、奇声を上げたりコメを読みながら笑い出したりと奇行が目立つ。
あまりの奇行っぷりにマスクが出動。「お前ヘンな方向に向かってるぞ!!」と言われるが、本人は理解していない様子だった。
そめやんがつり銭について叩かれていた時も「これは気にしなくていい」「何を言ってもこうなる」など企画否定するような言動が多数。

 

1月6日

 ブログとツィッターで【告知】ラジオ出演とライブ決定!と報告するが、レインボータウンFMが東京都江東区のコミュニティFMであるために、ごく限られたリスナーしか聞けない。本来であればここでXperiaTMを駆使して視聴方法を調べ、ユーストリームでも視聴できるなどの情報も流し、人気の下降も食い止め・新規リスナーの取り込みなどの努力をするべきなのだが、全くお構いなしである。

ちなみに出演番組はココで見る事が出来る(生放送限定)。著作権の関係から音楽はNGらしいのだがココの中のレインボータウンFMの音声を聞くでは音源も聞けるらしい。(サイマルラジオは著作権の関係もOK)音楽と映像を楽しみたい方は2窓でどうぞ。タイムラグに関しても、ユーストとサイマルラジオではさほど差がなくストレスなく聞けるとの回答を担当者様からいただきました。

 

 


 

◇夢への行動から受ける印象等

・中盤までは立ち見では結構な好印象だったが前述の乗り間違え事件以降一気に評価が下がっていく。

・CD25000枚が嘘だったり売り切らないと事務所を解雇というのも嘘だとの疑惑が上がったが、本人はただ信じて欲しいとの一点張りで解決ならず。

・視聴者の厳しいコメントに慣れておらず、数日非難され続けた時は耐え切れなくなったのか、狂ったように叫んで外に飛び出した。他にも多々致命的な間違い発言、書き込みをする。(瀬戸内際・一斉一代・フライアー等)

・歌を聴いて欲しいと言っているにも関わらず10枚セット(メンバーサイン付き)や20枚セットを売ろうとした。

・ネガティブに溢れている。翌日の蔵でも見かねたマスクが姉御にだけ2度目のダメだしに来た。