屈グラップ起き攻め


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

屈グラップ起き攻め

相手の起き上がり最速投げを想定したタイミングでグラップ(小P小K)および打撃ボタンを同時押しすることで、
相手の起き上がり最速投げを抜けつつ、打撃を仕掛けることが出来る。
また最速打撃に対してはガードとなるため、非常に低リスクの攻めが展開できる。

小P小Kグラップ起き攻め

 遅らせ小P小K→小K×1~2確認→疾風迅雷脚。
 最速投げはグラップ、
 最速暴れはガード、
 ガードジャンプは小Kがヒット(2ヒットするキャラは確認迅雷)、
 ブロッキングには遅らせヒット(ただし、ニュートラルによる受付待ちの場合はブロッキングされる)。

屈中足グラップ起き攻め

 起き上がりにバックステップをする人やガードジャンプをする人に非常に有効。
 遅らせ(1~2F)→中足(7F)のため、
 ガード(6F)→ジャンプ(4F移行)にヒットする。

 暴れのタイミングが少し遅い人、通常技の最速暴れが出来ていないことが理由で
 逆にナチュラルにこちらがダメージを負うケースもある。