起き攻め2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

起き攻め

迅雷表裏

 疾風迅雷脚を当てた後にハイジャンプからの表着地、裏着地の2択を掛けてガードを揺さぶることができる。
相手キャラ 表落ち 裏落ち
春麗 投げ空振りハイジャンプ 立中K空キャンセル投げハイジャンプ
ユン 歩きハイジャンプ 左記の調整
ケン 遅めハイジャンプ 早めハイジャンプ
まこと 下がり歩き後ハイジャンプ 左記の調整
ダッドリー ハイジャンプ 波動歩き(ドット)ハイジャンプ
ユリアン ユリアンの着地に合わせて立ち中P空振りハイジャンプ 左記の調整
豪鬼 ケンと同じ 左記
ヤン - ハイジャンプ
リュウ ケンと同じ 左記
エレナ - -
ネクロ - -
いぶき 前歩きハイジャンプ 左記の調整
オロ - -
アレックス 後ろ歩き後ハイジャンプ 左記の調整
レミー 前歩きハイジャンプ 左記の調整
ヒューゴー ケンと同じ 左記
Q - -
トウェルブ - -
ショーン - -

投げとそれ以外


投げ

 投げの入力方法には、以下がある。
 ①6+投げ(いわゆる前投げ
 ②前・下ブロッキング仕込み投げ
 ③ブロッキング仕込み近中P空キャンセル投げ(SGGK)
 ④かかと(4+中K)空キャンセル投げ
 ⑤中足払い空キャンセル投げ
  ケン最長の移動投げ

 投げることができる理由
 ・起き上がり7F目以降、相手がガードをしていた。
 ・起き上がり7F目以降に持続がある打撃を出していた。

 投げることができない理由
 ・起き上がり6F目以内に持続のある打撃を出していた。
 ・起き上がり7F目以降に空中にいた。
 ・起き上がり7F目以降に投げを入力していた。
 ・起き上がり7F目以降に投げを受けたが、その後5F以内に、小P小Kが同時押しされた。
 ・起き上がりに投げ無敵のある技を出していた。

投げ以外

 投げることができない理由を見ると、
 ・6F以下の発生の打撃暴れ
 ・ジャンプ
 ・立投げ
 ・遅め屈小P+小K入力(+他の打撃、必殺技、SAの複合)
 のいずれかで回避されている。

 それぞれ、
 ・打撃重ね
 ・打撃重ね
 ・下段打撃重ね(屈小K重ね→立小P→弱昇竜、または屈小K×2→疾風迅雷脚、または中足重ね→昇竜拳)
 ・遅らせ打撃
 と言える。

 上記のセオリーがあって、更なる発展がある。

投げとそれ以外の発展形

 前述のとおり、相手の対応に対する対応を記載した。
 しかし、ここから更なる発展がある。

起き上がり側のブロッキング

 起き攻めしている側のゲージ状況を見て、
 被起き攻め者が適切なブロッキング仕込み打撃を行うことで、
 打撃に2分の1で勝ち、投げにも打撃で勝つことができる。

 起き上がりのブロッキング打撃の対応としては、
 ・相手側の視点に立った時にリターンのある打撃は何かを考え、
  それに対応するブロッキングを置いておく。
 ・相手側の視点に立った時にリターンのある打撃は何かを考え、
  それが近距離技である場合、
  こちらが距離変化(バックステップ、垂直ジャンプ)を行ったときに、
  どういった技に変化するか1点目の対応より優れている場合はこちらを選択する。

 例としては、オロの起き上がりブロッキング仕込み中Pである。
 これは近距離時はアッパーとなるが、遠距離時はリターンの少ない突きのような攻撃となる。
 ケンならば、バックステップ前ブロッキングを行うことで、遠距離化した中Pをブロッキングし、
 中足→昇竜×2が確定する。

ガードジャンプ

 ジャンプによる投げの回避の発展で、ジャンプのタイミングを7F目以降に行う。
 これにより、重ねられた打撃はガードし、起き上がり7F目以降に行われる投げにはジャンプで回避することが可能。
 これがガードジャンプと呼ばれる技術。

 ガードジャンプにリスクを負わせるには、遅らせ打撃つまり7F目以降に入力されたジャンプのジャンプ移行フレームに打撃を重ねる方法、
 またはジャンプ予防技を置く、
 またはジャンプを確認して対空を行う。

起き上がり側のSGGK

 起き上がりモーション中にブロッキング入力を行いつつ、打撃空キャンセル投げ入力を行う。
 これを行うと、重ねられた打撃は2分の1でブロッキング出来て、投げには相手がグラップとなる(こちらが仕掛けた形)。

 相手のゲージ状況次第で、起き攻めをしている側のリスクリターンが逆転しかねない。